さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年05月16日

私の言葉が返ってくる?!「こだまでしょうか」金子みすゞ詩の世界より(再編集)


2012.05.14 和泉川 ナミテントウ


「こだまでしょうか」CMも下に添付☆


人と人との間でこだまのように響き合う言葉と言葉。



昨年の震災直後、ACジャパンのCMが連日流れていた頃、金子みすゞさんの詩「こだまでしょうか」を紹介した私の記事に、多くの方がアクセスして下さいました。
今回は、ACジャパンのものも添付してすっきりしていなかった前の記事を元に戻し、新たな記事を作ることにしました。


『 こだまでしょうか 』 


「遊ぼう」っていうと
「遊ぼう」っていう。

「馬鹿」っていうと
「馬鹿」っていう。

「もう遊ばない」っていうと
「遊ばない」っていう。

そうして、あとで
さみしくなって、

「ごめんね」っていうと
「ごめんね」っていう。

こだまでしょうか、
いいえ、誰でも。


金子みすゞ
英語訳は下につけました



 
「あ〜そぼう」と遊びの誘いに来るんですよね。私の子供の頃は「〇〇ちゃん遊びましょう」と言って呼びかけていたような気がします。

小さい頃から、言葉に言葉を掛け合って、成長していくんですね。

喧嘩する時も、一人が「バカ」といえば「バカ」となって喧嘩になるし、「嫌い」と言えば「嫌い」となってしまいます。
子どもの世界では毎日戦争と和平の繰り返しです。
「ごめんね」といえば、相手も「ごめんね」で、もう解決して、さっきより楽しそうに遊んだりします。

大人の世界のいさかいや、口喧嘩、また国同士の争いも、「バカ」と言ったから、「バカ」と言い返し、「もう遊ばない」と言ったから「もう遊ばない」となっているようです。
子どもとレベルがどう違うのかぁとも思いますね。

「ごめんね」は私から言ってみましょうか。(これができれば、世の中すべて平和に収まるのですが、一番難しいんですよね。)

そして、さらにもっと平和な関係を築くためには、「ありがとう」ということばとか、「すごい」「すてき」などの褒め言葉をたくさん言ってみたいですね。

いい言葉を受けるためには、いい言葉を言うこと、しかないですね。
笑顔と、挨拶、そして感謝と褒め言葉を、心がけてみましょう。

また、わたし自身にも、やさしい言葉を言ってあげましょうか。

ありがとう
すみません
許してください
愛しています


(ホ・オポノポノ)

 
きっとこだまのように、また私たちに返ってくるとは思いませんか?きっといい木霊(こだま)が返ってきますように。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


untitledこだま.jpg

If I say “Let’s play,” you say “let’s play.”
If I say “stupid,” you say “stupid.”
If I say “I don’t play no more,”
you say “I don’t play no more.”
Later on, I feel lonely.
If I say “I’m sorry,” you say “I’m sorry.”
Is this an echo to repeat anyone’s words?
No, it happens to anyone.

If you speak to other kindly, they reply to you kindly.
やさしく話しかければ、
やさく相手も答えてくれる。


「こだまでしょうか」のCMも動画で紹介します。これは東京地域のキャンペーンで、全国版ではなかったようですね。見られてない方もどうぞ 



写真は:ナミテントウ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの「こだまでしょうか」関連記事・参考記事
 私の言葉が返ってくる?!「こだまでしょうか」金子みすゞ詩の世界14
   今日の記事の元記事です ↑
 「こだまでしょうか」金子みすゞに学ぶ仲直りの秘訣?! 金子みすゞ詩の世界34 
 心は見えないが、心づかいは見える?!ACジャパンCMから


ACジャパンのページからも、CM動画など見れます。
(アクセスしづらい状況があるようですが)
ACジャパン―こだまでしょうか
ACジャパン―見える気持ちに。



posted by kuri-ma at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ACジャパンCM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする