さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年05月19日

心の一番温かいところから湧くもの?!「なみだよ」若者たちに語り掛ける宮澤章二の詩11


朝の光に輝いて。


「 なみだよ 」


なみだで目をぬらすことができるから
人間の世界に生きていられるのだ

スポーツの 健康な戦いでさえ
勝ってもなみだ 負けてもなみだ
なみだが 感情を 美しく洗ってくれる

なみだよ 自分のためだけ湧くな
友だちや見知らぬ人たちのためにも
こんこんとあふれて 流れるがいい

流れるなみだがあたたかいのは
わたしたちのこころの いちばん奥の
一番あたたかい場所から湧くためだろう

なみだで目を清めることが出来るから
生きる日の澄んだ世界が見えるのだ


宮澤章二



「自分のためだけに湧くな」
泣き虫の私には、これって厳しい言葉です。自分のためには、一番涙を流してしまうから。
もちろん、ついつい、涙もろくて、もらい泣きに、同情の涙もいくつも流しては来たのですが。

「涙が温かいのは、心の奥の、温かい場所から湧くためだろう」という言葉が心に響きました。

そして涙が、「目を清め、澄んだ世界が見える」ようになるという言葉にも、泣き虫の私も役立つかもしれない、と思ったのです。

そして、笑顔になれるのでしょう。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:朝の光に輝いて。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

宮澤章二(みやざわしょうじ)
大正8(1919).6.11〜平成17年3月11日
東京大学文学部卒、高校教諭を経て文筆業(詩、作詞)
小中高の校歌は300校以上作詞
「ジングルベル」の作詞者としても知られる
  「こころ」はだれにも見えない けれど「こころづかい」は見える
  「思い」は見えない けれど「思いやり」はだれにもでも見える

CMで有名になった「行為の意味」の作者


宮澤章二
「行為の意味 青春前期のきみたちに





2012年05月18日

《米国の赤ちゃんニュース》白人が過半数割る!名付けの人気は…?!etc.


春の妖精。


小さな子どもが
誰にとってもかわいらしく見えるのは、
一人で生きていけない子どもが
神様から授かった
サバイバル戦略なのかもしれません。


和田秀樹











昨日は、日本の少子化の話題でした。
今日は米国のニュースを中心に、集めてみましたが、昨日と同じような話になるのもなんなので、違う路線で話してみたいと思います。

米国で、初めて、白人の赤ちゃんが過半数を切ったということです。アフリカ系に加えて、最近はずっとヒスパニック系の移民が増え続けているので、そういうことになったようです。アジア系もそこに加わって、多民族国家のアメリカ、の様相が激しくなりましたね。
日本にも外国からの移民が多い、という話をしましたが、今のアメリカは2、30年後の日本の姿を写すともいいますから、日本も、グローバル化に対する心構えや準備がもっと必要でしょうね。

米国の昨年生れた赤ちゃんの名付けのランキングが発表されました。男の子の1位のジェイコブと、5位のノアは旧約聖書に書かれた有名な人物で、昔々から、現代に至るまで、使われてきた名前ですね。
女の子のソフィア、イザベラにしても、男の子の2位ウィリアムにしても、昔ながらの名前が多いんですね。
日本では、古い名前も一部では復活していますが、大半は時代に沿って流れています。最近の名前は今風というのか、聞いたこともない突飛な名前が多い気がしますが…。
また、一朗や、遼などの名前が上位にあがったりしてスポーツ選手の名前などが人気がありますが、米国でも、上位には全然届かないのですが、アメフトの選手、ジョン・ブラントリーにちなんでか、ブラントリーが順位を大きくUPしたとのこと。(前年の736位から320位になった。)

赤ちゃんつながりで、赤ちゃんの「かわいらしさ」を、男性よりも女性がはるかに敏感に察知するという研究結果が出ています。
これは、母性っていうものでしょうか。
女性は見るだけで「かわいい」という思いがわくのです。
男性はそうでもない。つまり見ても関心を持たないということでしょう。
確かに男性は、赤ちゃんに実際に触れ、関わった分しか父性を感じないようになっているようです。
お母さんが、産んだ時にすでに母になるのに、お父さんは、そうではない。
だから、赤ちゃんと触れ合う機会をもつようにすると、だんだん情がいくようになるようです。
うちではパパにはお風呂に入れてもらうようにしました。これは、父子ともによい影響がありますね。女の子でも、思春期になってパパうざい、となりやすいですが、乳幼児期からスキンシップをしていると、緩和されると聞いています。
そして、幼児期になったら、一緒に遊んでもらう。
男の子を、自立した逞しい子に育てるためにも、父の存在はとても大切ですし…。
お父さんは、肌を触れ合ったり、体を動かして一緒に遊ぶ、行動しながら、お父さんになっていくんですね。

