さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年06月27日

人生のプロは「けれど…」という言葉は使わない?!「けれど」《相田みつをの言葉》+【少年たちのニュース】2


2012.06.26 和泉川 紫陽花流れ


人生のプロは
けれど…という
ことばは使わぬ


相田みつを



人が聞いて、一番嫌なものは何かというと、言い訳だと思います。聞き苦しい言葉が、言い訳です。でも、何かと言いたくなるのが、言い訳です。
誰も聞きたくないのに、言い訳する本人だけが言いたいのです。言えば言うほど、かっこ悪くなるのですが…。

要するに、自分の人生を自分で責任をもっていない、何かのせいにしている、それが「けれど…」に続く言葉なのでしょう。

本当にこれは申し訳ないことをした、と反省し切っている時、あるいは二度と失敗しないと心に誓うような時は、言い訳はしないのではないでしょうか。

そういう風に、いさぎよく、爽やかに生きたいですね。(と言った後、「けれど…」と、その後に続けそうになりますが。)
相田みつをさんの言葉の最後にある、「これは誰にいうセリフでもありません。くちばかりで身体の動かぬ、怠け屋のわたし自身への戒めです」という言葉と、まったく同感の私です。

私感ですが、相田さんのいう「いのち」という言葉は、「たましい」とも置き換えられる使い方をされることが多いと思います。生命→魂→人生とも通じるかもしれません。
なにげなく使われている「いのち」という言葉ですが、そういう深い意味で、読んでみてください。



「けれど」


いつかK先生が
何かに書いておりました

「けれど……」という奴は
結局は何もやらない−と
ほんとにそうだ
ほんとにその通りだ

「けれど……」の次に来ることばは
必ず弁解と言いわけだ
それは
やれなかった理由ではなくて
やらなかった弁解だ

自分がやらなかったことを
なんとか、やれなかった
ことにするための
体裁のいい言いわけだ。

しようと思ったのですけれど……
やらなければいけないと
考えたんですけれど……
思うだけ、考えるだけでは
具体的な形にならぬ

やれなかったのじゃない
要するに
やらなかったのだ

やらなかったことに
「けれど…」なんて
余分なものをつけることはない

あとにもさきにも
かけがえのないたった一ツのいのち
明日知れぬ
はかないいのち−
と、いうことを
骨身に感じながら
生きている者は
「けれど…」なんて
おまけはつけない

具体的にやるか、やらぬか−
二つに一つの選択だけ
余分なおまけを
つけているひまがないのだ

やらなかった時は
やらなかった−
ただそれだけでいい
それでおしまいにすればいい
一切おまけはつけぬこと

そうすれば
毎日の生活が
どんなにさわやかに
なることか
毎日のいのちが
どんなにはつらつと
なることか

人生のプロは
けれど…という
ことばは使わぬ

これは誰にいう
セリフでもありません
くちばかりで
身体の動かぬ
怠け屋のわたし自身への
戒めです


相田みつを
「しあわせはいつも」より

  昨日の記事に付けてもよかったのですが、
  下に【少年たちのニュース】を添付しました。

今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:紫陽花流れ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います






kuri-maの参考記事
 Boys, be ambitious?! 13歳の天才シェフ等【少年たちのニュース】1



posted by kuri-ma at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 相田みつをの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

Boys, be ambitious?! 13歳の天才シェフ等【少年たちのニュース】1


弾けるぞ!!


少年よ、大志を抱け
Boys, be ambitious

ウィリアム・スミス・クラーク







強壮な青春は
驚くべき弾性力を楽しむのだ。
弦を引きしぼればしぼるほど、
生命の矢は遠くに飛ぶ。


ロマン・ロラン



少年(少女)たちのパワーというのは、好きなものに向かったときに、とてつもなく働くものですね。
いやいや勉強することはなかなか身につかないけれど、自分がやりたいと思い、目標を持って臨むと、数倍もの効果を発揮できるということです。
よく適性とか、才能とかいいますが、本人のやる気がもっとも左右されるのが、少年少女期ではないでしょうか。

「1対1.6対1.6の2乗の法則」によれば、いやいや言われてやる時の効果が1とすれば、本人が納得してやれば、1.6倍の効果があり、やる気をもって積極的に取り組めば、1.6の2乗つまり2.6倍になるということです。
そこに、その子の適性や才能、そして良き指導者など、協力者の存在があれば、どんなとてつもない結果を出せるでしょうか。

上にアメリカの13歳の天才シェフのニュースを添付しましたが、彼などはそういうことが言えるでしょうね。
この若さで、有名レストランを任されるほどの才能で、引く手あまただということです。

一芸に秀でるということは、すべてに通じることではありますが、あんまり早くに認められ、もてはやされてしまうと、その後はどうなのかなという心配はありますね。老婆心ながら。

少年のようなバネや羽はなかったとしても、青年のような体力もなかったとしても、Be ambitious!大志を抱くのはいくつになっても許されるのではないでしょうか。そして、それを実行する勇気と気力の方が大切かもしれませんね。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:弾けるぞ!! アガパンサス
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



posted by kuri-ma at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

いつまでも離れられないでいる恋人たち?! 「OH MY LITTLE GIRL」 ♪尾崎豊の求めていたもの18


a102663771夕焼け〜 posted by (C)akemi.jpg


Oh My Little Girl
二人黄昏に 肩寄せ歩きながら
いつまでも
いつまでも
離れられないでいるよ



秋か冬になってからUPしようと思っていたのですが、こんな梅雨寒な日にはいいかもしれません。寄り添う恋人たちの、ラブソング。
以前ドラマの主題歌になって話題になりましたが、それよりもっと前、尾崎豊さんの初期の歌ですね。
歌詞の内容で比較すると、「I Love You」よりも、私は好きです。(曲や総合点でいうと、違ってきたりします。)
実際、黄昏時の街角で口づけをせがむような日本人の女の子がいるかな、というのはちょっと疑問ですが…。
生前のライブでは初期の頃以降は歌っていなかったいうことですが、彼の幻のライブツアーの予定曲のリストには入っていたらしいです。きっと演奏したかったのでしょう。
聴いていただくと分かると思いますが、分かりやすいくらい、いい曲です。



OH MY LITTLE GIRL


こんなにも騒がしい街並に たたずむ君は
とても小さく とっても寒がりで
泣きむしな女の子さ
街角のLove Song 口ずさんで
ちょっぴりぼくに微笑みながら
凍えた躰 そっとすりよせて
君は口づけせがむんだ
Oh My Little Girl 暖めてあげよう
Oh My Little Girl こんなにも愛してる
Oh My Little Girl
二人黄昏に 肩寄せ歩きながら
いつまでも いつまでも 離れられないでいるよ

君の髪を 撫でながら
ぼんやりと君を見てるよ
甘えた声で 無邪気に笑う
ぼくの腕に包まれた君を
Oh My Little Girl 素敵な君だけを
Oh My Little Girl こんなにも愛してる
Oh My Little Girl
冷たい風が 二人の躰すり抜け
いつまでも いつまでも 離れられなくさせるよ

Oh My Little Girl 暖めてあげよう
Oh My Little Girl こんなにも愛してる
Oh My Little Girl
二人黄昏に 肩寄せ歩きながら
いつまでも いつまでも 離れないと誓うんだ


尾崎豊


↓ ライブバージョンです
尾崎豊(Yutaka Ozaki) - OH MY LITTLE GIRL



今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:夕焼け〜
by (C)akemiさん
タイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



posted by kuri-ma at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする