さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年02月24日

女性専用車両を「性差別」で告訴?! 男女の違いと男女平等って?


なかよし


私は女性が愚か者であるということを
否定はいたしませんが、
全能の神は
男性につりあうように女性を作られたのです。


ジョージ・エリオット











女性専用車両が性差別だと男性団体が鉄道会社を訴えたとのこと(チェコ)。
いつぞやデンマークのホテルの女性専用フロアに対しても、匿名の抗議があったと言います。→こちら

女性権利団体だとか、動物愛護団体だとか、一見良さそうな名前の団体の中に、なぜか過激だったり、ちょっとやりすぎじゃないとか、ひがみや嫌がらせとしか捉えられないような行動を取る人たちが結構いるんですね。(もちろん全てではないと信じますがけど。)
何かの権利を行き過ぎるほど求めるのは、フェアじゃないし、大方の他の考え方の人たちのことを考えていない、つまり自己中の極みではないかと思うのですが…。
困るのは、自分たちは正当なことを言っているのだと思い込んでいることでしょうか。

以前にも述べましたが、女性専用というのは、男性を差別したり人権を認めないものではないでしょう。
実際、男性の中に女性によからぬことをする人たちがいるわけで、例えば痴漢の被害者の女性が訴えるのは分かりますが、なんの被害を受けたというのでしょうか。
もうちょっと、気持を広くもってほしい、その方が世の中は平和になると思いますよ。

きっとこの団体の人たちは、女性から相当ひどい仕打ちを受けた恨みがあるのかもしれません。女性は弱いだけのものではありませんし、きっと恨まれても仕方のないような女性もいるのでしょう。私怨を、こういうものに向けるのは、かっこよくはないにしても。

男女平等問題で深刻なのは、中東やアフリカなどの地方です。
昨年発表された国連の世界食糧農業白書によれば、農村部の女性が男性と同等の権利を持つようになれば、農業生産高は上がり、飢餓人口を1億〜1億5000万人ほど減らすことができるのだそうです。

女性専用車両が性差別なんていう訴えが、いかにトンチンカンで狭量なものか、ということです。
世界で苦しむ女性たち、それゆえに豊かになれず、飢えて死んでいかなければならない子どもたちのことを考えれば、もっと広い心になれはしないでしょうか…。
きっと心ある男性たち、女性たちには分かっていただけることでしょう。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:なかよし
by (C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 男女の違いが男女の問題を生む?!【男女のニュース】
 アフガンの女性たち〜強姦され逆に姦通罪で服役「加害者と結婚するしかない」、トイレに5ヶ月監禁15歳妻など



posted by kuri-ma at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする