さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年03月22日

独身者より既婚者が延命する?!《欧米の研究結果より見る夫婦円満の秘訣》


〇×※■△、あんた男の子でしょ!!


うばい合うと 足らないけれど
わけ合うと あまっちゃうんだなあ


相田みつを











上のニュースは心臓病の場合ですが、独身者よりも、既婚者の方が延命率が高い、とのこと。
スティーブ・ジョブズの伝記を読んでも思いましたがスティーブ・ジョブズ、結婚20周年の妻へのラブレター?!、きっと他の病気でも同様なことがいえると思うのです。

伴侶や家族というのは、生きていく目的、生きがいになるものです。
もちろん、人は誰しも親から生まれてきますから、親子の関係も大切なものです。親や兄弟からも大きな絆は感じるかもしれませんね。

ただ、伴侶がいるのは大きな安定になることは確かでしょう。
病気の時は本人は病気に向かうだけで精一杯です。そのモチベーションを保たせてくれ、それ以上に癒しや力を与えるのは、自らのパートナーと子どもでしょうね。

私の主人が昨年の暮れに倒れた時も、幸い軽症でしたが、入院中、毎日子どもたちの顔を見たがるのです。それがパワーになったようです。
会話や、ちょっとしたスキンシップなど、それだけでも人には力になるんですね。

結婚というのは、幸せなことですが、それなりの犠牲を払わなければできないものです。
独身は自分を貫いていられますが、何か捨てるものがなければ、結婚などというものは得られないのではないでしょうか。
自分のものを全部両手に抱えたままで、何ひとつ捨てもせずに、よい伴侶だけをゲットしようというのは都合のいいですし。

また、結婚前はもつものが少なかったりするので、勢いで結婚できたとしても、結婚後は、捨てなくてはならないものが出てくるのです。
気がつくと、自分の時間も自分の体も、お金も、家の空間も、自分だけのものはなくなってしまいます。それが家庭をもつということでしょう。

そんな中から、大切なものが残ります。愛情と信頼、そして未来と希望です。

独身の人は自分のものは何一つ失くさなくてもよくて、自分の生活を好きなように維持できます。さみしいとはいっても、楽しみも自由もあります。
縁がないとはいいますが、犠牲を払えば、条件を下げれば結婚できたとしても、あえてはしないで来たのが、独身の人なんではないでしょうか。(厳しくてすみません。)

家庭の犠牲になって婚期を逃す人もいます。そして、そうなると、今の生活を変えて結婚することが大きな冒険となるので、あえてしないということもあるのでしょうね。

親戚や知り合いの中にも、独身者が増えています。
年だけは同じように取るので、いつかは働けないくらいの年齢になった時には、親も兄弟も友人も次々に亡くなり、不自由な体を抱えた独り身の老人となる日が来てしまいます。

上のニュースにもありますが、心配してくれる人がいない状態というのは、認知症になりやすい環境を呼ぶのではないでしょうか。

また自己中がうつや認知症(一緒くたにはできないのですが。)になりやすい要素となるようです。
世の中のことに関心をもち、何かに生きがいを持つ生活をしていけば、ボケ知らずで、元気に過ごせるでしょうが、そうでなければ認知症になる前に、うつなどの症状を起しやすくなるのではないでしょうか。
実際そういうケースが多い気がしています。

さて、結婚している人にとっても、伴侶との関係はよく保てるように、ちょっとした努力していただくことは、必要なようです。「ありがとう」と「家事手伝い」が円満の秘訣という上の記事も参考にしてください。

特に、家庭の中で、奥さん(お母さん)を幸せな気持ちにさせておくことが、夫婦、家庭の円満の秘訣だとのこと。ご主人方は少しだけ優しい言葉を掛けてあげてくださいね。

そして女性は家庭の中で、自分が花になれるように、要的な存在になってほしいですね。

よい嫁をもらえば、幸せが来て、お母さん、お祖母ちゃんの存在が家庭に潤いをもたらします。また、娘1人いるだけで、家がぱっと明るくなりますね。
よい息子たちが育ち、ご主人やお祖父ちゃんが伸び伸びとご機嫌でいられるのは、女性たちの影の存在があるのかもしれません。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:by (C)芥川千景さん
〇×※■△、あんた男の子でしょ!!
 ↑ カワセミ 
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います