さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年03月15日

南風と天の使いたちの会話?!「日の光」金子みすゞ詩の世界33


春だ春だよ、万歳!! 万歳!!



日の光


おてんと様のお使いが
揃って空をたちました。

みちで出逢ったみなみ風、
(何しに、どこへ。)とききました。

一人は答えていいました。
(この「明るさ」を地に撒くの、
みんながお仕事できるよう。)

一人はさもさも嬉しそう
(私はお花を咲かせるの、
世界をたのしくするために。)

一人はやさしく、おとなしく。
(私は清いたましいの、
のぼる反り橋かけるのよ。)

残った一人はさみしそう。
(私は「影」をつくるため、
やっぱり一しょにまいります。)



南風が吹く季節が近づきました。
この天の使いの三人は、嬉しそうに自分の使命を話します。いかにも春の使いらしく、明るい光を地にまいたり、花を咲かせたり、虹をかけたり。

しかし、この四番目のお使いの使命を聞いて、ただのメルヘンチックな詩ではないな、と思わされます。
「私は影を作るために一緒に行く」のだと。
美しい春の光、光があれば自ずから影が生じる、光と影はセットなんです。
春は明るい陽射しがあふれ、花が咲く美しく温かい面だけではなく、必ず影は欠かせないということのようです。

また、よく考えてみると、三番目のお使いの使命もすごいです。
「清い魂の昇るそり橋(虹)をかける」
春に旅立つ人は、こんな虹の橋で、あの世に送られるのかなぁと、想像すると、優しい気持ちになります。

いつの季節にも、神さまが準備した明暗というものがあるんですね。その中には様々に、優しい配慮がある気がして、何度も温かな気持ちにさせられる詩だと思いました。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:春だ春だよ、万歳!! 万歳!!
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



posted by kuri-ma at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 金子みすゞの詩の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする