さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年05月15日

信じた夢は咲く場所を選ばない?! ♪「蕾」コブクロ♪


6602414ハクウンボク by にしのすけ.jpg



いつかこんな日が来る事も 
きっと きっと きっと わかってたはずなのに
消えそうに 咲きそうな 蕾が今年も僕を待ってる




母の日にふさわしい歌だったかなぁと、母の日が終わってから気づいたりしまして。「五月の美空」とあるので、五月の頃の歌だろうから、今月中に紹介しようとは思っていたのですが…。

「涙こぼしても 汗にまみれた笑顔の中じゃ 
誰も気付いてはくれない 
だから あなたの涙を僕は知らない」

という歌い出しも、心がそそられますが、この後も、詞のどこのフレーズを切り取っても、いいんですよね。(タイトルに持ってこようとして悩みました。)小渕さんの詞というのは、じんと来るいい日本語を使ってます。

何が何っていう凝った表現はしていないのに、心に響いてくる…。メロディーとマッチした中で更に心に響くのですが、それは「詞」だけですでに完璧だからでしょう。

この曲が初めてCMで流れた時、ゾクっとするほど、いいと思いました。
そして、レコード大賞まで取りましたが、あんな場で司会者がお母さんのことを質問なんかするので、小渕さん、歌えなくなっていましたね。

「優しく開く笑顔のような 蕾を探してる 空に」
お母さんを亡くされた人は、母の日には、そうやって空を見上げたり、花を見つめたりするんだなぁと思うんです。

この歌はきっとお母さんに捧げられたものなんでしょうが、切ないラブソングにも聞こえますね。
いいなぁと感じたのは、お母さんに対する思いがあふれていたからでしょう。大切な人を失った人にも、聞いてほしい曲です。

恋しい、とかいう言葉はひとつもないのに、「I miss you」という気持ちが伝わってきます。
聴こえない「頑張れ」が、心に残りますね。そしてまた「頑張れ」と言いたくなります。






「 蕾 」


涙こぼしても 汗にまみれた笑顔の中じゃ 
誰も気付いてはくれない 
だから あなたの涙を僕は知らない

絶やす事無く 僕の心に灯されていた 
優しい明かりは 
あなたがくれた理由なき愛の灯(あかし)

柔らかな日だまりが包む背中に 
ポツリ 話しかけながら 
いつかこんな日が来る事も 
きっと きっと きっと わかってたはずなのに

消えそうに 咲きそうな 蕾が今年も僕を待ってる 
掌じゃ摑めない 風に踊る花びら 
立ち止まる肩にヒラリ 
上手に乗せて笑って見せた 
あなたを思い出す 一人

ビルの谷間に埋もれた夢も いつか芽吹いて 
花を咲かすだろう 信じた夢は咲く場所を選ばない

僕等 この街に落とされた影法師 
みんな光を探して
重なり合う時の流れも 
きっと きっと きっと 追い越せる日が来るさ

風のない線路道 五月の美空は青く寂しく 
動かないちぎれ雲 いつまでも浮かべてた
どこにももう戻れない 
僕のようだとささやく風に 
キラリ舞い落ちていく 涙

散り際に もう一度開く花びらは あなたのように 
聴こえない頑張れを 握った両手に何度もくれた

消えそうに 咲きそうな 蕾が今年も僕を待ってる 
今もまだ摑めない あなたと描いた夢 
立ち止まる僕のそばで  
優しく開く笑顔のような 蕾を探してる 空に



作詞・作曲 小渕健太郎
(コブクロ)



今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ハクウンボク
by にしのすけさん
「写真素材 フォトライブラリー」からダウンロードしました
無断転用はご容赦願います

kuri-maのコブクロ関連記事
 ♪♪ 再び「桜」咲く?! コブクロ復帰!
 コブクロ完全復帰に先駆け♪「蜜蜂」は絆感じる名曲?! 
 今日はコブクロ?!「虹」+ プラハ・中世の石橋にかかる虹

ラベル:コブクロ
posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ♪歌の心(音楽と歌詞) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする