さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年12月14日

「英兵たちのクリスマス」マライヤ・キャリー?! 日米韓中《何かと物騒な防衛関係ニュース》


2011.11.27 有楽町 赤い電飾ツリー


戦争は決して
地震や津波のような天変地異ではない。
何の音沙汰もなく
突然やってくるものではない。


石川啄木










そもそも、なんで日本が米国から戦闘機を買うの?と疑問を持たれた方はおられるでしょうか。アメリカの戦闘機がクールだ(いけてる)からでしょうか。

日本はいつからか誰だったかが自国で戦闘機などを調達できないような法律を作ってしまったようで(!!!)、なぜか米国の戦闘機を輸入しなければならないという、なんだかバカらしいことになっているみたいです。
軍需産業で今の日本経済の発展があったのは自明のことなのに、そして優秀な技術があることも確かなのに…。日本が不況なのは、このせいもあったのかなぁと。アメリカはありがたい存在ですが、日本を縛るものも多い。TPPが通るようになればもっと大変でしょうね…。

これってやはり、自衛権しかない自衛隊だからでしょうか???「戦争反対!」の美名の下に、こうやって自由が奪われていくってことでしょうか。
それでも、低い防衛費の中、戦闘機も新しくして、国防にも備えてほしいと願っています。


韓国の海洋警官が中国漁船員に殺害されたという衝撃のニュースが起こり、近海での緊張が高まっている感があります。
韓国は北朝鮮からは、クリスマスイルミネーションにすら、報復の警告を受けているし、これは前年にもあったことですが…。


さて、防衛にはクリスマス休暇があるのか…。
イギリス海軍の兵士たちが家族に送るために作った動画が大ヒットしているようです。諸事情で予定が変わり、彼らは家族と共にクリスマスを過ごせることになりそうなのだそうですが。動画とは関係がないにしても、この動画の効果かなぁと感じてしまいました。

マライヤ・キャリーの「恋人たちのクリスマス」にのせて、英兵たちが踊りまくってます。なんだかHappyになれる動画なんです。↓ どうぞ。



クリスマスも年越しも、昔なら兵隊さんのお陰、と言ったのでしょうが、戦後そういうのは一切なくなってしまいました。とはいえ、こういうところで守っておられる人たちもいるんだ、ということは覚えていたいです。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:有楽町 赤い電飾ツリー
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



posted by kuri-ma at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする