さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年02月21日

オレンジ合戦にレモン祭り?! 2ヵ月雪で車中に閉じ込められ生還!etc.【ヨーロッパのニュース】


8804615オレンジ by TomoKa.jpg


“災害”にエネルギーをすいとられる人生なんて 
まっぴらごめんだ。
住む人間が好きなことに情熱の
全てをかたむけられる。
そんなまちにしよう。
“めでたい”街に!!


め組の大吾(曽田正人)













スペインでは夏に「トマト祭り(ラ・トマティーナ)」がありますが、冬には「オレンジ合戦」なるものが、イタリアのある町で行われるようです。内容はトマトの場合と似たり寄ったり、まだトマトの赤よりも、色や香りで許せそうな気がしますが、大量のオレンジを無駄にしてしまうということが、私には生理的に理解できません。参加する人たちのストレス発散と、もしも呼べるなら、観光で人を集めるくらいの効果しかないと思うのですが…。つぶれたオレンジはもう食べれませんが、それにまつわる経済効果が、もっとおいしいのかもしれません。

食べ物を粗末にしてはいけない、どうせ無駄にするなら、飢えで苦しむ人たちに贈れないのか、トマト祭りとおんなじコメントで申し訳ありませんが、そう感じて仕方がありません。

フランスである「レモン祭り」というのも、大量のオレンジとレモンを使ってはいますが、美しく作られていますから、まだ嫌悪感は少ないですね。

オレンジとして生まれてくるならば、どうせなら甘くジューシーに実り、人の口に入り、「おいしい」と言われたいのではないか、と思いますが。
同じオレンジ、レモン、トマトとして生まれても、いろんな使われ方、いろんな末路があるんですね。

私がこだわりすぎなのかもしれません。
お祭りというのは、人を解放させます。
みんなが幸せなら、オレンジの海ができても、目をつぶって喜んであげればいいのかもしれません。(そうもいかないと、目をつぶりきれない心が。。。《笑》)


さて、トップに持ってきた、2ヵ月あるいはそれ以上、雪で車に閉じ込められていた人の話、とにかく、無事でよかったです。
ニュースにはその車の写真が掲載されています。

運勢の強い人というのは、いるものですね。
大寒波の中、食料もなく、どうして無事だったのか不思議ですが、雪に覆われて鎌倉状態にでもなって、寒さからも守られたんでしょうか。食料が尽きてからは、雪しか口にしていなかったとして…、すごいことです。いくつもの事柄が重なって奇跡になったのでしょう。
ふいに思い出しましたが、極限状態の時、自分の尿を飲めば、命を繋げられるとか。この人がそうかは知りませんが…。
いずれにしても、閉じ込められたら、精神的におかしくなりそうですが、持ちこたえられた精神力こそが、すごいと思います。


その他、コルシカ島・トーラ湖の美しい姿、シャガール展など、それぞれの記事に写真も複数ありますので、お楽しみください。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村
写真は:オレンジ by TomoKaさん
「写真素材 フォトライブラリー」からダウンロードしました
無断転用はご容赦願います




posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の国々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする