さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年03月07日

プーチン時代は続く?!圧勝に導いた不正の方法とは?


2012.03.03 みなとみらい 安曇野から雪


投票は弾丸よりも強い。

リンカーン












プーチン首相が、大統領への返り咲きを決めました。プーチン反対派の勢いを考える時に、それでもプーチンの力が優ったか、とも取れる6割越の圧勝でした。

しかし、先の首相戦でも不正が叫ばれたように、今回も不正投票があったのではと指摘されています。米政府からもロシア政府に調査を行うように呼びかけたということですが、さて、ちゃんとした調査をするでしょうか。(するものなら、不正などしない、ということでしょう。)

今回の大統領選を監視した欧州安保協力機構(OSCE)は、透明性という点で進展が見られたものの、選挙運動は当選したウラジーミル・プーチン首相陣営に大きく有利な条件の下で行われた上、OSCEが調べた投票所のうち約3分の1で、手続きに不審な点があるなどの問題がみられたと発表していた。


野党陣営は、1人の人物が不在者投票用の文書を使って複数の投票所で複数回投票するいわゆる「回転木馬投票」などの不正投票があったことをうかがわせる事例があったと主張している。

 AFPの特派員は、郊外の労働者を乗せた約100台のバスがモスクワ市内を走っているのを目撃した。モスクワ市内で投票させるため与党を支持する青年運動組織「ナーシ」が手配したものだが、野党は複数回投票させることが目的だったとしている。

プーチン支持派が10万人も集まって、勝利宣言をしたということですが、反対派の集会は、許可を得てあったモスクワのデモ集会からも、逮捕者が多く出ました。

100台ものバスを記者が見ているということですが、それがほんの一部かもしれません。そのバスが、投票所を巡回したとすれば、圧勝も簡単なことですね。
また、10万の人たちは、全国から集めてしたと考えれば可能です。不正を担当した100台か何百台(もっと?)のバスの労働者たちも、そのまま参加したのでしょう。

人々は不正に気づいています。まだ、プーチンの反対のための反対であり、じゃあ彼を引きずり降ろしたら、誰かがロシアという大国をまとめられるかといえば、それも簡単なことではないでしょう。
(いわんや、ウクライナの女性権利団体「FEMEN」のトップレス抗議は、毎度のことながら・・・です。)

しかしながら、ロシアで火がついた、プーチンへの批判、不正選挙への批判は、今後も収まらないでしょう。いくら抑えようとしても、中東の一連の革命がそうだったように、留まる勢いではないだろうと感じます。
逮捕されたり、抑えられたり、せき止められればられるほど、その堰が崩れた時は、恐れを知らないし、留まるところを知らない力を生むことでしょう。

今笑うプーチンは、彼が力という力を(不正に)使った分、自分でクビを締めたのです。正義の人で通しきるのはもう難しいでしょう。反対派の怒りを買っていますから、いつか引きずり降ろされる時には、ただではすまないでしょうね。

「投票は弾丸よりも強い」ということならば、不正の弾丸が自分に返ってくれば、どんなに恐ろしいかということです。

独裁者の最期に間違いなく、近づいていると私は感じています。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村
写真は:みなとみらい 安曇野から雪
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



2012年03月06日

早春の呼吸?!「身構えているもの」若者たちに語り掛ける宮澤章二の詩5


春の雪。



身構えているもの


早春の風の声を 胸に受けとめながら
ひとりひっそりと呼吸を整え
力を溜めて 身構えているものたち

枝の先の 新しい花のつぼみ
薄ら氷(ひ)の下の 小川に育つさかな
厚い土のなかの 若草の芽

自分の呼吸は自分で整えなければならない
自分の力は自分で溜めなければならない
― それこそ 自らが生きている証拠

聞こうと身構えているものたちの
泳ぎだそうと身構えているものたちの
伸びようと身構えているものたちの
熱い気迫が むんむんとあふれる
そんな 早春の大地に 私も立っている


宮澤章二
「行為の意味 青春前期のきみたちに」より



蕾、そして芽吹き、寒さの中にも、新しい季節が近づいています。
まだ厳しい張りつめた空気、冷たさの中に春の気配を感じる。。。

「自分の呼吸は自分で整えなければならない
自分の力は自分で溜めなければならない」
それが私たちの「生きている証拠」だと言います。

お膳立てされたもの、すでに準備されたものは、ほとんど整っているけれど、最後の呼吸は自分自身で整え、覚悟を決めなければならないということでしょうか。

早春というのは、自然のなかにある、辛抱強く時を待っている、「身構えた」空気、息使いをいろんな動植物の中に見るんでしょうね。
自然の中の気を感じるというのは、そういうことなのでしょう。

青春前期というのは、思春期のことでしょうか。早春というと、特に中学生くらいの思春期成り立ての姿を連想します。
作者が、そんな若者たちからも、熱や気を感じ、刺激を感じていたのかもしれない、とふと思わされました。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:春の雪。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


宮澤章二
「行為の意味 青春前期のきみたちに



2012年03月05日

「勇気の系譜」…?!若者たちに語り掛ける宮澤章二の詩4


2012.02.22 和泉川 伐採


勇気の系譜


勇気は 人間のいのちの根源に在(あ)った
だから ぼくら人間の生き方を支えた

数えきれぬほどの歳月を
豪雪や洪水や日照りの 数万年を
生きぬき たくましく耐えさせたのは
転んでも起き上がる人間の勇気であった

たとえ一瞬でも勇気を見失うとき
僕らの精神はたちまち頼りなく崩れ
身体さえ 海綿(かいめん)のようにふやける

発言する人間の 根源に
行動する人間の 根源に
はるかな祖先から流れ続けて来た勇気は
いまもさわやかに 生き生きと光る
その火を だれも消すことはできない


宮澤章二
「行為の意味 青春前期のきみたちに」より



七転び八起きですね。

勇気は自分で奮い起こしたもの、ではあるのですが、きっと覚悟を決めた瞬間に、何かからエネルギーをもらうのです。
勇気というものは、祖先から受け継いできたものだと、宮澤さんは言います。
だから、勇気の火は消してはいけないと。

勇気というのは、もらうものだったのですね。そして受け継ぎ、また人に「はい」と渡してあげるもの。
自分の思いを捨てて、勇気を奮い起こしたということは、素晴らしいことですが、実は自分だけでできたことではないのでしょう。
それは、先祖や先人たちの願いだったのに違いありません。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は: 伐採 by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


宮澤章二
「行為の意味 青春前期のきみたちに