さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年03月19日

「うつ」かなと思ったら、愛情不足?! 《斉藤茂太の言葉+うつ病のニュース》


捧ぐ


自分自身にこそ、
「あばたもえくぼ」で接しよう


斎藤茂太



先日、うつに関する記事を書きまして、うつの人は、責任感がないとか、いろいろ厳しいことを言いました。
アフガン米兵が民家を襲撃!米兵自殺80%増加中?!《米兵とうつ病のニュース》

先日、茂太先生の本をぱらぱらと見ていて、気づきました。やはり、うつの人は、愛情不足なんだなと。

これは、先回私もそういうことも言っているつもりでしたが、「良心の声を聞く」ということを重点に話したので、すでにうつ病の人には、厳しい内容になってしまいました。

そもそも、私たちは、家族や人間関係で十分な愛情を受けられないことが重なって、うつ的な症状になるのではないでしょうか。
人との信頼関係、情関係というのが、本当にネックです。

茂太先生の話を聞いていると、私の肩肘張っていたものが、自然にゆるんできたような気がします。

自分自身を、愛してあげる。誰よりも、「あばたもえくぼ」で愛してあげることが、必要なんですね。自分自身を評価し、自分自身の一番の味方になるのが、私たち自身であるべきですね。

落ち込んでいる人、自己嫌悪に陥っている人、「自分なんか」とつい思ってしまうという方に。
茂太先生が「もっと自分自身を愛しなさい」と言っておられますよ。

いつでもだらだら、しまりがないのも困りますが、たまには、息抜きをして、自分への褒め言葉、探してみましょう。

これは、ホ・オポノポノにもそのまま通じますね。
自分自身に言ってみましょう。
ありがとう
ごめんなさい
許してください
愛しています
この言葉を繰り返して言うだけで癒しになり、問題も解決されるといいます。

言ってみましたか?
きっと、少し、あるいはかなり、気持が楽になったのではないでしょうか。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:捧ぐ
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います






「うつ」と明るくつきあう本   * いい言葉は、いい人生をつくる
斎藤茂太