トップのニュースは昨日の記事向きのニュースですが、添付しておきました。
このニュースでは、高所得国が、環境に負荷を与えているという報告ですが、今後中国やインドなど今まで電力をあまり使わなかった所で、大量に消費するようになるという恐ろしい予測も、他のニュースで見たことがあります。
子どもたちの未来のためにも、このままでは、資源が底をつく!

子どもたちに、いいものを残したいですが…。
資源問題もそうですが、愛情問題にはならないように、たっぷりと適切にお陽さまのように注いでいけますように。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:春の妖精。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



posted by kuri-ma at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命と赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

少子化の日本、1000年後には子ども0に?!


道しるべ。


這えば立て、
立てば歩めの親心、
わが身につもる老いを忘れて。


道歌









日本の人口がどんどん減少している、それはもちろん、子どもが生まれないからです。少子化の波というのは、確かに押し寄せて来ていると思います。
実は私は、我が家にいても、少子化の波を現実的に感じています。

私は4人の子どもを産みましたが、はっきり言って、独身の時、また結婚してからも、自分がそんな子持ちになるとは考えてもみませんでした。こんな子育てに奔走することになるとは…。
一人目を出産した時には、もうこんな大変な思いは二度としたくないとも、思ったのですが、それは瞬間のことで、妊娠出産の大変さはあっても、子育てがいくら面倒でも、子どもの大切さに比較すればたいしたことではないと、ずっと実感しています。

子どもが4人といえば、驚かれるのです。うちは普通に4人できたのに、どうしてかそうではない風潮のようです。

上の子どもはミレニアム・ベビーが騒がれた時期でしたから、結構子どもの数は多かったと思います。不思議と、上3人までは同じような感覚で、小学校も4クラスを保っています。おそらく、新築の家が増えて来ているので、そういう意味で、なんとか人数を保っていたのでしょう。

ところが、4番目は、保育園時代から同じ学年の人数が少なかったのです。
単に幼稚園に移ったのか、とか思っていたのですが、今年小学校に上がると、3クラスがやっとの人数で、それも30人に足らないので、2クラスになりそうなスレスレの線でした。
今は学校の自由化があり、他の学校に流れたのか、ということも考えられますが、実際、少ないことは確かでしょう。

近くの幼稚園も確実にクラス数は減っているのだとか。調べたわけではないのですが、赤ちゃんの数も減ってきているでしょう。
4月20日に発表された人口推計では、0〜14歳の子どもの人口は、1669万1千人で,前年に比べ14万3千人(0.85%)減少しているとのこと。

世界を見れば、一人っ子政策でなんとか人口増加を抑えている中国、それ以上にインドや中東、またアフリカなどでは、人口の増加が問題になっているというのに。
70億に達したかという人類は、爆発的に増え続けている貧しい国の人たちの今後をなんとかしなければなりません。

人数が減っている、という小学校でも、純粋な日本人以外の子どもたちも多くなっています。中でも、中国系は多いですね。

人口が減り続ける日本人は、先行きを考えれば、日本だけでは立ち行かないことは明らかです。
産業でもなんでも、働かなくなった日本人は、その価値をいかせないし、旺盛な中国の人たちに、何もかも乗っ取られそうな勢いです。
コンビニや、飲食関係のお店でも、中国やアジア系の若者の数は、日本人と逆転しているような…。

私は偏った民族主義で言うわけではないのですが、この国際社会の中で、本来の日本人のよさ、というのがなくなっていき、活かせなくなっていくとしたら悲しいことだと思っています。
せめて、少数精鋭でありたい、と願うのです。

今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:道しるべ。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 70億人目は誰だ?!「生」と「死」を考える
 31日には70億人目誕生?!「朝のリレー」と命の橋渡しで、地球を守る
 これからどうなるのか?!革新の年を越えて「世界人口70億→100億(今世紀末)」
 赤ちゃんと一緒にお母さんも生まれる?!《赤ちゃんのニュースと名言》




posted by kuri-ma at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする