さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年03月13日

震災後1年、あの子は今?!…昆愛海ちゃん


立入禁止。


「生きてるといいねママお元気ですか」
(ふみ)に項(うな)(かぶ)し幼な児眠る


<手紙>と題した皇后さまが詠まれた歌







私は美談が好きです。感動的な話というのは、人から人へ伝わるもので、一般にみな好きなんではないでしょうか。

2日連続で取り上げた辺見庸さんは、3.11以後、マスコミが流す、美談の数々に辟易としたということですが、対抗するわけではありませんが、被災地の生々しい状況を隠すように感じられる部分があったとしても、私は美談の方がよいです。

美談の中にも、被災地の厳しい現実はしっかり現れていて、私たちはそこから、気持が動かされ、引っ張られるのです。なんとかしなければ、と思うのです。

昨年の3月末、読売新聞に載った昆愛海(こんまなみ)ちゃんの写真とその母への手紙に心を動かされた方は多かったと思います。

06c9570c_20110401215646.jpg

ままへ

岩手県宮古市の昆愛海ちゃん(4)が22日午後、「ママに手紙を書くの」と言い出した。親戚の家のこたつの上にノートを広げ、色鉛筆を持つ。1文字1文字、1時間近くかけて書いた。
「ままへ。いきているといいね。おげんきですか」。そこまで書いて疲れたのか、すやすやと寝入った。両親と妹は11日の東日本大震災による津波にさらわれ、今も見つかっていない。

産経の記事でも「たみちい(寂しい)」と言っていた愛海ちゃんのことばが見出しになっていました。(昆愛海ちゃん関連のニュースは記事の最後にまとめました)

皇后さまが詠まれた歌にも、産経新聞の読者が昆愛海ちゃんに送った手紙にも、心を動かされたからこその思いが込められ、思いやりの行為となったのだと思います。

一年前の大きな犠牲を忘れずに、亡くなった一人一人が遣り残したこと、心残りなことを、代わりになれないまでも、代わりにやっていきたいと思うのです。
残された子どもたちが幸せになること、そして私たち一人一人が幸せになること、美しく誇らしい日本の国にすることが、一番の供養だと、思うのです。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:立入禁止。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います





ラベル:昆愛海 皇后さま
posted by kuri-ma at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする