さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年01月19日

チェルノブイリ、放射能による被害はわずか?!福島は…


キンクロさん、あれが飛鳥IIだよ。







放射能パニック、放射能ヒステリーというものが、風評被害を呼び、福島の人々をどれくらい苦しめてきたでしょうか。
あまりのバッシングの中にも関わらず、ここ最近、そんな空気の中でも堂々と「おっ」と思うような意見を語る人、またその情報をいくつも得ました。

今日は、あまりにも多いそれらの情報を羅列するだけの紹介となりますが、ご了承ください。

勇気ある専門家が本を出しています。「放射線医が語る被ばくと発がんの真実」中川 恵一(東大病院放射線医)著。
アマゾンのカスタマレビューに載っていた言葉を引用して紹介します。
政府見解に沿った発言は全て御用学者とバッシングされる風潮の中、学者としての良心からバッシングを恐れず、専門家として、さまざまな事実を踏まえてまとめられた本。
放射線の害について関心がある人は全員が一読すべきであり、この本の内容についての反論は公開の場で行われるべきだ。本当の意味での専門家の多くはこの本の内容に同意するであろう。
と紹介した上で、個人的見解としながら以下のように言っています。
実際に福島県で暮らしている人たちがいかにデマや風評被害に苦しめられているかを踏まえると、私も含めて専門家でもないのにネットの二次情報に頼って発言している人間は、正当化できる如何なる目的(脱原発など)があるにせよ、良心があるならデマや風評被害の拡大に加担すべきでないと思う。
バッシングを恐れ、発言をしない専門家が多くなる中、きちんとした発言をする専門家はもっと大勢いるべきだし、マスコミも素人学者ではなく、実際に起きていることの全体を俯瞰できる一定の見識をもった専門家(視野の狭い専門家の発言は部分的に正しくとも事態を混乱させるだけ)の発言をきちんと伝えるべきだ。
また、この本の書評に関して、不当に内容を貶める書評が多いのは残念なことだ。反原発が目的としても、福島の人々を苦しめる組織的な悪意としか感じられない。もう少し正当に評価されるべき本である。


また懸賞論文の優秀賞に選ばれた高田純博士の論文。
また、それ以外にもこれと思う情報がありました。

それだけでなく、相変わらず、放射線量におののきパニックしているニュースや、えっと思うような、反「放射能」の記事作成依頼(1記事500円)が出されていたという情報も。

今日は羅列だけで失礼して、その内容については、折につれて紹介したいと思います。どうぞ、これらのサイトをチェックしてみてください。






今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:キンクロさん、あれが飛鳥IIだよ。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

参考:
「放射線医が語る被ばくと発がんの真実 」 ・「福島 嘘と真実―東日本放射線衛生調査からの報告」
中川 恵一 (著)      高田 純 (著)
    
↑カスタマレビューも参考になりました
 ・【GEPR】放射線被ばく基準の意味−中川恵一・東大准教授寄稿コラム
    アゴラ(言論プラットホーム)

 ・放射線の健康影響ー重要な論文のリサーチ アゴラ
 ・Lancet Oncology誌から「チェルノブイリの健康被害、最も深刻なのは精神面への影響」エビデンスありは小児の甲状腺癌のみ日経メディカル


2012年01月18日

霊界ってあるんでしょうか?! 「去るものは追わず…」の意味


2012.01.17 和泉川 アジサイ



去るものは追わず、
来るものは拒まず




「幽霊っているんでしょうか」「神さまって…」「あの世って…」と見えない存在について考えたことのある方もおられるでしょう。

ブログのタイトルにもしていて、もっとも話したいテーマでありながら、毎日の記事の更新にかまけて、十分な説明をしないできてしまいました。
またブログ記事を書く中においても、そういうことを説明しておかなければ、いつも同じお話しかできないし、私の話すことも伝わらないと感じていました。

昨年末に連載の予告をしたのですが、実は夫が突然入院する事態になり、あまりに様々なことで追われるように年越しをしてしまい、準備に時間が取れませんでした。
私の実家では、父も入院中であり、母も重大な持病を持っていますのでそちらに行きたい思いもあり、体は一つしかない中で心配や悩みが噴出しそうでしたが、なんとか保って今に至っています。

まかり間違ったら死に至ったかもしれない夫でしたが、まかり間違わなかったので、生死はさまようことはなく、無事退院しています。しかし、瞬く間に時間が流れてしまいました。関西にいる両親のもとにはまだ行けず仕舞いです。
身内にそういうことがあると、普段より更に身につまされるのが、人の生死のこと、そして「死んだらどうなるのか」ということですね。

また、昨年伯母が亡くなった時も、従兄が一生懸命供養をしていましたが、亡くなった身内のためなら、できることはしてあげたいと思うのが、人情のようです。

でも、ハタと気づくと私たちは、あの世の仕組みも何も知らず、亡くなった人にとって何が必要なのかよくわからないというのが実際のところなのではないでしょうか。

そもそも、あの世なんてあるはずがないと思われる方もおられるでしょうが、一度あるかもしれないと思って聞いていただきたいと思います。

「霊界(あの世)はあるんでしょうか」これについては以下のような骨組みでお話していきたいと思います。

 「霊界ってあるんでしょうか」

1 霊界があるとしたら
   ・ 霊界を知るメリット
   ・ 霊界があるという証言
   ・ 死んだらどうなるのか

2 天国ってどんなところ?

3 地獄ってどんなところ?

4 私の行くのはどんな霊界なのか

5 亡くなった人のために、また生きている私たちのためにできること




今日トップに持ってきた言葉は有名な故事ですね。
「去るものは追わず」というのはあきらめの言葉のように使われることが多いですが、実は後に続く「来るものは拒まず」という言葉があっての言葉だと思います。

これは本来、人の縁を示す言葉だと思いますが、人の生き死ににも通じるのではないでしょうか。
亡くなった人をいつまでも恋しがり泣いてばかりいることは、その人をあの世に送り出してあげることにならず、亡くなった方のためにも、残された人たちのためにもなりません。

時間しか慰めにならないこともある、辛い「死に別れ」というものに対しても、受容することが出発だったりします。
人の生き死にというものは、本来私たちにはままならないものです。もちろん健康に気をつけたり、様々な努力も重要ですが、最終的には委ねなければならないものです。

だから「来るものは拒まず」という言葉がもっと重要なんでしょうね。
来るものは拒まずに受け入れる。そうすると、「去るもの」が持って行ってしまったと思った幸せが、自然にやってくるんですね。追いかけなくてよかった、ということになりますね。

生死で考えれば、「来るものを拒まず」という姿勢は、いずれ来る死を受け止めるということでしょうか。
あの世に去っていく人のことも追っても仕方がないように、またあの世からのお迎えも拒んでも仕方がないようです。受け止める。
それができるように、日頃から準備しておかなければいけないかなぁと思っているところです。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は: アジサイ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



2012年01月17日

壬辰の年?! 禊・出初式など《日本の新年のニュース》


凍える彩り


古い種子は
生命の芽を内部に持っている。
それはただ、新しい時代の
土壌に蒔かれる必要があるのだ。


タゴール









今年は辰年。天高く昇るという龍は縁起物でもあり、上昇していくという吉兆を表すものが多いですね。
被災地、宮城・気仙沼に残る松の木が、不思議なことに竜の形をしているとのこと。

竜というのは、霊獣であって、架空の動物といわれていますが、なぜか、古今東西で語られ続けているものです。めったにお目にはかかれないけれど、丸きりのフィクションの存在ということではなく、実在するものなのでは、と私は思っているのですが…。(見たわけではありません。)
いずれにしても、なんでか龍の形が表れたということは、よい兆しだと感じますね。

昨年は革命の年でした。
また、大災害の起きた年でもありました。日本における東日本大震災はひとつの時代を変えるほどの大きな出来事でした。

辛卯(かのとう/しんぼう)の年というのは、すべてが枯死するところから、氷のような殻を突き破るように、芽が出てくるという、死と再生を意味するような年回りなのです。
辛酸をなめるような、地獄のようなところも通過せざるを得ない、まさしく革命と天変地異の年になってしまったわけです。
震災によって日本を覆っていた旧態依然としていたものも、切り裂かれ、新たな時代を迎えたということでしょうか。

そして、今年は壬辰(みずのえたつ・じんしん)の年です。
一言で言えば、新しい命が芽生え、よい実りのある年回りです。
壬辰の「壬」は、棒に糸が巻かれて膨らんでいくさまを表し、植物が種を宿した姿であり、妊娠に通じます。
「辰」は「曲」+「辰」で「農」となるように、本来、農機具を表しました。
「振るう」という意味で、陽気が動き草木が生長するさまを表すのだそうです。
そういうところから、「壬辰」というのは、子孫繁栄、五穀豊穣を意味の意味合いがあります。

それだけでなく陰気と陽気が変わるところから、今までとは違う新しい命、新しい時代の訪れを意味するといいます。
壬辰の年には、物事が大きく動くのではないかと思われます。今までの常識が常識でなくなる。新しい感性が高まるというような。

表面は凍り付いているように見える川の底に水が流れ始めた時には分かりませんが、一気に流れ始める時が来ます。そうすると、流れに氷も流され解かされ、また陽射しも温かくなってそれを助け、そうすると、しまいには氷は影も形もなくなってしまいます。

雪に覆われていた時には、悪いものもよいものも隠されていますが、雪が解ける時がくれば、悪事は隠しておけません。
よい心をもつ癖をつけておくのがいいと思います。
真実を愛する時代がもう音もなく近づいているようですから。

ちょっと前は心掛けが悪くてもお金儲けができるような時機もあったようですが、本物が残る時代になってきたようですね。

いつか言いましたように、それでも最後の悪あがきがあちこちで起こるのではないかという心配がありますが…。

昨年ようやく突き破ったものが、新しい春を迎えて、本当の意味で花開くことになるのでしょう。
この「年」、というのは特に年廻りを見るときには、陰暦で見た方がいいと思われます。今年の陰暦の新年は1月23日。ここから、大きく何かが変わり始めると思われます。

私たちもその機運に乗って、よいものを育んでいきたいですね。
糸巻きにはよい糸を巻いていかなければなりません。
悪い考え、悪い癖、マイナスになるものは、古い年のうちに切り取って捨ててしまうのがいいでしょう。(陰暦ならまだギリギリ間に合いますね。)
そして、よい糸を巻き、よい種を育てて、よい時代を開いていく…そんな年にしたいと考えています。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:凍える彩り(ツルウメモドキ)
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

※「壬辰」については新しい記事を書きました
 「壬辰」の年を占う?!《旧正月のニュース》