さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年01月24日

「壬辰」の年を占う?!《旧正月のニュース》


ヒヨも鳴かねば打たれまい。








旧正月が明けました。おめでとうございます。

先日、「壬辰」の年廻りについて、お伝えしましたこちら。多少、いいことばかり言ったようなので、もう少し詳しくお話したいと思います。
どんな年廻りにも吉凶の両面がつきものです。「壬辰」は新しい時代の出発の年となるのですが、そういう意味では吉凶が更に分かれやすい年、ということも言えるかもしれません。
新しい時代に変わるということは、旧いものとの軋轢が必ずあるはずです。

上のニュースの中にも出てくるように、米大統領選も大きな出来事です。それだけ考えても時代が変わる予感がバチバチ来ますね。

アジアでは、中国のトップもいよいよ大御所が座るという話ですし、韓国も大統領選があります。
北朝鮮では、すでにトップが変わりました。今年は金正恩体制の始まりの年となりました。
タイも昨年新首相が選ばれましたし、老国王は健康を害し入院中です。
そして、日本は…?大変革が起こってほしいですが、新しい時代がどのような形で来るでしょうか。

先ほど、吉凶が分かれやすい年、と言いましたが、それは地域差、個人差があるということでもあります。
物事の吉面を得やすい人というのは、正しい生き方をしていることが多いのです。ですから、吉面を得たいなら、一生懸命よい生き方をするのがいいでしょう。

今年は災害が起こりやすい年でもあります。
「壬辰」の「壬」と「辰」は、両極端のような性質があるので、陽陰の気が変わる年廻りともなるのでしょう。「壬(みずのえ)」は水、「辰」は土を表すとも言います。そこから、地震や津波があるのではないかという見方も出てきます。

何かをはらんでいるというのが、今年の年廻りなので、それが良いものか悪いものかは、昨年までの内容の表れでもありますが、はらんでいるのであって、生まれてはいないので、まだ準備の猶予はあるともいえます。

よい準備をしていくことが肝要な年でしょう。子どもをはらんだら、大事にして、また様々な準備をして過ごすように、新しい良い時代を迎えるためには、私たちの今年の生き方は、とても重要でしょう。

良いものを見、良いものを聞き、良いことを考え、話す。口に入れるものを、口から出すものも、良いものを。つまり本物がよく、真実がよいでしょう。
子どもをはらむまでが、実は肝心ではありますが、妊娠中の胎教、また母親の気持ちの持ち方で、子供の一生が変わることも多いにありえます。

新しい時代の機運を育み、準備するのは私たち自身です。
私たちの生き方次第で、世界で吉凶のどちらが表れるのか決まる、私たちが新しい時代を作る、と言っても過言ではないと思います。

そんなこと言っても、素晴らしい生き様を残す人も、いつかはこの世を去るのだと、いいますか?

しかし、たとえ、災害にあったり、時代の犠牲になるようなことがあったとしても、徳のある生き方をした人は、死してもその地のため、人のためになるのです。その地の肥やしになる、本当の意味の犠牲になるということです。

吉と出るか、凶と出るか…。これからの私たち次第と思い、心していきたいです。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ヒヨも鳴かねば打たれまい。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 壬辰の年?! 禊・出初式など《日本の新年のニュース》