さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年06月24日

浪人生は、浪人できなかった人より豊かな人生経験を歩む?! 〜韓・人気教授の超ベストセラー「つらいから青春だ」より


ひまわり生けました


明日からじゃない。
いまからだ。
明日は、
いまが、今日が、つくるのだから。


キム・ナンド



キム教授の「きみへの手紙―浪人生活をはじめたきみへ」からの3回目です。

つらい青春の代表選手のような浪人生。
おそらく実際の手紙だと思うのです。辛い思いを抱えた浪人生。しかしこれは、浪人生だけにでなく、すべての人生を歩む人にも通じるメッセージです。

ただ優しい言葉ではなく、現実を乗り越えていくための、実になるアドバイスですね。
「自分を管理できる能力というのは、あるときためになる文章を読んでパッと身につく、そんな能力じゃない。日々少しずつ、少しずつ実践して、わずかずつ、ついていく力なんだ。」と言われているように。

文中の「マシュマロ能力」については、こちらを参照してください。



では、なぜ冷たくも、ぼくがきみの悩みに同情してあげずに、なんども「浪人生だけの問題じゃなくて人生の問題だ」というと思う?こんな言葉がなんのなぐさめに?


ぼくがきみにほんとうに望むのは、きみがすばらしい幸せな人生を生きることだ。

いい大学をでることよりももっと重要なことがある。いっただろう?まわりや自分の期待と責任に応えること、そして、そのために自分を管理する能力をもつこと。

長い目でみれば、おそらくきみの浪人の経験は、その不可欠の能力を育てる時間になってくれるはずだ。いまは一年遅れたけれど、人生全体でみたら、けっきょくは、もっとはやく成功するようにしてくれる、これはチャンスだということだ。

学生に先入観をもつのはよくないけれど、ぼくは浪人してきた学生たちを少しだけ高く評価する傾向があるんだ。人生で最もデリケートな時期に、それなりの深い挫折を味わって、その挫折の時期になまけることなく「今日の苦しみをうけいれる」マシュマロ能力を練習した学生たちだからだ。

挫折によって成長するんだ。うまくいっているときはだれも自分をふりかえらない。失敗を経験してそのときはじめて、何が問題だったのかを反省する。そうしてこそ自分の成長のステップにできるんだ。だから、人生全体をみれば、ものすごい大失敗より、あいまいな成功のほうが、ずっと危険だ。

きみははやくこの耐えしのぶような時間がすぎてほしいと思っているだろうが、忘れるな。この浪人の時間も、流れていくのがおしい貴重な人生の厳然たる一部だ。そして、それは無駄な時間なんかじゃなく、じつはきみの人生を一生導くことのできる、もっともだいじな能力をやしなう黄金のようなチャンスなのだ。浪人「できなかった」(彼らは浪人「しなかった」のではなくて、「できなかった」んだ)人たちよりも、きみは、ずっと豊かな人生の経験ができたということなんだ。


少しはなぐさめになったかい?

でもなぐさめられるにはまだはやい。これがほんとうのなぐさめになるには、きみの「今日」が変化しなくてはだめだ。実行をともなわない決心なんて、たんなる気休めにすぎない。

自分を管理できる能力というのは、あるときためになる文章を読んでパッと身につく、そんな能力じゃない。日々少しずつ、少しずつ実践して、わずかずつ、ついていく力なんだ。だから、何日かしてすぐにサボってしまったとしても、セルフコントロールなんかできやしないんだと、がっかりしてあきらめたりしないことだ。そういうときこそ、すぐに体と心を揺さぶって、またマシュマロを思いだすんだ。そんな一日一日が積み重なれば、きみは、たんにいい大学でなくて、いい人生にたどりつけるはずだ。

きみによせられる期待にふさわしい自己管理をはじめるんだ。明日からじゃない。いまからだ。明日は、いまが、今日が、つくるのだから。

ため息をつくのはもうおしまいにして、たったいまから、きみの今日をかえるんだ。



今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ひまわり生けました
by (C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

キム・ナンド
ソウル大学法学部と同行政大学院を卒業後、南カリフォルニア大学(USC)で博士号を取得、1997年からソウル大学生活科学学部・消費者学科の教授として在籍。
学生が直接評価する「ソウル大優秀講義」に選ばれ、大学が公式に授与する「ソウル大学教育賞」を受賞するなど、講義と学生指導への熱意が評価されている
(かれの講義はソウル大でもっともはやく聴講申しこみが締め切られることでも有名)。このほかに「韓国ギャラップ最優秀博士号論文指導功労賞」も受賞し、指導にも優れた教授であることが認められている。
ソウル市、京畿道(キョンギド)、保健福祉部、サムスン、LG、ロッテ建設、アモーレパシフィックなど、主要公共機関や企業で諮問や講演を行い、世のなかがどんな人材を求めているのか聞き、
大学やオンラインで、青春を生きる若者たちとコミュニケーションをはかりながら「どんな人生を切り拓いていくのか」アドバイスをしている。
主要日刊紙に「キム・ナンド教授のトレンドノート」を連載するなど、コラムニストとしても活躍している。