さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年03月16日

再臨、そして昇天まで?!スティーブ・ジョブズの伝記を読みました「スティーブ・ジョブズU」1


2313082920_27ce2a886e.jpg


僕らは自分が持つ才能を使って
心の奥底にある感情を表現しようとするんだ。
僕らの先人が残してくれた
あらゆる成果に対する感情を
表現しようとするんだ。
そして、
その流れになにかを追加しようとするんだ。
 そう思って、僕は歩いてきた。






スティーブ・ジョブズは頭がいいのではなく、むしろ天才、ジーニアスであり、「魔法使いのような天才」というのがふさわしいといいます。


スティーブ・ジョブズTの紹介を書いてから、ずいぶん時が経ってしまいました。
彼式でやれば、iPadに取り込んでいつでも持って歩き、いつでも活用すればいいのでしょうが…、私は持っておりません。図書館の順番待ちで、ここまで遅くなりました。
Tを読んだ時は、買うほどの魅力は感じなかったので、恐ろしい数の順番をひたすら待つことにしたのです。

本は好きですが、本当に好きなものしか買いません。それも新刊ではなく、アマゾンで中古のものを安く探します。そして、大体は図書館で借りることにしています。そうでなければ、狭い我が家は本で埋め尽くされてしまうでしょうし、費用もバカになりません。読みたいものをすぐに読むことができないのが、大きな問題ですが、今のところは倹約主婦にとってはそれでよしとしています。

しかし今後は図書館や教育の方法も大きく変わるべきでしょうね。
孫正義氏が日本の教科書を廃止し、電子書籍にすればいいというようなことを昨年話していました。ジョブズも同じようなことを言っています。そして、子どもたちはiPadのようなものを皆持てばいいのです。

いずれ、なるでしょうが、邪魔なものを取り払う人がいない限り、その交代はスムーズにはいかないでしょうね。教師も子どもも楽になり、効率的に楽しく勉強ができるのは明らかですが。(教育界にそれを進めるジョブズのような人がいればよいのですが…。)
電子書籍を購入するのがもったいないというような私のような人間は、図書館の電子書籍化は願ったり叶ったりですが、それも同じく、もうひとつの革命が起こらない限り難しくも感じるのです。

ジョブズの思い描いた世界、それは一部では実現していますが、大半はここからが出発のような前時代のままです。
やはり、革命家か、魔法使いが必要でしょうか。でなければ、私たち自身が小さい革命家となるか、魔法をマスターするしかないでしょうね。


彼の生涯と一緒で、スティーブ・ジョブズTよりもUの方が魅力的な内容といえるかと思います。
Tは、彼の生い立ちと、初期のアップル、また彼がそこを追い出されるまでの内容が主になっています。

Uはどうかというと、「再臨」「王政復古」という章題で進んでいきますが、彼がアップルに復帰し、iPod、iPhone、iPadなどの製品や、iTunesストア、アップストア、 iCloudなどの業界自体を新しく生み出す、彼の「作品たち」を生み出していくその過程、また病気との闘いまた最期の時まで、彼の批判を受けてきた内容も含めて、成功と発展のエキスが詰まった内容になっています。
一般の成功ノウハウを求める人たちにも、当然参考になるでしょう。

彼ほど、信念と熱意で物事を進めていった人はいないでしょうね。

Tでは、変わり者の天才、しかし近くに寄るほど危険人物、という感じで、ともすれば彼が主張するものは単なるこだわりにしか見えてきません。
彼の出生の複雑さ、そして性格の過激さと複雑さ、それがTの後半にあった実母や妹と再会し、また結婚することで、また辛い経験なども彼を丸くしたのでしょう。

ジョブズが、信じるところを貫き、本物を創り出そうとしてくれ、それをやってのけてくれたことで、私たちは大きな恩恵を受けています。

この伝記の中では、彼の実績があまりに大きいからか、クロースアップはしきれていませんが、ジョブズは家庭を持ち、妻子を通して、さらに本物というものの価値を知ったのではないでしょうか。
家庭の存在が革命者を革命者たらしめ、愛という原動力が、魔法使いの魔法を導き出した、といえると思います。

音楽業界を革命したと言われるiTunesで海賊版のダウンロードを締め出し、さらにiPadとアップストアでは書籍・報道・テレビ・映画にいたるあらゆるメディアに変革をもたらしました(進行形ですが)。
アプリに対しての管理で、ウィルス、プライバシーの侵害に当たるアプリに加え、批判も受けていますが、他人を中傷する、政治的な問題を引き起こす、またポルノだと判断したアプリも禁止しています。
特にポルノに関しては反対が激しかったようです。

彼は言っています。

「プライベートなデータを盗むプログラムからの自由。ポルノからの自由。そう、自由なんだ」

「子どもが生まれれば、ポルノについて考えが変わるかもしれないと思うけどね。ここで問題なのは自由かどうかじゃない。ユーザーのために正しいことをしようとアップルが努力しているって点なんだ」


家庭人となった時に、独身では見えなかったかもしれない答えを見つけられたのではないでしょうか。

「がんと診断されたとき、神だかなんだかと取引した。リード(息子)が卒業する姿を見たいってね」

そして息子さんの卒業式の時、筆者に送ったメールです。

「今日は最高に幸せな日だ。リードが高校を卒業する。いま、この瞬間に、だ。そして、まず無理だと言われたけど、僕もここにいる」

また、その息子を見ながら彼が言います。

「僕が病気になってある意味良かったと言えることは少ないけど、そのひとつが、リードが優れた医師とじっくりいろいろな研究をするようになったことだ。熱心にやっている姿は、僕が息子くらいの年にコンピューターにのめり込んだのとそっくりだ。21世紀のイノベーションは、生物学とテクノロジーの交差点で生まれるんじゃないかと思う。僕が息子ぐらいのころデジタル時代がはじまったように、いま、新しい時代がはじまろうとしているんだ」

未来というものにまで、本物を見極めるヒントをもらっていますね。
彼が大切にする仕事に対する「モチベーション」も、きっと家庭という愛すべき基本があればこそ、良いものに保つことができたのだと思うのです。

もしそうでなければ、彼はもっと危険人物になっていたかもしれません。
奥さんのローリーン・パウエル、彼女の存在こそが、悪に行くかもしれなかったし、その前に自爆するかもしれなかった彼を、よい方向に導いたと私は思います。

スティーブ・ジョブズUの紹介はまた折につけてしていきたいと思います。

今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
  



posted by kuri-ma at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スティーブ・ジョブズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

南風と天の使いたちの会話?!「日の光」金子みすゞ詩の世界33


春だ春だよ、万歳!! 万歳!!



日の光


おてんと様のお使いが
揃って空をたちました。

みちで出逢ったみなみ風、
(何しに、どこへ。)とききました。

一人は答えていいました。
(この「明るさ」を地に撒くの、
みんながお仕事できるよう。)

一人はさもさも嬉しそう
(私はお花を咲かせるの、
世界をたのしくするために。)

一人はやさしく、おとなしく。
(私は清いたましいの、
のぼる反り橋かけるのよ。)

残った一人はさみしそう。
(私は「影」をつくるため、
やっぱり一しょにまいります。)



南風が吹く季節が近づきました。
この天の使いの三人は、嬉しそうに自分の使命を話します。いかにも春の使いらしく、明るい光を地にまいたり、花を咲かせたり、虹をかけたり。

しかし、この四番目のお使いの使命を聞いて、ただのメルヘンチックな詩ではないな、と思わされます。
「私は影を作るために一緒に行く」のだと。
美しい春の光、光があれば自ずから影が生じる、光と影はセットなんです。
春は明るい陽射しがあふれ、花が咲く美しく温かい面だけではなく、必ず影は欠かせないということのようです。

また、よく考えてみると、三番目のお使いの使命もすごいです。
「清い魂の昇るそり橋(虹)をかける」
春に旅立つ人は、こんな虹の橋で、あの世に送られるのかなぁと、想像すると、優しい気持ちになります。

いつの季節にも、神さまが準備した明暗というものがあるんですね。その中には様々に、優しい配慮がある気がして、何度も温かな気持ちにさせられる詩だと思いました。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:春だ春だよ、万歳!! 万歳!!
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



posted by kuri-ma at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 金子みすゞの詩の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

アフガン米兵が民家を襲撃!米兵自殺80%増加中?!《米兵とうつ病のニュース》


希望の光








イラク戦争以降、米兵の自殺率が80%増加というのは、イラク、アフガニスタン等、どれだけ凄惨な任務だったかを、伺えます。

自殺者の大半は階級の低い若い白人男性で、うつ病その他の精神疾患の既往歴のある人が多かった。自殺者数の増加にともなって精神的な不調を訴えて診察を受けたり入院する例も増え、03年比で約2倍になったという。現役兵士の5人に1人が精神疾患で外来診察を受けたことになり、「公衆衛生上の問題が広がっている恐れがある」と報告書は警告した。

若い兵士に多く、3分の1は戦争未経験者といいます。現役兵士の5人に一人が精神疾患で診察を受けたというので、確かにこれは、問題あり、でしょう。




アフガニスタンにおける米兵のちょっと理解できない残虐な行為を聞きましたが、(民家襲撃、タリバン兵に放尿…上記)モラルの低下もあるでしょうし、鬱屈状態の人が多いのでしょうか。
戦争というのは、本来あるまじきもので、その最前線に立つというのは、生半可なものではないでしょう。若い兵士には特に、ダメージが強いのかもしれませんね。

兵士だけではなく、アメリカでは一般的にもうつ病が増加しています。
10人に1人がうつ病、その3人に1人が重度のうつ病という発表もありました。その調査結果では、貧困層に多い結果とともに、65歳以上より、若年層に多いということでした。

うつ病のリスクが高まる要因として、就寝時間が遅く睡眠時間が短い、肥満、喫煙、飲酒などがあげられますし、慢性疾患を抱えていると悪化しやすい傾向があるとのこと。
現代人の生活は、夜更かしで、食生活も悪く、悪いものだらけですが、そういう環境的なものは誘因であって、人間関係のストレスなどが一番の原因のようです。

日本でもアメリカのことをいえません。周囲にうつ病の人は必ず何人もいるのではないでしょうか。私も、周囲や身内の中にも、1人ではなく何人もそういう人を知っています。
そういう人は大体は、昼夜が逆転することが多いようです。
やはり健康的に、早朝に起き朝日を浴びるべきですね。

私が知っている人たち、また過去相談を受けた内容から考えると、うつ病というのは、人間関係、特に夫婦関係がネックだなぁと感じています。
子どもにそれが現れるのは、親が離婚・不仲、というケースがとても多いです。本人にその問題がある場合もあります。
不倫問題が絡んでいると、とても複雑になりやすいです。
今からでも、夫婦の関係を修復できれば、子どもさんの問題は解決しやすいです。

どうして、夫婦に問題が起きたり、関係が薄くなるかといえば、もともとの家族、親子の関係が悪かったり、希釈だったりするのです。また、親や祖父母に男女問題があると、それに拍車が掛かるようです。

もっと根本は、物事の善悪の判断基準が曖昧になっているということです。見えない神さまを信じることができず、見えない心、良心の基準が低くなってきているのです。
モラルを無視し、自分の良心に従って生きるということができにくい世の中になってしまっているのかと思います。
宗派宗旨に関わらず、見えない神仏を信じ、天を怖れる生活から遠のいていると、良心の声が聞こえなくなってきます。

共産主義の弊害のひとつは、責任を取らないことだと、元共産国を見ながら強く感じてきました。共産主義は神さまを信じません。モラルが低下し、良心というものも、どこかに置いてきていることが多いように見受けられます。

米兵の中に精神疾患者が多いというのは、イランやアフガンへの戦略に違和感があったり、引いているのでしょうか。明確な吸引力のある戦略になっていないのが問題なのかもしれません。使命に燃える人は精神的に病みはしません。

しかし、アメリカや日本の国内でもうつ病が増加しているということは、何かに自分から責任を持ってやり抜こうという気概をもてない人が増えているのではないでしょうか。周囲のせいばかりではないですね。
モラルの低下、これはすなわち無責任であり、良心的でないということです。

うつ病を克服する一番の道は、良心の声を聞くことです。それは見えない神さまを探すことに通じるのですが。
行くべき道だと、良心が叫ぶ方にいつも自分の心身を向けていけば、他人が乗り越えられないという道でも、軽く越えていけるのです。
(重度のうつ病になっている人には、周囲の助けが必要ですが。)

また、うつ病になりやすい、人を信じられない、生きる力が弱い世の中になっていることは確かでしょう。良心に生きているとは思えない人が、大手をふるって歩いているように見えます。
純粋な人、真面目な人、責任感の強い人がうつ病にかかりやすいといいます。一生懸命やってきたものを、つまづかせ、動けなくするものがあります。

それが私の場合、「恨み」の思いでした。
わたし自身が、うつ状態に近かった時、もともと責任感が強いと自認していた私が、そんなことはどうでもよくなって、自分の考えに固執していました。
その時は、ある人のことを恨んでいました。その気持ちが解放されるまでは、全てをその人のせいにして、堂々巡りの考えの中に落ち込んでいました。

不当なことをされたと思っていたその時の私にとっては、恨むのが当然というような思いでしたが、結局は自分に毒になりました。

アフガンで民家を襲撃した米兵も「恨み」の権化になっていたのではないでしょうか。
タリバンの死体に放尿するという行為も、良心の声が聞こえにくくなっているように見えます。

自己中にどんどん陥っていく、それがウツ的な症状です。しっかりしていた自分の姿がどんどん崩されていくのがうつ病です。
うつ病を疾患するケースには、「いい人だったのに」そう言われるような人が多いのです。

誰でもが、うつ病を抱えるリスクをもっています。
人間関係、家族の関係、夫婦の関係が、その原因と言い切ってしまっても間違いではないでしょう。
信頼関係を作る、自分の心をシェアできる人を作ること、また自分の良心の声を聞くこと、そしてその良心に従って行動できるようになれば、うつ病はいつの間にか克服されています。

目標を明確に持ち、心に決めるならば、辛いことも案外越えていけます。しかし、ふらふらと信念もなく過ごし、辛いことに不満や批判ばかりしていても、解決にはなりません。自分を被害者にすることは、人生にとってマイナスになるようです。

責任を持つ、ということは、どんな状況であってもあきらめない思いを生みます。自発性を生みます。

良心の声を聞くために、またもっと心が元気になるための提案です。

毎日、朝日を浴びて伸びをする。そして、誰かに思いを伝えるようにお祈りや瞑想をする。
元気な人できる人は、今日一日の予定を確認しながら、大切な人の名前をあげながら、その無事を祈っていく。そして、夜は感謝のお祈りをして、気持ちを落ち着けて休む。
これが一番です。もともと小さい私の心を閉じ込めてしまうから、動けなくなってしまうのであって、充電してあげなければなりませんね。

今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:希望の光
by (C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

*この記事では少し、「うつ」に厳しめの話になってしまい、
 反省してこんな記事を作りました。
 「うつ」かなと思ったら、愛情不足?! 《斉藤茂太の言葉+うつ病のニュース》
  癒されると思いますよぴかぴか(新しい)