さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年04月21日

6歳少女学校で大暴れ、警察が手錠でまた大騒動?!他《教育関連のニュース》


キャッホー!!


子供を父や母に結び付けていた絆は
決して切れることはないけれど、
それは緩むのである。


トーマス・エドワード・ロレンス
(アラビアのロレンスのモデルと言われる人)













教育関係のニュース記事を集めてみました。

少し、気になることを。
トップの手錠を掛けられた6歳少女のニュース。
確かに手錠を掛けて警察に連れて行ったこと事態は、問題だったかもしれません。
しかし、そもそもこの少女は、学校で大暴れしているのです。それを学校側はどうすることもできず、警察を呼んだわけです。
どうして、何があって大暴れしたのか、このニュースでは触れていませんが、誰も鎮められなかったのだとしたら、この子、かなり問題児なのではないでしょうか。

なんで、この子がこういう行動をしたか、ということを考えた時、学校側がもうちょっと上手に気を静めてあげれたんじゃないか、とか、まだ1年生の女の子が、手錠をかけられるなんてショックだろう、という考えもできますが、掲載されている叔母と母親のコメントを見て、私の中では、問題児であるという疑いが濃厚になりました。あるいは、家庭に問題あり、と。

親のコメントも一部しか掲載していいないので、他の部分で言ったのかもしれませんが、子どもがしでかしたことに対して「申し訳ありません」という言葉はあったのでしょうか。

「娘は日によって機嫌が悪いこともあります。誰だってそうでしょう。あの日は娘にとってたまたま嫌な日だっただけだと思います」という母親の発言が平謝りに謝った後のものなら、理解できるのですが、そうでない、という印象プンプンのニュース記事なのです。
子どもがただ被害者のようにしか言っていないように聞こえるコメントの掲載ですよね。

たとえば、この子が虫のいどころが悪かったとして、そこまでひどいことをするのは、家庭の問題もあるはずです。悪いことをしたら、「ごめんなさい」と謝る、それを6歳の子に教えるなら、親も「お騒がせしました」の一言は必要でしょう。

もともと娘が暴れたために警察も動いたというのに、何かひとつの落ち度を見つけると、その大前提の娘の非をどこかにやってしまって、警察を責める。これ、おかしくないでしょうか。責めてもいいですが、娘の非を認めないとしたら、おかしい。なんか、おかしい。気持ちが悪いです。

この子は、悪いことをしたという自覚が持てないではないですか。
この少女から「ごめんなさい」という機会を親が奪ってる。もっと問題児になります。
悪かったらおしおきくらい必要、だと思いますね。

もちろん、手錠はまずかったでしょう、と思いますが…。(少しだけのつもりが、長くなりました。)

 


二番目に掲載した、イギリスの二人の青年のニュース(動画)は、一転、さわやかなニュースです。 
イギリスでは大学の学費が大幅に値上がりしていて、彼らも膨大な学費の負債がありました。一方、若者の失業率は22%、就職難でした。
そこで考えたのが、自分たちの顔をペインティングし、広告に使ってもらおうというもの。どこでも、出向いていく旺盛さで、今では引っ張りだこになっているようですね。

学費の高騰に反対のデモなどが行われたりする中、彼らは、誰かに文句を言うのではなく、資本もないからと、自分たちの体を使い、ユニークなアイデアで、とにかくやれることはやれろうと行動していったところが、とても好印象です。

他のニュースも興味深い内容が多いですので、見てみてください。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:キャッホー!!
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする