さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年01月09日

南スーダンの大量虐殺の真実?! NZ沖、真っ二つのコンテナ船?! 動物愛護・環境保護って?!


身支度完璧。


こころ自由なる人間は、
とわにめづらむ大海を。
海こそ人の鏡なれ。


ボードレール









ちょっと気になるニュースを添付してみました。
スーダンのニュースは3000人の大量虐殺というのは証拠がなく、誤報らしいですが、その地域の人たちが、家も焼かれ、6万人が路頭に迷っていることは確かなようです。大変なことです…。

ニュージーランド沖で座礁のコンテナ船。重油が流れ出し、これも大変なことになっていますね。真っ二つに裂かれた写真などが掲載されています。

シー・シェパードというのは、あまりにも過激で常軌を逸していますね。
動物や環境保護団体というのは、かわいそうな動物、美しい自然環境を守る、というのは聞こえがいいのですが、動物や環境を愛するあまり、彼らの基準に引っ掛かった人間は、まるで人間でないような扱いです。
動物愛護団体の女性たちがトップレスで訴えたり…。毛皮をファッションのために大量に消費するのも問題なんでしょうが、だからといって…。過激すぎるなぁと思うのです。

AFPのニュースでもアクセストップに入るのは、トップレス、下着、水着、ヌードがらみのニュースが多いのですが、そうすると、そこに動物愛護団体などのニュースが入ってきます。ウクライナの女性権利団体「FEMEN」のトップレスでの抗議も長くランキングに入っていました。

どうして、何かを訴えるのにトップレスになる必要があるのか、品位を疑います。何が大切なのか、勘違いしているのではないでしょうか。
いくら裸で生まれてきたとはいえ、この世の中で裸を見せれば、好奇の目にさらされるだけです。注目されたとしても、それは彼らの主張ではなく、ヌードだというのに…。
権利を叫んだり、なんとか愛護・保護を求めるなら、人間らしく文明人らしく、服は身につけてすべきでしょう。
叫んでいるその主張もなんだか恥ずかしいものに聞こえてきてしまいます。
鯨を愛するシーシェパードにもそれは言えます。

行き過ぎの主張はどうも拒否反応を感じる私です。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:身支度完璧。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



posted by kuri-ma at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする