さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年11月06日

日本にもスパイが?!《ロシア・中国のニュース》


2011.11.02 追分市民の森 姫 どんぐり拾い


自分の欠点に
腹を立てても何にもならない。
われとわが身を
哀れんでもどうにもならない。
思いきって、
自分の中にはさまざまの可能性が
束になって入っていると考えたらどうか。
そして世の中で最も面白いゲームをやるのだ
……自分の最大の長所を
最も有効に生かすゲームを。


ハリー・エマソン・フォスディック







日本はスパイ天国になっている、ということを聞いたことがあるでしょうか。あってもピンとは来づらいのではないでしょうか。
このロシアの美人スパイの話も、映画みたいなことが実際にあるんだとは思っても、これと同じようなことが日本に関係があるとは思ってもみないのではないでしょうか。

島国の中でもちろん小競り合いはあったとしても、同じ人種とまみえることに慣れた日本人は、人間は「以心伝心」できる存在と信じています。「以心伝心」ということが実際あって、そういうことは素晴らしいと私も思うのですが、世の中にはいろんな人種がいるということも確かです。



トップのロシアスパイのニュースからYOUTUBEに入ったら、関連動画に中国のものがズラッと並ぶのです。その中に私もたまたま見たことがある、「ここが変だよ中国人」という動画がありました。「ここがヘンだよ日本人」という人気の番組で作ったものだと記憶しています。
「中国人は悪いことも絶対に認めないし、言い訳ばかりする。あやまらない。人の迷惑を考えず、ずうずうしく人の家、物などを使う。言葉遣いも悪く、性格も悪い」というのが、外国人たちが口々に言っていた意見でした。

私は、その意見にとても納得します。法的に違法なことであろうと、貧しいからとか同情の余地はあったとしても、もともと 悪いことをしているという意識は中国人にはないのだと、思うのです。彼らはどこにいっても、中国人なのです。もちろん個人的には素晴らしい人もいるとは思うのですが、この、人を人と思わないというのでしょうか、利用して当然、生活や利益のためには何でもアリというような、そんな根底にあるものを感じるのです。
中国人は、日本にも多く入ってきています。違法で入る人も多く、最近では大阪などで、生活保護の取得の問題がクローズアップされていますね。

中国人は日本人と同じ、と考えていては簡単に利用されることになるでしょう。中国人はチャーミングだったりもしますから。スパイというのはいろんな形で入っているようです。映画の世界でも、まさかあの人がスパイだとは思わずに近くにいてスパイされていますが、現実はもっと巧妙かもしれません。知らないうちにスパイにペラペラ情報を提供しているのかもしれません。

また、仲たがいさせるのも得意ですね。ソ連や韓国が北方領土や竹島の問題を自国の領土だと公言するようなこと、それにも中国の影が見え隠れするのです。
ロシアももちろん大癖のある国ですが、中国の癖はもう体質であり、それを悪いなどと、ひとかけらも思ってもいません。

日本侵略の機会を狙っているのは確かだし、それに対して、日本人はあまりに危機管理がなってなく、お人よしです。
政治家(や下の動画では例えば自衛隊など)も、その中国に対してその怖さを知らなすぎて、甘すぎであって、中国は日本の人の良さや、お金に弱いこと、何々に弱いことを知って、どれだけ入り込んでいることか。

私は、中国のような思想が長続きするとは思わないし、中国は中国で墓穴を掘っているところがあると思いますが、今簡単に中国内部の問題で崩れてくれるとは思えません。
日本はみすみすこの国を侵略させているのです。止める人がだれもいない。

中国人が自由に出入りできている。それは日本をむざむざ犯させているようなものなのかもしれません。日本の土地を買い、日本人と結婚あるいは関係を持ち、大学や企業やあちこちに入り込んでいきます。
何がなんでも敵視しろとはいいません。もう、日本に入り込んでいる以上、ごちゃごちゃになっているのです。中国人だからと差別することもできないし。きっと日本は住みやすい国だと思いますから。

日本は侵されるままになっていてはいけません。もう毒をあおられている以上、解毒させるには、日本ももっとしたたかに強くならなければならないでしょう。竹のようにしなることのできる強さ、もうお人好しなんだし、今更仕方がないのですから、日本人のもつ天性の自然治癒力を発揮させる、免疫をつけて病気とも共存してしまう、のがいいのかもしれない、と思うのです。

中国の怖さ、おかしい点は追求しつつも、それを指摘してもやめはしないのですから、踏みつけにされても、そこからまた新芽が表れるように、もしかしたら、日本人のバカがつくくらいのお人好しも、真の善意なら、残っていくものもあるのではないか、と思っています。

今日の記事の最初には、中国の恐ろしさを話そうと思っただけだったのですが、書きながら、ちょっと新たな結論が出たような気がします。

マザーテレサが、テロリストだから、とか、危険な思想をもっているから、とか言ってその相手に態度を変えたでしょうか。超然としていたのではないでしょうか。
私も知り合いに中国人が何人もいますが、冷たくするのではなく、逆に温かく接しているつもりです。

中国の毒に毒で接しようとしても不可能です。(効果的なのですが、今のところ無理なようです。)
同じ人、であるのだから「愛」とお人好しをまとっていこうと思うのです。それでしか、大切なものは守れないと今は思っています。

上の考えは甘い、かもしれません。
私のバリヤー、あるいは解毒剤はもうひとつ、「祈り」です。そして、正しいことを知って信じる心も。正義が祈りをもてば、怖いものはありません。(中国にないものばかりです。愛と、祈りと正義…。)

中国も世界の中のひとつなら、自分の体の一部と同じともいえるかもしれません。
そこで最初の言葉を、再び。


自分の欠点に
腹を立てても何にもならない。
われとわが身を
哀れんでもどうにもならない。
思いきって、
自分の中にはさまざまの可能性が
束になって入っていると考えたらどうか。
そして世の中で最も面白いゲームをやるのだ
……自分の最大の長所を
最も有効に生かすゲームを。


ハリー・エマソン・フォスディック


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:どんぐり拾い
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


お勧め動画:面白いですよぜひどうぞ
kuri-maの参考記事:
 私が知らずにスパイに?!サイバー攻撃から日本を守るには...


ラベル:許平和 NC-KYO