さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年02月19日

男女の違いが男女の問題を生む?!【男女のニュース】


ワインレッドの心。


恋に落ちるのに重力は関係ない。

アルバート・アインシュタイン











男女の性格の違いがあるのは、今更研究するまでもなく、当然のことだとは思いますが、やはりそのような結果が出たようです。

またオンライン上でも、男性は自分の意見を述べる場として使っているのに対し、女性は友人の関係を深める手段として使うことが多いようです。
ブログやツイッター好きは男性の方ですが、コメントに関しては女性の方が頻度が高いようです。
これはやはり男女の性格の差から生じるものでしょうね。いつの時にも女性は家庭や友人縁者との関係性を重要視します。男性は自分の意見を主張し、認めてもらうことがより重要であるようです。

性格の不一致で離婚するカップルが多いようですが、実際性格は一致するはずなどないと思います。男女となれば、天と地ほどの違いがあります。私も夫を異星人のようだと感じています。愛情や信頼というものがあるから、理解できなくても理解しようとできるのであって、もともとある個人や男女の性格の違いを問題にしたら、キリがないでしょう。

実は、この記事に合わせて、AFPのニュースを検索していたら、男女の違いを示す記事がたくさん出てきたのです。ちょっと多すぎるので、また別の機会にしようと思いますが、男女は違うから、ロマンスも生まれるけれども、トラブルも発生しやすいのかなと思います。

もう一つ、男女は大きく違うけれど、男女平等というのは、その差を配慮しないで、どちらかの観点からだけ、言うものではないでしょう。

また、同性愛については、また別問題です。
たとえ同性愛者であっても人権は認めるべきではありますし、今現にそういう状態の人たちを引き裂こうとしても無理なことでしょう。彼らを一概に責めたりしたところで、それが治るわけではありません。

ただし、私は何度でも主張します。同性愛はできれば陥らない方がいいものであると。それは、悪い癖や病気、依存症のようなものだと私は思っています。
本来の健康体と比較して、病気の状態が異常であるのに似て、同性愛に陥っていることは、不自然であって、彼らは正しいといくら言い張ったとしても、そうではないのです。
幸せを求めたとしても、自然の法則に逆らえば、一時的に心が慰められたとして、幸せにはなれないのではないでしょうか。

世の風潮が、同性愛を認め、性の解放を謳い、「♪命短し恋せよ乙女」と煽りますが、奔放と自由は違います。恋に責任が伴い、自己愛に留まらず、相手を慈しんでいく本物の愛になっていくならば、そんな男女の元にはすでに幸せは来ているのではないでしょうか。



今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ワインレッドの心。 posted by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 男女の好みの違い?!当然あるでしょう
 アフガンの女性たち〜強姦され逆に姦通罪で服役「加害者と結婚するしかない」、トイレに5ヶ月監禁15歳妻など