さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年10月28日

これからどうなるのか?!革新の年を越えて「世界人口70億→100億(今世紀末)」


this morning.


結局、明日というのは、
「どうなる」じゃないんですよ。
明日は我々が「創る」んです。


竹田 和平









今月末には70億に達するという世界人口、今世紀末には、100億人に達するだろうということです。

世界的に次々に起こる自然災害、中東などあちこちで起こる民主革命、戦争・紛争、事故・事件…。
辛卯(かのとう、しんぼう)の年である、2011年。
本当にいろいろなことがありすぎて、世界中のいたるところで、昨年とは考えられないような変化の中にあると思うのです。

旧暦でも今年2/3を過ぎて、すべてが枯れ果てる状態から、一定の落ち着きは見られるようになるのかと思うのですが、例えば、震災で被害を受けた人たちから見れば、まだまだこれからと、復興まで気が遠くなるような状態にも感じられるかもしれません。しかし、確実に変化はしています。

チュニジアから始まった中東の春は、エジプトも変え、そしてアフリカの王の王とも言われたリビアのカダフィー大佐も殺害されました。昨年の今頃は、誰がそんなことを考えたでしょうか。
考えられないことが起こる。
それは歴史の中でも、何度も起こってきたことではありました。

大河ドラマを見ていましたら、織田信長の姪である浅井の3姉妹のうち、長女の淀殿は、天下人だった秀吉の過去の栄光にこだわり、息子の秀頼をその座につけることしか考えていなかったところがありました。プライドも邪魔をしたのでしょう、結局は素晴らしい青年であったといわれている豊臣秀頼は若くして命を散らせるしかありませんでした。
同じ姉妹の江は徳川家に嫁ぎましたが、彼女の思いは違いました。『戦は嫌だ、太平がいい。』そして、結局は3代将軍家光の母となります。
徳川家の、家康、秀忠、江の心情の動機の中には、自分たちが天下人になりたい、という野心よりも、平和を願う心があったのではと思うのです。
豊臣家はわずかに2代目で完全に消滅しました。それは野心家だった秀吉の欲心に満ちた生涯の報いもあるでしょうが、彼ら母子の心持ちの違いがあったのではないでしょうか。変わっていかなければならない時に、天は彼らを選べなかったのでしょう。
徳川家は時に乗じて将軍家となりましたが、時に乗じるだけでは、265年の徳川の世を築くことはなかったでしょう。

心持ちが、天に通じるものでなければ、チャンスはつかめないし、それを継続していくことは不可能だからです。
「涓滴岩を穿つ(けんてきいわをうがつ)」という言葉がありますが、小さな雨粒も、岩を突き通す時が来るし、暗い長いトンネルを抜けて、光の中に出る時がいつか来ます。
もしかして今の時代は、全てが枯れ果てたような長い冬を終わって、春を迎えようとするそんな時代なのかもしれません。

そういう時代の変わり目には、それまでは能力で上手く立ち回れたり、悪ドイことをやってきてお金儲けをしたりできたとしても、お天道様に顔向けができる生き方、また人の役に立つ生き方をしていないと、足元をすくわれるそんな時代になってきているようです。
これまでは暗いトンネルの中であり、あるいは雪や氷が隠してくれていたものが、明るい日差しが差せば、誤魔化せなくなるように。


結局、人間のやることは似ているんですよ。
だから未来を見たいと思ったら歴史を見ればいい。
そうすると未来がわかる。
歴史を見なくて未来を見ようといっても、
それはわからないと思いますよ。


竹田 和平

(竹田製菓)


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:this morning.
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


kuri-maの参考記事
 31日には70億人目誕生?!「朝のリレー」と命の橋渡しで、地球を守る
 ニュースに思う「いのちの理由」?!さだまさしの曲をコロッケが歌うと。。。【動画】



posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする