さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年12月03日

2012年、高級志向がファーストフードまで?!《食と健康のニュース》


2011.11.29 居間 姫 おやつ☆


将来の秘密は、
毎日の平凡な習慣の中に隠されている。


マイク・マードック











来年の市場動向予測は、不況の中にあって高級食材が更に人気を得そうです。
ファースト・フードですら、高級志向、健康志向になってきているようですね。
何かにつけ、普通のもの、中途半端なものは打撃を受けそうな気配です。高級か、でなければやっぱり安価なものも魅力でしょう。
ブランド志向の人が、普段はスーパーや百均を利用するようなものです。
特別な時に、特別な相手に、普段はつつましくても、たまには贅沢して、というのも、理解できる気がします。

私は、いわゆるブランド志向ではありませんが、「本物」への憧れはいつもあります。「食」に関しては、便利な既製品を利用しつつも、できるだけ素材はよいものを、と思っています。

缶詰のスープの研究でもあきらかなように、健康にはよくないものも、巷には多く販売されていることは確かです。
便利なものは、毒も含んでいる。だからファーストフードよりスローフード。ジャンクフードよりお袋の味がよい、ということになります。

しかし、私たちはすでにファースト・フードに親しみすぎて、手放せなくなってきています。また料理にしても、手間ひまや、時間を考えれば、便利なものについ手が出てしまうんですよね。
できるだけ手作りで。でも…。

そんな時私にはとっておきの奥の手があるのですが、参考になる方はお試しあれ。
それは「祈り」そして「笑顔」です。

買い物にも祈って出かけると、よいものを安く買えるような気がします。

魔法のような呪文はありませんが、「おいしくなぁれ♪」と、できるだけまごころを込めてみるのです。
心を込めて作れば、科学的根拠はありませんが、おいしく作れるような気がしますので、お金も手間もあんまりかけれないけれど、ちょっと祈り込んで心を込めておくようにしています。

そして、喜んで家族団らんをしながらとか、食事に感謝しながら楽しく頂くと、これも科学的根拠はないのですが、多少の塩分の多さも、添加物入りの食材だったとしても、解毒作用がおこって、健康にはさして影響がなくなるような気がします。

「いただきます」と「ごちそうさま」。またその間の楽しい会話など、私たちの食事をよりよくするものは、いろいろあります。
食卓で家族から笑顔を引き出せたら、その日の料理は成功と言ってもいいでしょう。
では、よいお食事を!

注:祈ったとしても、毒性の強いものを食べて大丈夫、ということではありません。(危険なものは自然と避けれるようにはなるかもしれませんが。)


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:居間 姫 おやつ☆
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います