さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年06月18日

「幸せの国」ブータン国王の『祈り』〜「ワンチュク国王から教わったこと」より


2012.06.17 和泉川 ラベンダーセージにモンシロチョウ


自分のために祈るのではなく、
誰かのために祈ります。

どんな地位の人も、神、仏、自然の前では
ひとりの人間として
謙虚にならなくてはいけません。


ワンチュク国王(ブータン)



「ワンチュク国王から教わったこと」(ペマ・ギャルポ著)を読みましたが、それほど厚みのない、カラー写真も入った本で、中高生に花丸お勧めです。読みやすいので、小学生でも読めるかもしれません。

今日はその中から「祈る」という章がありましたので、そこから抜粋して紹介したいと思います。

ともに日本の復興を祈る

昨年の東日本大震災においては、世界中で日本への祈りが捧げられました。
これほど「祈り」への関心が高まったことがあったでしょうか。しかし、私たち人類の歴史の源をたどっていくと、いつの時代も、王様の初めての仕事はお祈りをすることだったといわれるほど、人と祈りはともにありました。

(東日本大震災で)ブータン国内も悲しみに包まれていました。ブータンの国民が日本のために行ったのは、誰もができること……それは、日本の皆さんとともにあることを示すために「ともに祈ること」でした。

ブータン国内でも、震災直後からお祈りが捧げられました。国王や王族をはじめ、首相や政府関係者、一般市民にいたるまで、皆で灯明をあげて祈ったのです。政府ではブータン国内にいる日本関係者を招いて千個もの灯明をあげたと聞いています。

もちろん宗教的背景も大きく影響していますが、私たちは皆で同じことを祈ると、それはとても大きなエネルギーになると信じています。
「いまブータンができることは祈ることだけです。亡くなられたかたがたのご冥福を祈り、そしていま一生懸命生活を取り戻し、生きようとするかたがたの祈りが実るように祈るのです」と、国王や首相がおっしゃっていました。

国王は、神、仏、自然の前では、ひとりの人間として謙虚にならなくてはいけないという姿勢を貫かれています。

今回の訪日でも、国王は様々な場面で祈りを捧げられました。
皇居前で行われた歓迎式典で、深いお辞儀とともに手を合わされたことは、国王の心の美しさを印象づけるものだったという声を聞きました。

まず両国の国民の幸せを祈り、それから日本の皇室の彌栄(いやさか、ますます栄えること)を祈る。最後に自分たちがもう一回、健康でこの地に来られますようにと祈られたのです。祈りとは自分のためのものではない。……これは非常に大切なことだと思いました。

そして、被災地を訪れたワンチュク国王夫妻でしたが、それが訪日の最大の目的だったということです。

福島での体験は、国王と王妃にとって貴重なものとなりました。誰かを助けるために自分の命を犠牲にした人、自らも被災しながら、さらに困った人たちへ手を差し伸べるなどの労を惜しまなかった人たちに対しての尊敬と感謝の気持ちで、帰路の車中、お二人はずっと手を合わせて窓の外を見つめていらっしゃいました。そして、すべてを失ってしまった人の話や子どもたちを思い、王妃はそっと涙を流されました。私はその涙は尊いと思います。


福島県相馬市の小学校でお話をされたエピソードは、また次回紹介したいと思います。

この本をかかれたペマ・ギャルポさんは、6歳でダライ・ラマ14世とともに亡命し、中学から日本で学び、2008年からブータンの政府首相顧問となっているという経歴の持ち主です。
昨年9月の国王夫妻の来日の際は、通訳を務められました。

ブータンといえば、昭和天皇崩御の際の、前王のエピソードも感動的でした。
  
多くの国で葬儀の前後に日本政府首脳と会談するいわゆる
  弔問外交を行ったのですが、ブータン前国王は行わず、
 「日本国天皇への弔意を示しに来たのであって、日本に金を
  無心しに来たのではありません」と言われたといいます。
  また、その年1ヶ月間、喪に服したということです。

「幸せの国」の国民性は、王や王室の所作にすべて表れているなぁと思うのです。
祈りは自分のためではなく、誰かのため、人のために祈るのだということ、祈りの本質であり、幸せのための大きなポイントだと思うのです。

今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村






写真は:ラベンダーセージにモンシロチョウ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maのブータン関連記事
 3つのロイヤル・ウェディングその後?! 幸せの国、ブータン国王の来日のメッセージ出版etc.
 「幸せの国」ブータン国王夫妻、ふれあいと祈りを日本に?!《国会演説文後半》
 「幸せの国」ブータン国王、国会でお祈り?!国会演説文前半
 「幸せの国」ブータン国王の結婚式2消える文化、伝統。一夫多妻制の終わり?!
 『幸せの国?!』ブータン国王の結婚式1「永遠に一緒に」


参照サイト
 ペマ・ギャルポ『ワンチュク国王から教わったこと』|PHP研究所


posted by kuri-ma at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 「幸福の国」ブータン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする