さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年11月21日

そこに愛はあったのか?! 「愛の痛み分け」二つのニュース


燦々


恋は
スペインの宿屋に似ている。
あるものといえば
自分が持ってきたものばかり。


メリット







どんなに美しい人であっても、愛を間違って使えば、無残な死につながることもあります。
ナタリーウッドさんは殺されたのでしょうか。
殺人は痴情のもつれというのは、よくあることのようですから。そこに夫と、もう一人の男性が絡んでいたようです。ヨット船長の証言が本当であれば、夫もそうですが船長も彼女を見捨てたことになります。また、もうひとりの俳優の男性も、まったく気づかなかったのか。。。
あるいは、デマかもしれませんし、今のところは疑惑ということですから、真実はわかりませんね。

もうひとつは、11月11日の1並びの日、さらに11時11分に式を挙げた花婿が、数分後に花嫁に逃げられたという、なんとも締まらない話です。
逃げられるのですから、それなりの理由があります。インドもそうですが、バングラデシュでも桁外れの豪華な挙式をするということですが、そこで一生分の借金をする人も多いとか。
また、今回のように花嫁は新郎の親戚から高価な贈り物を強要されるようですね。
新婦のヤスミンさんは、新郎の反応を聞いて離婚を決め、それを拒否しました。「バングラデシュのたくさんの女性たちのような、持参金の犠牲者になりたくなかった」というヤスミンさんは、今や人々の賞賛の的になっているということです。
派手な結婚式をしたかった新郎が、彼女にとっては持参金を払う以上の価値を感じなかったということでしょう。

いずれにしても痛み分けのところはありますよね。殺された方も殺した方も。逃げた方も逃げられた方も。

真実の愛というのは相手を思うことだといいます。嫉妬に駆られるのは、自分の思いが強くなって、相手を愛するということを忘れています。相手が悪いにせよ、です。
愛があるから結婚を考えるのでしょうが、その愛が道を誤らせることもあります。恋愛は人を盲目にさせますが、真実の愛は、その愛で相手の欠点も包み込んで越えようとします。

ヤンミンさんは正しい選択をしたのでしょうが、よりよい男性を求めるだけでは幸せな結婚はできません。その審美眼でよい男性を選んだなら、彼女の愛の力で上手にいい方向に持っていく(操縦というのでしょうか)こともできるのですから、今度はその人を丸ごと受け入れてほしいなと思います。完璧な男性はいないのですから。
一人の男性を不幸にしてしまったのですから、今後ちょっと男性には敬遠されるかもしれませんが、賢い女性を欲する寛大な男性に出会ってほしいですね。

出会いは縁だといいます。その縁をしっかり結ぶことが、幸せな一生につながることだと思います。愛はもっと育てるものではないのか、この二つのニュースを見て、思いました。

上にあげた言葉のように、「恋」というのは自分のもっているものにふさわしく与えられています。恋をさらに自分の理想のものにしていくためには、愛情を育てなければならない、愛さなければ、自分の持ってきたものはどんどん古くなって、持っていたはずの美貌ももちろんだんだん色褪せていきます。
恋が実って結婚でハッピーエンドではなく、愛情を注いでいけば、新しい幸せの芽がどんどん育っていくのです。
自分の伴侶を大切にし、家族を幸せにしていくしか、自分自身が幸せになる方法はないんでしょうね。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:燦々
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います