さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年01月10日

「黄金の球」バランドール受賞! 澤選手、佐々木監督おめでとうございます♪


13261564497db071709815b4ad263ef03c4600a5d5.jpg


成功は
道徳的な美点と、
知性の証拠であり、また
神聖な保護をうけていることをしめすものだ。


サルトル








澤選手が快挙、FIFAの最優秀選手賞である、バロンドールを取ったということ。
バランドールというのは、「黄金の球」という意味のフランス語で、バランドール賞というのはヨーロッパの年間最優秀選手に贈られるものでしたが、2010年度からFIFAの賞と一緒になったばかり(2年目)だそうです。
メッシが三年連続バランドール、ということですが、日本選手では、過去に中田英寿選手らがノミネートされているものの、澤選手が始めての受賞となりました。佐々木監督も女子の最優秀監督に選ばれるなど、記念すべき年になりました。
日本だけでなく、アジアでも男女通じて初めて、ということです。

国際サッカー連盟(FIFA)は9日、スイスで2011年の年間表彰式を行い、年間最優秀選手に与えられるバロンドールには、女子選手には日本から澤穂希選手、女性チーム監督には日本代表の佐々木則夫監督が選ばれた。アジアから受賞者が出るのは男女を通じて史上初。

 男子の年間最優秀選手賞には、史上初の3年連続受賞となるリオネル・メッシ選手。男子チームの最優秀監督にはバルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督が選ばれた。

 授賞式では、澤選手は「日本の文化を誇りにしたい」として振袖姿で出席。先に佐々木監督の名前が呼ばれたものの、次に自身の名前が呼ばれた瞬間は「信じられず、頭が真っ白になりました」とその時の心境を語った。

 「この賞はわたしだけのものではありません。周囲で支えてくれたすべての偉大な方々のおかげ、その方々にも捧げたいと思います。わたしの優先順位はチームとして勝つこと。個人の賞よりも夏(五輪)で金メダルを獲得することです」と話した。

ドイツで開催された2011年女子ワールドカップ(W杯)優勝の原動力となり、日本人として初のバロンドール選手となった澤。コロンビア人歌手のシャキーラからトロフィーを受け取った後に、次のように喜びを表した。

「このような名誉ある賞を受け取ったことを大変うれしく思います。この賞を糧に、さらに日々精進していきたいと思います」

また佐々木監督は、東日本大震災に遭った日本を、女子W杯優勝で勇気づけられたことを強調した。

「なでしこジャパンもドイツW杯の優勝で、震災の被害を受けた日本の皆様に勇気を与えることができました。なでしこジャパンを支えてくれた皆様、そして私の妻、家族に深く感謝したいと思います」

また同受賞式では、FIFAフェアプレー賞が日本サッカー協会に贈呈されている。日本が震災に遭いながらも奮起を見せたこと、女子W杯優勝やクラブW杯のホストを務めたことが評価された。


スポーツのニュースにはあまり反応しない私ですが、昨年のなでしこの活躍や、今回、澤選手の栄えある受賞ということで、思わず取り上げてしまいました。
「絆」など大切なものを再確認させてくれ、日本に元気と感動をくれた澤選手、そしてなでしこJapanの面々は、すごい、と褒めてあげたいし、これからも応援したいです。
3つあげたニュースにはどれも写真が満載、澤選手とメッシのツーショットもあります。お楽しみください。

上のサルトルの言葉によれば、何かで成功、評価を受けるということは、「道徳的な美点」ある証拠だということになります。正義は勝つといいますが。
そして、「知性」の証拠ということ。正しく、そして賢い人が成功を収めるのでしょう。
そして、もう一つ、「神聖な保護」というのは、神さまに守られている、勝利の女神がついている、ということでしょう。運勢にのっているのです。
逆をいえば、清く正しく美しく、また小賢しいのではなく、本当に賢い人、そんな人が運勢を持っているんですね。

日本も、なでしこJapanを生んだ国として、大いに神さまの加護を得る秘訣をもっていると信じます。

澤選手、おめでとうございます。そして、ありがとうございます。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

kuri-maの参考記事
 日本代表、なでしこジャパンが世界一となった理由とは?!
 石原都知事「原発必要、核兵器保有すべき」?!/なでしこジャパン【写真特集】
 紅白、長谷部選手のメッセージ?! 2011日本アスリートの活躍《写真ニュース》など




posted by kuri-ma at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする