さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年05月27日

既婚男性が外で食べるものは?! 家庭の健康メニューVSジャンクフード


131058934_v1337930131おにぎり♪ヨマ.jpg


「わざわいは口より出でて、
病は口より入る」
口の出し入れ 常に慎むべし。


貝原益軒









既婚男性が、外でジャンクフードを食べるのは、ある意味仕方がないでしょう。
独身男性であれば、家庭の料理を食べる機会もないのだとしたら、一食でも家庭の健康料理を食べているとしたら、まだマシともいえます。

ジャンクフードというのは、完全に人を病みつきにしますね。癖になっているから、食べたくなるのです。
スローフードは、体にいいのに、一度体に悪いジャンクフードが癖になってしまうと、そっちが食べたくなるんですね。タバコやお酒をなかなかやめられないのと同じです。

スローフードの良さはジワジワしか効いてきませんが、悪いものは、早く癖になりますね。

ただし、ニュースに書かれていますが、「七面鳥のひき肉を使った味気ないメニューが5日間も続けば、男性の中には満腹感を求めて食べ放題の店へと向かう人もいる」これも事実です。

家庭での料理のおいしさというものも、大きいですね。必ずしも奥さんが準備しない時代なのでしょうが、健康的でおいしい料理が、より家庭を居心地よくさせることでしょう。
料理の腕、また工夫というものもありますし、愛情をこめたものかどうかということもあると思います。

そして、その家庭の愛情料理が病みつきになってきたら、体に悪いジャンクフードこそ、飽き飽きと感じるはずです。

家庭の中にまで、しっかりジャンクフードが侵食してしまっていることも問題ですね。
それは主婦の手抜きと愛情不足だからと、我が身を見て思いますが…いかがでしょうか。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:おにぎり♪
http://photozou.jp/photo/show/483495/131058934
by (C)ヨマさん
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

  冒頭の言葉
人々は日々に飲食せざることなし。常に慎みて欲を越えざれば、過ごしやすくして病を生ぜず。古人、わざわいは口より出でて、病は口より入ると言えり。口の出し入れ常に慎むべし。(貝原益軒)
(意味)人は毎日飲食しないことはない。
    常に慎んで欲を越えなければ、過ごしやすく病気にもならない。
    古人が「わざわいは口より出でて、病は口より入る」と言われた。
    口の出し入れ(言葉と食事)は 常に慎むべきだ。