さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年11月18日

「幸せの国」ブータン国王、国会でお祈り?!《国会演説文前半》


もみじ。




ブータン国王夫妻の歓迎式典
国際ニュースAFPBB
写真13枚




ブータンの国王夫妻の来日と共に、いっせいに秋が深まりを見せて、見事な紅葉が見られるようになりました。
ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王(31)は、国会で演説し、日本のためにお祈りもしてくださったとか。
その演説の内容、全文がありましたので、ご紹介します。

果たして日本が、褒めたたえてくださったような国なのかと思うと、アジアに対して、世界に対して、申し訳ないような気になりますね。私たちも正されるような気がします。

ブータンへの関心も高まり、観光の予約も殺到するでしょうか。観光は制限され、ガイドをつけなければならないらしいですが、お金と時間と機会があれば、行ってみたいですよね。日本が失くしてしまったものが、残されているような気がしますし。

慶応大でのメッセージも聞きたいところですが、一部しかわかりません。
貧富の格差拡大や環境破壊といった地球規模の難題解決に向け、「あなた方若い友人が英知と勇気、決意を示してくれること祈っています」
「あなたが人生を振り返ったときに、後悔なく満たされていて幸せであることを祈ります」
このように「祈る」という言葉を何度か使われたようです。

昭和天皇の崩御の時の、前ブータン国王の行動にも感動しましたが(→ こちら、ブータンという国は、稀有な国ですね。
ワンチュク国王の祈りによって、日本の国会議事堂も清められ、癒されたのではないでしょうか。
また被災地にも訪問してくださるとのこと。
6日間の滞在中、フルに動かれるのでしょう。

では、演説文の前半を掲載します。

(前置きは略)

ブータン国民は常に日本に強い愛着の心を持ち、何十年ものあいだ偉大な日本の成功を心情的に分かちあってまいりました。3月の壊滅的な地震と津波のあと、ブータンの至るところで大勢のブータン人が寺院や僧院を訪れ、日本国民になぐさめと支えを与えようと、供養のための灯明を捧げつつ、ささやかながらも心のこもった勤めを行うのを目にし、私は深く心を動かされました。

 私自身は押し寄せる津波のニュースをなすすべもなく見つめていたことをおぼえております。そのときからずっと、私は愛する人々を失くした家族の痛みと苦しみ、生活基盤を失った人々、人生が完全に変わってしまった若者たち、そして大災害から復興しなければならない日本国民に対する私の深い同情を、直接お伝えできる日を待ち望んでまいりました。いかなる国の国民も決してこのような苦難を経験すべきではありません。しかし仮にこのような不幸からより強く、より大きく立ち上がれる国があるとすれば、それは日本と日本国民であります。私はそう確信しています。

 皆様が生活を再建し復興に向け歩まれるなかで、我々ブータン人は皆様とともにあります。我々の物質的支援はつましいものですが、我々の友情、連帯、思いやりは心からの真実味のあるものです。ご列席の皆様、我々ブータンに暮らす者は常に日本国民を親愛なる兄弟・姉妹であると考えてまいりました。両国民を結びつけるものは家族、誠実さ。そして名誉を守り個人の希望よりも地域社会や国家の望みを優先し、また自己よりも公益を高く位置づける強い気持ちなどであります。
2011年は両国の国交樹立25周年にあたる特別な年であります。しかしブータン国民は常に、公式な関係を超えた特別な愛着を日本に対し抱いてまいりました。私は若き父とその世代の者が何十年も前から、日本がアジアを近代化に導くのを誇らしく見ていたのを知っています。すなわち日本は当時開発途上地域であったアジアに自信と進むべき道の自覚をもたらし、以降日本のあとについて世界経済の最先端に躍り出た数々の国々に希望を与えてきました。日本は過去にも、そして現代もリーダーであり続けます。

 このグローバル化した世界において、日本は技術と確信の力、勤勉さと責任、強固な伝統的価値における模範であり、これまで以上にリーダーにふさわしいのです。世界は常に日本のことを大変な名誉と誇り、そして規律を重んじる国民、歴史に裏打ちされた誇り高き伝統を持つ国民、不屈の精神、断固たる決意、そして秀でることへ願望を持って何事にも取り組む国民。知行合一、兄弟愛や友人との揺るぎない強さと気丈さを併せ持つ国民であると認識してまいりました。これは神話ではなく現実であると謹んで申しあげたいと思います。それは近年の不幸な経済不況や、3月の自然災害への皆様の対応にも示されています。

 皆様、日本および日本国民は素晴らしい資質を示されました。他の国であれば国家を打ち砕き、無秩序、大混乱、そして悲嘆をもたらしたであろう事態に、日本国民の皆様は最悪の状況下でさえ静かな尊厳、自信、規律、心の強さを持って対処されました。文化、伝統および価値にしっかりと根付いたこのような卓越した資質の組み合わせは、我々の現代の世界で見出すことはほぼ不可能です。すべての国がそうありたいと切望しますが、これは日本人特有の特性であり、不可分の要素です。このような価値観や資質が、昨日生まれたものではなく、何世紀もの歴史から生まれてきたものなのです。それは数年数十年で失われることはありません。そうした力を備えた日本には、非常に素晴らしい未来が待っていることでしょう。この力を通じて日本はあらゆる逆境から繰り返し立ち直り、世界で最も成功した国のひとつとして地位を築いてきました。さらに注目に値すべきは、日本がためらうことなく世界中の人々と自国の成功を常に分かち合ってきたということです。


日本は、こんなに尊厳のある国だったんだろうか、思わずそう思い込んでいい気分にもなりますが、そうなると信じてくださっていることを感じますので、今一度そういう国を目指さなければいけないと、思わされますね。

明日、続きをお送りします。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:もみじ。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います




kuri-maのブータン関連記事
 『幸せの国?!』ブータン国王の結婚式1「永遠に一緒に」
 「幸せの国」ブータン国王の結婚式2消える文化、伝統。一夫多妻制の終わり?! 
 自然と笑顔に癒されよう?!ちょこっと旅気分より【写真集】ブータン、NZアシカ



http://www.news24.jp/articles/2011/11/17/07194658.html

ラベル:ブータン
posted by kuri-ma at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 「幸福の国」ブータン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

人生の「受身」の達人とは?!相田みつをの言葉


落ち葉〜銀杏〜


柔道の基本は受身 
受身とは
ころぶ練習
負ける練習
人の前にぶざまに
恥をさらす稽古
受身が身につけば達人
負けることの尊さが
わかるから


相田みつを




関東では暖かい日が続いて、今年の紅葉は遅くて、きれいに見られるかわからない状況ですが、東北ではもうすでにこんな見事な銀杏、もみじも赤く染まっているようです。その分、冷え込みも厳しくなって来たようですね。
美しい紅葉を見せるためには、気温の変化が必要だといいます。夏の間陽射しに照らされてきたその葉が寒さを感じる時、葉が色づき始めるんですね。カレンダーはなくても、季節の移り変わりを肌で感じるんですね。
関東でも、今週は冷え込む日があるといいます。少々の寒さも、きれいな紅葉を見れるためと思えば、我慢できますね。

今日は久し振りに、相田みつをさんの言葉を取り上げます。
この方の言葉は日本人の心にしっくりと沁みこみやすいですね。
人の懐にさっと入っていく。低姿勢で、負けるようですが、これが負けじゃない。人生も転んだように見えてもそれは終わりではない。それは次に起きるための準備。
逆らわずにうまく受身をするということは、一番よい転び方なんですね。



IMG_1360.jpg


柔道の基本は受身 受身とはころぶ練習。負ける練習。


人の前で恥をさらす練習。つまり、人の前で失敗したり恥をさらす練習です。自分のカッコの悪さを多くの人の前で、ぶざまにさらけ出す練習。それが受身です。

柔道の基本ではカッコよく勝つことを教えない。素直にころぶことを教える。いさぎよく負けることを教える。

長い人生にはカッコよく勝つことよりもぶざまに負けたり、だらしなく恥をさらすことのほうがはるかに多いからです。

だから柔道では初めに負け方を教えるそうです。しかも本腰を入れて負けることを教える。

その代わり、ころんでもすぐ起き上がる。負けてもすぐ立ち直る。それが受身の極意。極意が身につけば達人ですね。

若者よ、失敗を気にしないで。負けるときにはさらりと負けたらいいのです。口惜しいときには「こんちくしょう!」と正直に叫んだらいい。弁解なんか一切しないで。泣きたいときには思いきり泣けばいい。

やせ我慢などすることはない。その代わり、スカーッと泣いてケロリと止めよう。早くから勝つことを覚えないで。

負けることをうんと学んで。恥をさらすことにうまくなろう。そして下積みや下働きの苦しみをたっぷり体験することです。

体験したものは身につきます。身についたもの、それはほんものです。若者よ、頭と体のやわらかい内に、受身をうんと習っておくのです。

受身さえ身についておけば、何回失敗してもすぐ立ち直ることが出来るから…そして負け方や受身のほんとうに身についた人間が、世の中の悲しみや苦しみに耐えてひと(他人)の胸の痛みを心の底から理解できる。
やさしく暖かい人間になれるんです。



寒くなりますから、風邪などひかれませんように。
心も体も、あったかくして。

今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:落ち葉〜銀杏〜
by (C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



posted by kuri-ma at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 相田みつをの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

今日はTPPの話をしよう?!経済革命の大地震と大津波がやってくる


2009年・秋。


一生に一度ぐらい手品もいいだろうが、
物事にゃ実がなくちゃ人はついてこない。


坂本龍馬








やはりTPPについて話しておかなければなりませんね。

ゾウを見た人たちの話ではありませんが、尻尾だけ見たり、体だけ見たり、鼻だけ見てゾウはこうだというのは、偏見になってしまいますし、ある部分を誇張して、ゾウはこういうものだと、虚像を教える場合もあるかもしれません。
もっと大きい視野で見たら、一目瞭然でわかるのです。ズームばかりではなく、広角で見ることも必要ですよね。全体像をつかんでから、細かいところも見落とさずに見る、ということが必要でしょう。

TPPの全体像はなんでしょうか。
そして、それは例えば、農業、医療、保険…様々な分野でどういう影響が出るのか、長所、短所、メリット、デメリット、どうしてこの「像」が日本にやってくるのか、そういうところも見れたらいいでしょう。
よく分かる人が話をすると、物事を高い位置から、全体を見渡して見ることができます。

TPPについては中野剛志氏の動画を見てもらえば、明白にわかる問題です。彼は原発などについても述べていますが、経済が専門のようですし、それにお話が上手ですから、TPPについて何度も話されていて、彼にかかると、日本政府がバカに見えてくると思いますよ。

中野氏の話を私が理解した次元でお話してみますと、TPPで開国だとか、グローバル化のためとか言っていますが、要するにこれはアメリカに優位な不平等条約のようなものだ、ということです。グローバル化といっても他の国々は力がある国ではありません。これは明らかに日米の問題です。
日本に米の製品が自由に入ってくることができる、ここがポイントだといいます。他の国々はオマケというかカムフラージュであって、日本が狙いなのです。かもフラージュでなくカモは日本だったんですね。

農業に大打撃だと言われていますが、どこそこの業種の損得の問題ではありません。
アメリカ国内は自由経済で回っているので、競争力があるのですが、日本といえば、例えば農業は農協というものがあり、完全に国に守られてきたのですが、いきなり自由競争の中に放り込まれれば、困ってしまう人たちが多いというのです。

関税をなくす、というのは、今の時代、ほとんど意味がないことだ、といいます。
大きな企業は、自国で作って輸出するのではなく、米国に会社を作り生産しています。すでに関税などは関係がありません。
わずかな関税をなくすことよりも、自由化ということが問題で、今まで抑えられていたアメリカの安い製品が一気に日本に入ってくるようになるのであって、日本の企業や、個人が犠牲になるのは、火を見るよりあきらかだというのです。

消費者としては、安いものを買えるようになるからいいようですが、日本の経済はボロボロになるでしょうね。一人一人の創意工夫がないと、生き残れないということになりますね。

中野氏の話を聞くと、TPPは明らかに最悪のものだけれど、参加を表明した以上、いくら今から日本国内で反対意見が出たとしても、そんな世論には関係なく、事実上決定したも同然で、手がないのだそうです。(交渉参加は婚約、合意が結婚のようなもの。交渉参加すれば抜けられない。)
後は政府の交渉力だが、そんなものはないのだし。
菅さんに次いで野田さんも表明してしまったのは、ダメ押しというところでしょうか。

どうも民主政権は何がなんでもTPPに突入したいようです。
アメリカにチヤホヤされたいのか、よほどのアホかと私も思わずにはいられません。
私の話で訳の分からない方は、中野氏の動画をぜひご覧ください。
ルール策定は政治力で決まる 米韓FTAよりひどいTPPになるだろう
中野剛志氏 超人大陸10/24配信号

参加したら終わってしまう 国を売られる瀬戸際のTPP問題
 中野剛志氏 超人大陸9/12配信号
↑ TPPがよくわかるのはこちら


中野氏は売国奴と言っておられましたが、待てよ、と気づいたことがあります。
菅さんほどではないのかもしれませんが、野田さんになってもれっきとした左派の政権なのです。左翼の考えることは、普通の常識では捉えられません。彼らにとってのメリットが何かあるはずです。お金か、利権か…。まさか中国びいきですから、日本の弱体化を内部から図ってるなんてことはないとは信じたいですが…。意図しなくても、結果として弱体化させているのですから利用されているのかもしれません。

また別の見方もあります。
もうすでに今までの日本の流通のあり方などは、グローバル化の波の中で壊れつつあるといいますから、いつまでも、守りきれないかもしれないということです。
いつまでも井の中の蛙ではいられない、ということです。自分たちだけの社会、日本だけに通用するものを考えていてはいけないのでしょう。

例えばアマゾンなど、書籍関係にも革命の波が来ようとしているようです。
そういえば、日本では本は定価で販売されますが、ドイツなどでは、店によって値段が違い、セールなんかがありました。(古本ではありませんよ。)

TPPは地震と津波のように怖いものだなぁ、ずっと余震や余波も続きそうだなぁと、予測せざるを得ないのです。日本はすべてやられるでしょう。今までとは変わってくるのは間違いありません。
備えが必要です。(基本的には内容勝負でしょう。いいものをアピールするセールス戦略も必要かもしれません。)

今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:2009年・秋。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする