さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年01月31日

高まるプーチン批判、ドミノは倒れ始めたのか《ロシアのニュース》


マンション吊り上げ現場。


支配することの習得はやさしく、
統治することの習得はむずかしい。


ゲーテ









ロシアのニュース。
昨年末に行われた下院選挙でのロシア統一党(与党)の不正な票操作があったとして、与党とプーチン大統領批判が高まっています。モスクワなどでデモが行われ、世界最大ともされています。

それだけでなく、国に有利なことしか流さない国営放送に対抗して、頑張っている民間テレビ局があったり、インターネットなどで、猛烈なプーチン批判が広がっているとのことです。

当然のことですが、今まではできなかったのが不思議なほどです。中東などイスラム圏で大革命となった止まらないドミノが、ロシアのドミノもついに倒し始めたようです。

そんなこんなでも、プーチンは簡単に引き下がる人ではないようですが。
ロシアの共産党出身で、それもバリバリのプーチン。なかなかの食わせ者ですし、能無しでもありません。
しかし、今回ばかりは、真実に歩があると、私は思うのです。真実に火の点いた大衆は、力で押し込むのは大変でしょう。倒れ始めたドミノを止められる人はなかなかいないのではないか、そんな風に感じるのです。
さて、大統領選がどうなるのか、非常に気になるところです。

昨年のデモの頃のニュースは、下に列挙しました。
↓ 参考にしてください。

今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:マンション吊り上げ現場。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います








2012年01月30日

「生きていてよかった」と思えること、第2詩集「百歳」より『教わる』*柴田トヨの「だれにも朝はやってくる?!」13


2012.01.24 和泉川 センダン



ベイスターズの中畑新監督が、NHKのサンデースポーツという番組に出ていました。監督は福島出身で、震災後被災地をよく訪れているそうです。
そして、少しでも慰めになり、助けになればと思って行くのだが、いつも逆に元気をもらうのだ、と話しておられました。辛抱強い、おしんのような人たちだ、本当に素晴らしい。誇りに思うと。

百歳の詩人、柴田トヨさんの第2詩集をようやく借りれました。(ちょっと出遅れたので、100何十番目から、予約を待ち続けてようやく借りることができたのです。)
柴田さんも震災直後から被災地に励ましの詩を書かれたりしていますが、こんな詩もあります。



教 わ る


母に縫い物を
教わりました
連れあいには辛抱を
教わりました
倅は詩を書くことを
教えてくれました
みんな 私には
役立ちました

そして今
人生の終わりに
人間のやさしさを
震災で教わったのです

生きていて よかった




「人間のやさしさ」を震災で教わったといいます。「生きていて よかった」と思うほどというのがすごいです。
「教わる」という姿勢がいいですね。これが力を得る秘訣かもしれません。
人から教わることは無尽蔵ですね。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は: センダン
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



ラベル:百歳 柴田トヨ

2012年01月29日

地球が青いのを知ったのはいつ?!《宇宙のニュース》


2012.01.25 和泉川 枯葉


どのひとひらの落葉も、
舞い落ちながら
宇宙の最大の法則の一つをみたす。


リルケ









考えてみれば、「青い地球」の姿を当然のように見ることができるようになってから、半世紀しかたちません。
今ではこんなに鮮明な写真まで見れます。すごいことです。

「地球が青かった」というのは、実際、人が目で見るまで分からなかったのです。想像を絶する美しさで、宇宙飛行士たちは、何か大きな存在、神的なものを感じざるを得ないのだそうです。
それまで地球の上から空を見上げてみることしかできなかったのですから、その地球を空から見下ろすというのは、全然違う観点から、広い視野で見るということでしょうか。

産業革命によって、航行技術が上がったりして、お皿のように世界の果てがあると思っていた状態から、地球は丸くつながっているんだ、と発見したことも、とても大きなことでした。

今は当然のことのように感じていますが、なんとすごい時代になったことでしょう。

青い地球の姿を見るためには、地球から出なければなりません。あるいは、大きな鏡で映すか。
私たち自身の姿も、正しく見ることはなかなか難しいことでしょう、

「地球は平らなはずだ」と思い込んでいる人が、話だけで信じるのは難しくても、見たとすれば一目瞭然ですね。

三つ目のニュースにあるように、宇宙の秩序、法則性というのはすごいものがあります。そして、この地球が、私たち人類の生にどれだけピッタリの環境を持っているのか、これは偶然ですまされるものではないでしょう。
偶然だとすれば、すごい確率の中で、私たちは息をし、水、光を得、食物を得て、成長し、世代を受け継ぎながら今まできたのです。

水ひとつ、酸素ひとつ、作るには途方もない技術力がいるし、作れたとしてもまだまだ自然のものに勝てません。
科学の力がなければ、地球や宇宙のすごさもわからなかったわけですが…。宇宙の法則をしっかり守れば、そのうちに宇宙移住も現実なものになる日がくるでしょう。それは科学が宇宙のすごさをもっと証明するという結果ともなりますね。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:枯葉
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 宇宙はなぜ神秘的なのか〜皆既月食、アポロ13号の奇跡、生存可能な惑星発見?!《宇宙関連ニュース》
 地球が青いのはなぜ?夕焼けが赤い理由は?私が生まれてきた意味とは?!《宇宙特集》
 神に出会った宇宙飛行士たち?!