さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年12月30日

革命のドミノを倒した人?!チュニジアの青年が「今年の人」に《ジャスミン革命》


朝陽に染まる雪









チュニジアの「ジャスミン」から始まった今年の中東に吹き荒れた革命の波は、ドミノ倒しのように止まるところのない勢いがありました。

英紙タイムズの「今年の人」はチュニジアの春のきっかけとなった青年となりました。
前に発表された米誌では「プロテスター(抗議する人)」でしたが、その先駆けとなった人が選ばれたということになります。

なんの力も持たなかった果物売りの青年が、当局の嫌がらせに抗議して自らに火を放ったもので、26歳で死亡しています。
彼は革命の意図はなかったのですが、抑圧された民衆が彼の行動を機に立ち上がり、チュニジアのジャスミン革命を成功させ、中東や北アフリカにまで連動していくことになりました。

なんの力も持たないものが、このように死を掛けて、尊いものを訴える時、何かが動く時がある。実際、彼の決死の抗議が民衆を動かすスイッチになりました。

中国のウイグルやチベットではむごいことが続いていますが、まだその時が満ちていないのか…。何人が犠牲になるのでしょう。でも、必ずその時機は到来するはずです。

枯れたように見えた地に春の兆しが来ています。まだ深い凍りついた川の中では水が少しずつ動き始めています。
すべてが新芽の準備を整えています。
まだ寒さは厳しく、何も変わりはしない、と思うかもしれませんが、確実に時代は変わっています。

気がついたら、何十年も続いた政権が倒されるそんな一年になりました。
正しい方向に行くには、辛い期間が必要ですし、自分だけが甘い汁を吸おうとしたら、この好機は奪われてしまいます。

抗議して打ち崩したならば、再建しなければなりませんが、それがもっと大変でしょう。今まで威張っていた人がやってくれていたことを、新しい人たちが新たに作るのですから。

革命の年は暮れ、新しい年が来ようとしています。先行きは。。。きついですが、一日一日をまっとうに、明るく過ごしていくに限ります。

よい、一日を
そして、よい新年を迎えられますように

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:朝陽に染まる雪
by (C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

この記事でも同じニュースを取り上げました↓
 今年の漢字「絆」は、「祈り」から生まれた?!手と手を合わせる大切さ


posted by kuri-ma at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東・イスラム圏、インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする