さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年02月17日

「『会話』の時代、心の武器を捨てよう」?! ダライ・ラマの言葉+チベットのニュース


ピンクの朝









世界が抱えている状況を
じっくり考えたうえで申しあげれば、
自分自身がより幸せになるために、
そして、まわりの人たちも幸せになるために
必要なものは、「会話」ではないでしょうか。
「会話」をし、
お互いに歩みよりの姿勢をもつことで、
家庭や社会、世界が抱える問題を
なくしていくことができると
わたしは信じています。
たとえば、家庭内のことであれば、
自分の家庭のひとりのメンバーが
心に困難を抱えているときに
家庭を共有している別のメンバーが
異なる意見をだすことは大切です。
ちがう意見が二つ、三つと
重なってでてくることによって、
ひとりの家族が抱えている
心の問題を解決できる可能性は大いにあります。

「会話」をとおして
お互いの意見を交換し
歩み寄りの姿勢をもつことで、
最終的にひとつのグループや
家族、社会や世界の平和が
達成されていくとわたしは思います。
「会話」以外には、
それを達成する方法はありません。

(略)
わたしは、これからの21世紀は、
争いに終止符をうった
「会話」の時代ではないかと思っています。

(略)
ひとりひとりの
「心のなかの武器を捨てる」ことが大切です。
自分の心のなかに
他を害そうとする想いがあるかぎり、
心のなかに武器が存在するかぎり、
世のなかの平和が達成されることはありません。
外的な世界の武器をなくすとともに
自分の心のなかの武器を
すべてなくしていくように、
みなさんひとりひとりに
努力していただきたいと思います。
これは教育や、
自分の心を静かに見つめ考える
瞑想などの方法をとおして
なされていくべきだとわたしは思います。


ダライ・ラマ14世
2003年の来日の時の第一日目の講演から
「ダライ・ラマLOVE?愛ってなんだろう」より


チベットのこの上なく難しい状況を抱えているにもかかわらず、ダライ・ラマ14世のお話というのは、貴重なものを教えてくれます。
世界平和について、戦争反対と叫ぶのは簡単ですが、心の武器を捨て、「会話」によって解決しようという言葉は、強く勇気のあることだと思います。

簡単なものではなく、すごく難しいものではありますが、本質的な解決はそれしかないと私も思っているし、信じています。

しかし、現実の中国からの圧力は半端なものではありません。
そして、日本人は、そうだ戦争はよくない、とすぐ思えるのですが、中国や北朝鮮などはそうではない、ということが問題なんですよね。

長い目で見て、いずれ、世界平和が実現する日を私も信じ、願っていますが、今の瞬間もダライ・ラマは入国も許されず、チベットでは圧政にひたすら耐えているのでしょう。

そして、ダライ・ラマは気づいていないのかそういうことには触れていませんが、日本は安全かといえばそうではないのです。
日本で「戦争反対」を叫ばせている背後に左翼やもっと背後には中国がある、という皮肉な事実…、それが恐ろしいことです。

そういう状況ではありますが、同じ行動をするのでも、よいことのために心を鬼にしてする場合と、自分の欲心のためにするのとでは全然違います。
ダライ・ラマの言われる「自分の心の中の武器を捨てる」ということ、挑戦してみましょうか。
やってみると、なかなか難しいのが分かると思います。
私も日々反省ばかりですが、挑戦を続けて行きたいと思うのです。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ピンクの朝
by (C)緋佳さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



2012年02月16日

ホイットニー・ヒューストンの名曲?! I Will Always Love You 歌詞・日本語訳も


ピンク・ボール。




先頃急死したホイットニー・ヒューストンの昨日の記事にも添付した代表作、「オールウェイズ・ラヴ・ユー」を紹介します。彼女のアメリカ国歌斉唱も素晴らしいのですが。
日本語訳は、江戸賀あい子さんの訳を、私が聞いて馴染むようにアレンジさせて頂きました。

I Will Always Love You


If I should stay
I would only be in your way
So I'll go
But I know
I'll think of you every step of the way

And I will always love you
Will always love you

You, my darling, you
Bittersweet memories
That is all
I'm taking with me
So goodbye,
Please don't cry
We both know I'm not
What you need

And I will always love you
Will always love you

I hope life traets you kind
And I hope you have all you ever dreamed of
And I wish you joy and happiness
But above all this I wish you love

And I
Will always love you
I will always love you
I will always love you
I will always love you
I will always love you
I will always love you
You, darling, I love you

I'll always, I'll always love you

Dolly Parton


オールウェイズ・ラヴ・ユー


もしも留まるべきならば
あなたのやり方に従うまでだけど
私は行きます
だけど分かっている
何かにつけてあなたのことを
思い出してしまうこと

そしていつもあなたを愛するでしょう
いつもあなたを愛するでしょう

私の愛しい人
ほろ苦い 想い出
それが私が
持っているものの総て
だから さようなら
どうか泣かないで
お互いに分かっているはず
私はあなたの必要なものでは
ないってことを

そしていつもあなたを愛するでしょう
いつもあなたを愛するでしょう

人生があなたにとって幸いしますよう
そしてあなたが夢みたものが総て
手にはいりますように
あなたに喜びと幸福を
でもなにより 愛してくれることを願ってる

そして私は
いつもあなたを愛するでしょう
いつもあなたを愛するでしょう
いつもあなたを愛するでしょう
いつもあなたを愛するでしょう
いつもあなたを愛するでしょう
いつもあなたを愛するでしょう
愛しい人 愛してる

きっといつも いつもあなたを愛するでしょう

                 



今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ピンク・ボール。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



posted by kuri-ma at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ♪歌の心(音楽と歌詞) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

W・ヒューストンと同日に父が他界しました?!


2012.02.14 机 iTunes復活記念にWhitney Houston♪








このブログを始めてから、初めて、2日間のお休みを頂きました。入院中の父が亡くなり、家族そろって帰省してきました。
急死したホイットニー・ヒューストンさんとは、日米の時差がありますので、同じ日が命日となります。

身内が亡くなったという感傷に浸るというよりは、忙しさと気疲れでどうかなりそうでしたが、よい通夜と告別式をすることができ、父ともしっかりお別れすることができました。

お別れとはいっても、この目で見えないだけで、父の魂は私たちのそばにいてくれるような気がしていました。きっと孫たちの様子に笑いながら、参列してくださる方々を見て、一緒に感謝しくれていたと思うのです。

私は家を離れた期間が長かったので、今でも実家に父がいるような気がします。
実際、距離的に離れることと、あの世とこの世に隔たれることは、似通っています。
霊的な感性が鈍いので、生きている時のように、会ったり電話で話したり出来ない分、お別れという感覚が強いですけど。
会えない期間はどれくらいになるか分かりませんが、いつか、私があの世に行く時には再び会えると思えば、しばしのお別れですね。

よく「永眠」すると言います。肉体は眠るように亡くなってしまいましたが、魂は永遠に生きるので、眠ってなどいない、きっと父は動き回っているだろうなと思うのです。

霊界というあの世は、遠く離れているのではなく、私たちのいるこの世と交わるように存在しているといいますから、生前関東と関西に離れて暮していて、また海外にいた時のことを思えば、ある意味では、ずっと近いかもしれないと思います。
魂は、話しかければ、すぐ近くにきてくれますから。

あの世のことについては、誰しも身内や親しい人が亡くなると、更に深く考えることではないでしょうか。「霊界ってあるんでしょうか」のシリーズでまた詳しくお話する予定です。

私の母は、心臓に持病があり、昨年秋にも入院して手術をしたほどで、何回もあやうく生死の境に行きましたが、今回は父の霊が守っているのか、倒れることもなく最後まで気丈にしていましたし、昨夜電話したところ、驚くぐらい元気なので心配するなということでした。

両親が相次いで入退院し、私の夫も年末に倒れましたが、あっという間に父があの世に召されたことを通し、人の生死はわからないな、とつくづく思いました。
私たちの寿命というのは、天寿というくらいで、やはり天の決められることなんだなぁと。
私たちはいつかは、寿命が尽きる時が来るわけですが、今日また元気で朝を迎えることができることが、ありがたいことであると、あらためて思うのです。

今日出会う縁のある人に、笑顔で挨拶やよい会話を交わせますように。


黄花絢爛。



よい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:上 iTunes復活記念にWhitney Houston♪
by (C)ひでわくさん
黄花絢爛。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います