さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年03月10日

「君たちが歩くとき」一人ではない?! 若者たちに語り掛ける宮澤章二の詩6


2012.02.22 和泉川 芽吹き


明日、3月11日は東日本大震災から1年を迎えますが、
「思いは見えないが 思いやりは見える」で知られた
宮澤章二さんの命日でもあります◇

君たちが歩くとき


君たちが歩くとき
君たちは一人ではない
隣りにも 前にも 後ろにも 
君たちの仲間がいる

仲間のすべてが 汗だらけの顔で笑う
仲間のすべてが 信じ合う声で歌う
その顔にかがやく 君たちの希望
その声が呼ぶ 君たちの未来
君たちの心のカメラは 
大自然のよろこびをとらえ
人間同士を結びつけるきずなの太さを写す

君たちが歩くとき 
君たちは一人ではない
隣りにも 前にも 後ろにも 
同じ道を行く仲間がいる
互いに支え合う仲間がいる




宮澤章二さんは、2005年の3月11日に家族が見守られる中、85歳で亡くなっています。
約300校もの校歌を作詞された実績とともに、30年間の長い期間、埼玉の教育関係の冊子を通して、毎月中学生に向けて詩を贈り続けました。それがライフワークになっていたということです。

昨年の大震災以後、ACジャパンの広告を通して脚光を浴びた詩「行為の意味」のフレーズは心に残るものですが、そんな温かく心に響くメッセージ的な詩を多く作り出してくれました。

今回調べてみると、3月11日、大震災の日が命日だということ。同じ日が命日だということ、また震災を機に脚光を浴びたということ、それは偶然のことではないと思います。

また、3月は命日のある月だったので、私が何篇も取り上げたのは、たまたま詩集を手にしたからなのですが、彼が詩を通して若者だけでなく多くの人たちに、激励の言葉をあげたいその想いが、いつの間にか伝わって、そうすることになったのかもしれません。
宮崎章二さんの月みたいになってしまいました。

命日というのは亡くなった人にとっては、お誕生日のように大切なものだといいます。その日には、家族や地上の私たちの側に来れるとか、言われたりしますね。
供養というのはその人が喜ぶことをしてあげることですが、命日だけでなく、11日の月命日、そして三月が命日なら、その月を供養月と考えて、特に意識してあげるといいようです。

月命日といえば、私の父も(ホイットニー・ヒューストンも)先月の11日が命日ですし、9.11の犠牲者も同じ月命日同士、ということで明日11日は、犠牲者を悼む日になりそうです。

今日紹介した詩は、以前、詩「行為の意味」と一緒に紹介していますが、彼の30年間の若者たちへのメッセージを凝縮した詩集「行為の意味 青春前期のきみたちに」、その巻頭詩となっているものです。

震災後にふさわしい「きずな」を表すパワーをくれる詩だと思います。


今日もよい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:芽吹き
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


宮澤章二
「行為の意味 青春前期のきみたちに





2012年03月09日

なぜ?!相次ぐ立川の「孤独死」事件に思う


単独紅。


三つの不幸がある。
若くして父を失うこと。
中年にして妻を失うこと。
老いて子なきこと。


(中国のことわざ)











老親子の孤独死が発見されました。その前にも母子家庭の孤独死という事件があった同じ立川市で起こっていますが、これは全国どこでも起こり得ることなのでしょう。

東京23区内だけでも年間の孤独死は3000人にのぼるといいます。

立川市の2件の例は、年齢は違いますが、介護者であった娘、あるいは障害児の母親が死亡(おそらく急死)したために、一方も衰弱死あるいは餓死したものと思われます。

一人暮らしではなく、二人で暮らしていたのに、そういう悲劇がおこることもあります。二人であったとしても、孤立した家庭であれば、いずれは一方が孤独な一人暮らしになってしまいます。

孤独死の背後には、家族関係の薄さがあります。
社会全体に近隣の関係が薄いということも、もちろんそれに追い討ちをかけています。行政サービスでは追いつかない状況なのはあきらかでしょう。

NHKで言っていましたが、港区では増加している一人暮らしの老人のうち、28%が独身者だといいます。
都市部では結婚しない人が確かに多いでしょう。独身でも生活していけるし、逆に楽に生活できるかもしれません。独身貴族といいますから。しかし、年を取ってからは、それがアダになるのではないでしょうか。
老人が暮らしていくにも、不便が伴います。

また、離婚者も増えています。離婚家庭で、一人暮らしとなり、血縁はいたとしても疎遠になるケースも多いんでしょうね。

ホイットニー・ヒューストンの記事をなぜ載せたかというと、彼女は若くして亡くなり、急死だとはいえ、孤独死とはいえないのですが、元夫への態度を通して、離婚者も孤独だなと感じたからです。
彼女は離婚した夫への遺産はいっさいなし、と徹底して関係を絶っています。いくら離婚しても娘の父親なんですが…。彼の場合は新しい家族がいますが、いるいないよりも、家族の絆の強さが問題になるかと思います。

最終的に亡くなる時に、自分の死を悼んでくれる人がどれほどいるのか。それは生前、心配してくれる人がどれだけいるかです。
親兄弟が仲がよければいいですが、親は年を取りますし、そういう家庭では兄弟も仲が悪かったり、関係が薄いことも多いのかもしれません。そして、兄弟や友人も年を取っていきます。

核家族が分解して、個人だけが生きる、単身家庭が増えている状況、あるいは上記のニュースのように、一人ではなかったとしても、孤立したような家庭が多いのだという現状は、とても憂えるものだと思います。

どんな状況だったとしても、関係を作っていく努力が必要です。
縁があって家族になったなら、その絆を切らないように、工夫していかなければならないですね。
またいろんな事情で、一人暮らしや、二人暮らしの家庭は、ひっそりと暮らすだけではなく、家を行き来できる関係を作っていってほしいですね。

私の親は幸い弟の家族と同居しています。もしも両親が二人暮らしだったとしたら、父が亡くなった今、母だけになるということで、心配がつきないでしょう。

できるなら、親子孫三世代の家族が理想的だと私は思います。核家族、個人主義の生活の中では、お年寄りに愛情を感じることはできません。親が与えられないものを祖父母が子どもたちに与えてくれます。
親と同居するのは、面倒くさい内容もありますし、絵のような理想的な家族になるのは難しいと思いますが、それでもいいではないですか。
笑顔を向ける相手が、家にいるのはよいものです。

そして、家族だけがよければよいのではなく、社会にも関わり、何らかの形で役立っていこうとすれば、関わった分だけ、人に役立った分だけ、幸せが来ますから、孤独死に縁遠くなるのです。

孤独死というのは、徳切れの証拠。生きている間に孤独は回避しておきたいものです。
そして、これは日本全体が徳切れ状態だということなので、自分の回りも孤独な人がいないよう気を配っていきたいです。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村
写真は:単独紅。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 ホイットニー・ヒューストンの名曲?! I Will Always Love You 歌詞・日本語訳も
 W・ヒューストンと同日に父が他界しました?!



posted by kuri-ma at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

逃げ惑う子どもたち「まるで中世の大虐殺」《シリア・ホムスのニュースなど》


寄り添って。


たたかう者はその身を忘るるものなり、
その親を忘るるものなり、
その君を忘るるものなり。


荀子











まるで逃げ場のない屠殺(とさつ)場のようだと、脱出したイギリス人記者は話しています。
攻撃は毎朝6時30分に始まり、「戦地で使用する武器を使って順々に各地区を移動して」いった。現地では電気、水道が途絶え、食糧も乏しく、人道的状況は「惨事以上のものだ」った。

亡くなった二人の外国人記者の遺体は、パリに到着したようです。それも不可能かと言われていたのですが、よかったですね。

ただ、現地の人たちは逃げ場のない中にまだ置かれています。
赤十字軍も入れない状況だとか。

上に関連の記事などを添付しています。
そもそも、政府軍が攻撃している相手は誰だったのか、についてもニュース記事をあげています。勢力はまだ弱いようですが…。

政府軍を大量虐殺に駆り立てているものは何なのでしょうか。
荀子の言葉を上に紹介しましたが、彼らはその身を忘れてしまい、その親を忘れてしまい、君主も忘れてしまったのでしょうか。
戦争は自分の側が勝つことしか考えられなくなり、愛したり、労わり、尊敬することを、忘れてしまうのでしょう。

巻き込まれている民間人、子どもたちを早く地獄のような所から、解放してあげたいし、無事に過ごしてほしいですね。ただただ祈るばかりです。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村
写真は:寄り添って。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 「命を掛ける意味?!」シリアで犠牲の記者etc.《ジャーナリストのニュース



posted by kuri-ma at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東・イスラム圏、インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする