さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年05月31日

「母に見てもらいたかった結婚式」 《英王室特集》 王子インタビュー、エリザベス女王在位60年


西洋館は盛春。


幸福を上品に身につけるのは、
やさしいことではない。


(イギリスのことわざ)




b9024188.jpg b9024190.jpg b9024517.jpg



b9015507.jpg  b9015509.jpg




女王在位60周年に湧くイギリスです。
戴冠された時の写真などを見ると、本当に美しいですね。昔のモノクロの写真など掲載されていますので、ニュースを開いて見て下さい。

また、米ABCニュースでのウィリアム、ヘンリー両王子へのインタビューをAFPで記事にしていたので、掲載します。インタビューは英語ですが動画もありますので下に添付します。

英国のウィリアム王子(29)は、前年執り行われたキャサリン妃との結婚式について、今までで最も母親の故ダイアナ元妃に見届けてほしかった瞬間だったと語った。

 ウィリアム王子は米ABCニュースのインタビューで結婚式を振り返り、学生時代から愛を育んだキャサリン妃との結婚式に母が出席できなかったことは「とても悲しい」と語った。ダイアナ元妃は1997年に、パリで自動車事故で死亡した。

 式で王子の付添人を務めた弟のヘンリー王子(27)は同番組で、ダイアナ元妃はきっと「一番いい場所」から式を見ていただろうと語った。


 結婚式当日に母に思いをはせたかと聞かれたウィリアム王子はこう答えた。

「とてもつらかった。唇が震えたりとかいった事態になるのは避けたかったので、心の準備はある程度していた」「(結婚式は)母の死後、母がここにいてくれたらどんなに素晴らしいだろうと今まででいちばん強く思った瞬間だった。式に出席できないのは、母にとって何よりも悲しいことだったはず。母はきっと、式の当日にはとても喜び、僕たち2人を誇りに思ってくれただろう」

「母を1度もケイト(キャサリン妃)に会わせることができないことを、ただとても悲しく思う」

 ウィリアム王子はキャサリン妃との婚約の際、母の形見であるサファイアとダイヤモンドの指輪を贈っていた。また、結婚式の会場には、ダイアナ元妃の葬儀が行われたウエストミンスター寺院が選ばれた。

 インタビューでは、ダイアナ元妃がそばにいなかったのはつらかったかと聞かれたヘンリー王子もまた、「もちろん」と答えている。「たぶん母は、会場の一番いい場所から式を見ていたと思う。でも、実際に出席できたらきっとすごく喜んだだろうね」

 当時、世界中のテレビで生中継された式ではリラックスしているように見えたヘンリー王子だが、実は「とんでもなく緊張」していたことをインタビューでは明かした。「みんな緊張していた。正直、起きていること全てがぼんやりした感じだった。何百万、何十億という視線が僕たちに注がれていたからね」


インタビューでは、エリザベス女王に対する質問もありました。彼らにとっては敬愛する祖母なんですね。

このインタビューで話す姿を見て、私が結婚式の記事で辛らつなことを書いたことをまた反省しました。(彼のにやけ顔は極度の緊張と様々な感情がなせるわざだったんでしょう。)
やはり王子は好青年です。また、キャサリン王妃も素晴らしい方なんでしょうね。
ヘンリー王子も思春期頃から荒れていて多くのスキャンダルを起こしましたが、最近は落ち着いているようです。

かえすがえすもダイアナ元妃の不幸は残念です。
パパラッチに追いかけられ、交通事故死ということ以上に、離婚とその後の恋愛沙汰が不幸だと感じます。死に様は多くのことを語りすぎるくらい語っています。
愛情問題が、彼女を狂わせせました。夫に愛されなかったこと、これは確かに大きいですね。夫の不貞が、彼女を皇太子妃としての尊い立場、また素晴らしい妻であり母である立場を守れなくしてしまったのですから、かわいそうな女性ともいえます。

素晴らしい男性、素晴らしい女性が不幸になる原因が、男女の問題です。
何がどんなに素晴らしかったとしても、男女問題がだらしがなければ、よいものもすべて流れていってしまい、未来(子どもたち)に何も残せません。
それどころか、不幸の轍だけを残していきます。

イギリス王室は、そういう意味では、目もあてられない状況になっています。チャールズ皇太子は王にはふさわしくない、という世論もありますし、王子たちの叔父たちも同様に離再婚問題ばかりです。
そもそも、今のエリザベス女王が即位したのは、伯父であるエドワード8世が「王冠を賭けた恋」の末退位してしまったことによります。エドワード8世は離婚歴のある女性を選んで王位を捨てました。王位は捨てても、血筋の人たちに受け継がれていくものであるようですね。

ダイアナ元妃は、皇太子との仲が冷え切ると、不倫に走っています。
ヘンリー王子はその不倫相手と風貌が似ているので、皇太子の子ではないと言われてるのだそう。事実は闇の中ですが、これでは思春期の少年が荒れないはずがないですね。
親の男女関係(不倫関係)は、子どもに陰を作ります。

幸い、王子たちの仲はよいようです。
また、祖母にあたる女王は、尊敬に値する人だと見受けられます。
エリザベス女王在位60年、さて王室の未来はどうなるのでしょうか。

ウィリアム王子の恋愛結婚が、ずっと愛情が冷めずに、もっと育んでいくことができれば、未来は明るいですが、いずれにしても親たちと同じ試練や危機は必ず来るでしょう。
そういう時に、どうか、不幸の轍をたどらずに、他の愛情(不倫)に逃げないでほしいと心から願うものです。(逆に夫妻の愛の絆が深ければ、そんな試練など、簡単にまたいで越えられるでしょう。)


今日はいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:西洋館は盛春。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 3つのロイヤル・ウェディングその後?! 幸せの国、ブータン国王の来日のメッセージ出版etc.
 プリンセスたちの幸せへの道は?!英国「世紀の結婚式」に思う



2012年05月30日

(後編)人間追いつめられると何をしでかすか分からない?! 「最後の砂糖」《相田みつをの講演から》


2012.05.21 和泉川 コメツブツメクサ


見返りを一切当てにしない行為、
これこそまさに菩薩行です。
本当の布施です。
わたしにとって
終生忘れられぬ慈母観音です。




生き地獄、と言いますが…。
昨日、これが人間かという恐ろしい事件を紹介しましたが。米国で、まさかというおぞましい事件が起きました。全裸の男が、全裸男性の顔をむさぼり喰っていた…!新型LSDでの強い幻覚症状によるものだろうという話ですが、あまりに衝撃的なニュースなので、気分が悪くなるほどです。下にニュースは添付しますが、あえて見なくてもいいかと思います。

さて、昨日、相田みつをさんの、戦時中の体験談を紹介しました。人間、追いつめられると、何をするかわからない、というお話でした。
今日のお話は、その続きで「地獄に仏」というお話です。実際には「地獄に慈母観音」ですが…。
昨日が地獄篇とすると、今日はいうならば「極楽篇」となるでしょうか。

最後の砂糖(後編)

(見つかって絶体絶命かと思ったのですが)Kという古参兵は、私を姉の家に連れて行きました。男ばかりの生活で久し振りに見る女性、しかも美人ですからわたしには慈母観音に見えました。

「姉さん、戦友です。腹が減っていますから、大至急何か食べさせてやって下さい」
それから美人の姉さんが、おしるこを作ってくれました。湯気の立ちのぼる釜の中に、大量の砂糖を紙袋から直かに「ドッドッドッ」と入れたんです。
その頃、砂糖なんてものは、全く見ることもできなかったのです。
「あるところにはあるもんだなあ……」
と、内心タメ息をつきました。そのときの、「ドッドッドッ」という音が、いまでもわたしの耳には残っております。それからおしるこを腹いっぱいご馳走になりました。

それから、二十数年の歳月が流れ、わたしは仕事で宇都宮へゆくたびに、公衆電話で電話帳を調べ、一軒ずつ電話をかけました。Kさんの名字の頭に「柏」の字がつくことだけを覚えていたので、全くめくらめっぽうです。
「つかぬことを伺いますが…」
執念というのは恐ろしいもの、あるときの電話に
「相田さんでしょう。うちがそうです。柏木です」という、はずんだ声。
26年ぶりの〈ご対面〉でした。

柏木さんは、だまされてもだまされても人を信じる初老の乙女で、あまりにも善人なるがゆえに、現実の世の中をうまく泳げない、それこそ『生きるのがヘタな人』(紀野先生の本の題名)の典型の人でした。
「よく覚えてくれていた、よくぞきてくれた、こんなうれしいことはない……」と、涙を流しながらの連発。
「わたしが相田ってことなぜわかりましたか」
「弟がね、沢山、友達を連れてきましたけれど礼状もらったの相田さんだけだったから」
わたしには記憶がありませんでした。

つづけて聞きました。
「あの頃、どうしてあんなに砂糖があったんですか」
「ええ、あのときの砂糖ね、宇都宮も空襲がひどかったでしょ、だからね、いよいよ家中で死ぬというときにね、その前に思いッきり甘いものたべて死にたい、と思って、あの砂糖だけは、どこへ避難するときでも後生大事に持って歩いたの。うちにいっぱい砂糖があったわけじゃないの、あれは、うちにとって、もう最後の砂糖だったのよ」と、淡々と言われました。

そういう大事な砂糖を、見ず知らずの赤の他人のわたしのために惜しげもなく使ってくれたんです。これが本当の布施です。見返りを一切当てにしない行為、これこそまさに菩薩行です。柏木さんは、わたしにとって終生忘れられぬ慈母観音です。
(一部省略、要約しています)
「一生感動一生青春」あるいは
相田みつをカセットシリーズ3「雨の日には…」より


追いつめられた限界の中で出会った、慈母観音。
ということですが、そこに連れて行ってくれた古参兵もすごいです。連れて行ったのは相田さんが初めてではなかったんです。人の辛さというのを知っていたんでしょう。
そしてその中で、相田さんはただ一人お礼状を出していた。覚えていないということですが、そういうことが自然に身についていたんでしょう。恩を受けたらすぐにお礼状。

最後の砂糖を大盤振る舞いをしたのは、もちろん仏様のような人だったからかもしれませんが、そういう人と縁があるということは、相田さんの生き方ゆえだ、と思わされます。

泥棒のカンダタにもくもの糸を垂らされるお釈迦様ですが、それは、彼がクモを助けたという一点の優しい思いがあったからです。理由、根拠がなければ、仏も温情を下すこともできないのでしょう。

確かに、残飯を貪り食うのは餓鬼・畜生にも見える行為かもしれませんが、心は違います。
地獄に仏に出会っても、その好意を生かせるかは、その人に掛かっています。
施してもらったものだけを、貪り食って終わりでは、体は一瞬、極楽にいるようですが、その人の心は地獄に留まるしかありません。
ありがたいことだと、それをしみじみと味わって、心にまで栄養を与える、そういう頂き方もできるということでしょう。そうすれば心は極楽にいくのです。

そういう感謝がお礼状となり、お姉さん(柏木さん)の心にも届いていたのでしょう。だから感動的な再会となり得たのです。
慈母観音を泣いて感動させたのは、相田さんの真心に触れたからです。お互いに仏様のように大切な存在となったんでしょうね。

地獄にあって、出会う仏とは、普通の人間なんですね。
真心からの行為は仏様のように写るのでしょう。

そういうことを考えると、あさましい世の中、地獄のような状況の中でも、人間らしく生きることは、仏様の道に通じるのかもしれません。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:コメツブツメクサ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います









相田みつをカセットシリーズ3
「雨の日には…」
朗読 渡辺裕之
000250.jpg  



posted by kuri-ma at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 相田みつをの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

人間追いつめられると何をしでかすか分からない?! 「最後の砂糖」前《相田みつをの講演から》


2012.05.21 和泉川 ブタナ


きれいごとは、
ギリギリに追いつめられた経験のない者の
寝言です。
ほんとうに追いつめられると、
人間てやつは
何をするかわかりません。


相田みつを


昨日今日のニュースを見ていたら、シリアの大虐殺は、さらに恐ろしい事態を生んでいて、中国では村人11人を虐殺した「食人魔」、ボスニア・ヘルツェゴビナでは、少女を家畜扱いし、8年間も監禁…と、人間といえない、餓鬼・畜生に成り下がった人たちがいるんですね。
あまりにも多くて、いつも取り上げるには、むごすぎる内容なので、躊躇してきました。これらの事件を見ると、生き地獄というのがあるんだな、と思わされます。(ニュースは下に掲載)

今日は相田みつをさんのお話を紹介します。
長いので、2回に分けますが、今日の内容は、人間は追いつめられたら、餓鬼・畜生のようになるというお話です。自らの戦時中の得がたい体験談です。
相田さんにしては厳しい話しのような感じがしますが、今日の前編は地獄篇と考えて下さい。


最後の砂糖(前編)

今は去ること三十二年前、昭和二十年の八月でした。それは、言うまでもなく終戦の年の夏。わたしは当時、最下級の陸軍二等兵として宇都宮の部隊におりました。
その頃の軍隊というものが、最下級の初年兵にとって、どんなに過酷なものであったかは経験した者でないとわかりません。わたしは終戦まぎわの六月初めの入隊でしたから、終戦の日まで名実共に初年兵でした。初年兵というものは、朝起きてから寝るまで古参兵に追いまくられ、自分の顔を洗うひま等全然ありません。

入隊してから約二か月目のある日曜日の午後のことでした。隊の古参兵達が殆ど外出して留守になりました。井戸のコンクリートの流し場に、なんと、食器を洗ったあとの、ごはん粒が沢山落ちていたんです。
「しめたァ!!これは一人で食えるッ」
わたしは洗い終わったごはん粒をガツガツと喰いはじめました。

その頃軍隊では流し場の残飯を拾って喰うと重営罪です。それは軍隊の中の牢屋のことで、最も重い罪を犯した者がぶち込まれるところです。もし、チフスやコレラ等の伝染病にでもなると、団体生活ですからたちまち部隊全員に広がってしまいます。だから、厳重に禁じられていたんです。
厳重に禁ずるということは、裏を返せば、残飯を喰う者がいっぱい居たということです。つまり、それほど、いつも腹が減っていたということです。

人間、追いつめられないと、なかなかほんとうの姿を現さぬものです。ふだん、どんなにカッコいいこと言っていても、いざとなるとだらしのないものです。カッコいい言葉なんて追いつめられるとなんの役にも立たぬものです。腹が減って腹が減って、どうにもならなくなると、重営倉を覚悟で、流し場の汚い残飯を拾って喰っちゃうんです。
キレイだとか汚いなんて言っているのは、ゆとりのあるときの話です。きれいごとは、ギリギリに追いつめられた経験のない者の寝言です。ほんとうに追いつめられると、人間てやつは何をするかわかりません。人間てやつ − なんて、他人ごとじゃなくて自分のことです。
ひとはともかく、この自分は、追いつめられると何をしでかすかわからぬ、というのが本音です。そういう地獄、餓鬼、畜生的な要素を多分に持っている、というのが人間であり、この自分だ、と思うんです。そこのところをゴマかすと体裁のいい偽善者や、うすッぺらな道徳者になると、私は常々思っています。

さて、ちょッと話がかわりますが、宮本武蔵という人は、人間が一番油断する時は、生理現象を満たすときだ、と言っております。生理現象を満たすということは、喰うこと、寝ること、便所や風呂に入ること。そのとき人間は一番きがゆるみ、油断をする。刺客にやられるのは、大体そういうときなんだそうです。これはいつか紀野先生から聞いた話。

その頃の私は宮本武蔵の話を聞いておりませんから、残飯を喰いながら、やっぱり油断をしたんです。ポンと後から肩を叩かれたので、振り返りますと、Kという古参兵が立っていました。
全身の血がサッと引き、絶体絶命と思いました。
(一部省略、要約しています)
「一生感動一生青春」あるいは
相田みつをカセットシリーズ3「雨の日には…」より


追いつめられると人間何をするか分からない、というのは相田さんの場合、ひもじすぎて処罰されるかもしれないのに、残飯を拾って食べたという経験から言われているので、とても鬼気迫るものがあります。

餓鬼、畜生というのは仏教用語です。
地獄にも段階があって、餓鬼とか畜生というのは地獄の様子の一部でもあり、つまり、地獄には餓鬼の国や、畜生の地域があるということです。そこに住むような人のことも餓鬼や畜生といいます。(いずれ、地獄の様子については、「霊界ってあるんでしょうか」で詳しくお話します。)

そういう地獄を見たんですね。
経験した者しかわかりません、というのはそういう意味でしょう。

さて、相田さんは地獄を見ましたが、そこで話は終わりません。そもそも、そこで終わったら、相田さんが私たちに素晴らしい言葉の数々を残すことにはならなかったでしょう。

ニュースにのぼる人間とは思えない凶悪犯たち。彼らと私たちはもちろん違いますが、彼らのような餓鬼・畜生になるかもしれない要素は、私たちも持ち合わせているということです。
ただ、一朝一夕にあのような極悪な人たちは生れません。そうなってしまった背景が必ずあるでしょう。また一代では生れませんから、親や血筋や、環境も…極限状態だったに違いありません。
誰も彼らを凶悪犯になる道を妨げられなかったということも、悲しい事実です。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村








写真は:ブタナ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

相田みつをカセットシリーズ3
「雨の日には…」
朗読 渡辺裕之
000250.jpg  



posted by kuri-ma at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 相田みつをの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする