さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年02月23日

人間は本来「いじわる」ではない?!北海道の雪原で鶴の舞…《生物学のニュースなど》


雲の糸〜レインボー〜


宇宙には緊急な、致命的な、
動かせない法則がある。
なければならぬ。
そしてその運命を取り囲む千の恵みがある。


ロダン











「人間は根っからの意地悪ではない」というのは、頷ける研究結果です。

人類を「競争好き、攻撃的、野蛮」であり、「人間性の中核を成す性質は『意地悪』だが、この上に薄っぺらではあるものの、道徳性を身につけた」。というのが、わずか12年前までの、生物学での考え方だったのだそうですが、それが誤りだと証明されつつあるのだとか。
霊長類行動学の第一人者が発表した内容によると、人間だけでなく、動物はもともと科学的な意味で「道徳的」なのだそうです。
動物が生まれながらに「互恵、公平、共感、慰め」に関して社会的な性質を持っていることが研究で明らかになってきました。
彼は「私は単なるサルの観察者ですから」と笑っていたそうですが、人間社会であっても「共感」というものが確かに大きな作用をするだろうと思うのです。

人間には「いじわる」な面がないとは言いません。
でも、どんな人にも良心というものがあって、いじわるをしようとすれば、心が痛むのではないでしょうか。いつもいじわるに慣れすぎて、痛みにも麻痺することもあるかもしれませんが、基本的にはそうだと思います。

「共感」により、サルやネズミでも仲間を思った行動をするのに、人間がそうでないはずはありません。
「共感」というのは、分かり合う心。昨年大震災を契機に感じた「絆」というものも、共感から生まれたものでしょう。

さて、タンチョウ鶴の美しい求愛のダンスの写真集を載せました。愛というのはこんなにも美しいのか、というような舞ですね。

また、ダンスつながりで、ハチ社会のダンスが、人間の脳内神経の働きとそっくりだという研究です。
そして、ついでに、クモの巣の幾何学的な網目、実は破れにくいのには科学的な根拠があったのですね。なんでこういうことをクモが知っていたのでしょうか。

鉱物や、微小の生物まで、この地球に存在しているものというのは、人間ひとりの体のしくみを何かしら持っているようです。
そして、広がれば宇宙の成り立ちというものも、なぜか人間に似通っているとか。科学が発達すればするほど、人間というもの、宇宙というものが、法則性の中で存在しているというのが分かってくるんでしょうね。

であるならば、その大自然や宇宙に共通のしくみ、法則というものは、私たちにとって、とても大切なもののはず。
人間はいじわるなのが本質ではなく、ちょっと時々それがわからなくなるけれど、本当はもっとすごい存在なんだということを、証明していきたいですね。

人のことを知り合えば、共感の要素が増えていくでしょう。一人一人が価値のある存在だと思えば、いじわるな思いは萎えていくのではないでしょうか。
そう考えると、よい「共感」というのは幸せに結びつくはず。

人間だれでも、どんなに素晴らしい良心をもっていたとしても、ひとりでは幸せにはなれないようです。良心が幸せの種だったとして、人との関わりの中で「共感」し、よい絆を結び合うことが幸せの第一歩だと思うのです。


今日もよい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:雲の糸〜レインボー〜
by (C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



posted by kuri-ma at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする