さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年10月16日

放射能は0にはできない?!見えない放射能はなぜこわい(7)稲 恭宏博士の動画を添付しました


103241315_v1318491714.jpg
仙台空港近辺★




↓ 動画が見れます
「低線料率放射線が世界を救う」稲 恭宏博士
超人大陸★
下にYouTubeの動画を添付しました


今日は、子どもたちの運動会でした。
聞くところによると、近くの小学校では、組み体操をブルーシートを敷いてやったとか、綱引きでは、立ったままで、地面に体をつかないで行ったところもあったとか、外ではあまりお弁当は食べないようにという放送が流れたりしたようなのですが、果たしてそんな必要があるのでしょうか。

例えば、福島であったとしても、地面だとか、空気中にあるという放射線は、被災前の状態からは高いのですが、世界の各地のバラツキを考えれば、もっと高いところもあり、問題のない範囲内だとも言われています。
放射能情報は一時私も迷いましたが、それは、専門家の中に、震災後に急に放射線量の基準を変え、政府や被災地の肩を持っているかのように批判されてしまう方々がおられたようなので。私も専門家ではないし、もっと情報を収集したいと思っていました。やはり専門家の中にも一貫して、そもそもの放射能、放射線について話しておられる方たちもいますから、私は信頼して紹介したいと思います。
どうして、こういう情報が伝わらないのでしょうか。

以下は稲氏の動画の要約です。
地球上に放射線0の場所は存在しない。人体自体も数千ベクレルの放射能を持っている。
ベクレルというのは一秒間にどれくらい放射線が出るかを表している。
福島の検診を行っているが、一番出やすい血液にも一切異常は出ていない。

福島原発事故直後、マスコミの誤った報道が3つあった。
1 累積100ミリシーボルト浴びると発ガン
2 4シーボルトで半数、7シーボルトで全員が死亡
3 自然界には存在しないものが放出された
1は、一秒以内にその全量を全身に被爆した場合となるし、2は5分以内に全身にその全量を被爆した場合となる。3にいたっては、完全に間違いで、自然界に存在するものが放出されたに過ぎない。

ジャガイモの発芽抑制やオレンジ等の殺菌、医療器具を滅菌するため、数十キログレイのガンマー線を照射するが、それは何も心配もないという常識になっている。ガンマー線は通るだけで、食べ物にも何にも残らない。

福島の原子炉の直近で作業している人にも異常は出ていない。700ミリシーボルトという値が最高、また1000〜2000浴びた例があったが異常はなかった。
以前の東海村での事故の場合、3秒に10シーボルトを全身被爆して亡くなったもの。
福島では(最大線量率で)毎時10シーボルトというデータがあるが、東海村の事故とは、1200倍の差があることになる。

ICRPの基準は科学的根拠に基づいているものではない。
1920年頃、遺伝子修復機能を失ったオスのショウジョウバエに対し、強い放射線(当時発見されたばかりのX線)を投下した場合の結果のみに基づいたもの。放射線、放射能の絶対悪論という考え方に立脚したものであって、低い量の放射線を問題のない哺乳類に投下して得た結果ではない。
それは原爆にはよく当てはまっていたのだが。

福島では100万分の一。通常の自然放射能の数十倍、多く見積もっても数百倍に留まる。自然放射線の量は世界中でバラツキがあり、福島現在の量はそれを超えるものではない。

線量と、線量率は違う。瞬間瞬間の強さが問題となる。(肩たたき1万回しても問題ないが、累計で同じ重さであってもいきなり1トンの力が加わったら大怪我をする。一日に少しずつの塩分は必要だが、一度に800g接種すれば、大変なことになる。)
100万分の1というのは、プロボクサーが思いっきり殴った時、お母さんが赤ちゃんの頬を優しく触れた力の違い。
位の差が千倍から1万倍の差がある。

甲状腺ガンについて。半減期は8日であり、もう何も心配する必要はない。1000名余の子どもを対象にした甲状腺の検査でも一切問題はなかった。
チェルノブイリで甲状腺ガンが多かったのは、内陸であり、海産物に含まれるヨウ素の接種していなかったので、桁違いの量を一度に吸収してしまったことで、甲状腺細胞に傷が付いていたのであり、それがガンになった。
福島とチェルノブイリとの違いの一つは、胎児の頃から、ヨウ素を接種していたので、十分足りていたこと。(この量のヨウ素は自然に代謝してしまう。)また、原子炉本体が飛んだわけではないので、大量の被爆はしなかったということ。

保育などの活動制限は必要はない、室内外でほとんど数値は変わらない。
現在空気中にはほとんど飛んでいない。
防護服、何の意味もなく、むしろ恐怖感を植え付けるだけで風評を生む印象を作り出す。普通の服で大丈夫。

自然放射線と、医療などで、私たちは平均4〜5シーベルト内部外部被爆をしている。
CT検査をしても、7〜30シーべルト。一年間に2.3回で基準値を越えてしまう。
ペットのガン検査でも2〜3シーベルトの内部被爆するが、なんの障害もない。

国際宇宙ステーション機内では300倍の放射線に常に被爆しているが、それによる害はない。(1ミリシーベルト/日)
また樹齢1200年の桜の種、が発芽した。他の桜の種も成長がよく、宇宙桜として植樹が行われ続けている。

日本の数十倍から数百倍の放射線の地域中で、健康的によい場所がある。ちょうど福島がその状態。
欧米には数百倍から数千倍の鉱山跡で医療研究チームが協力し、治療が行われている。ラジウムの鉱泉も知られている。飲料水100ベクレル300の日本の制限だが、健康にいいという700ベクレルの水も知られている。

福島での震災後の空気、水、土の状態はよい。豊作大漁の事実がある。
葉物野菜泥が付いたまま測定する基準だが、水洗いしただけで10分の1に下がる。またキロではなく、摂取するのは100グラム。合わせれば100分の1となる。
お茶についても、使用するのは3〜5g。お湯で30〜40分の1に薄まるので、1万分の1となる計算となる。

福島で結婚破談や、子どものいじめも少なくなかったとのこと。まったくいわれのない風評被害に他ならない。
原爆は100万倍1000万倍であり、福島の状況は全く違う。

人災といわれてもしかたのないところもあるので、東電も襟を正してほしい。政府も正しい放射線科学を勉強して、正しい正常な判断をして頂きたい。
危なくない福島によって、このままでは福島、日本がだめになってしまいます。

毒になるか薬になるかは「量」で決まる。
自然放射線がなければ、生物は元気がなくなり死に至る。
放射能廃棄物が、宝となる。低線料率放射線(自然放射線レベル)にして活用することが可能。



ちょっと要約なので伝わりにくいと思うのですが、具体的な数値などは動画でご確認ください。ちょっと難しい言葉も多いので、噛み砕いたつもりですが。
要するに、放射線を被爆しても、その量によっては問題がないし、逆に健康にもいいということのようです。
そして、福島の状況は、危険なレベルの高い放射線被爆はありえないし、現状何の問題も起こっていないし、むしろよい状態だというのです。

また、私も稲氏の説明でようやく合点がいったのですが、よく「一回の量なら問題がないが、それを一年間接種したら累積では大変な量になる」という意見がありました。
これは、肩たたきの例と、塩分の摂取の例でよく理解できます。一度に少しずつなら、それがずっと蓄積されるのではなく、代謝されてしまい、問題にならない、ということです。
1トンの力が瞬間に肩に加われば大変なことになるが、子どもの肩たたきの力が1万回加わったとしても、問題にならない。…当然のことですね。

もう一点は、14歳以下にチェルノブイリで多発したという甲状腺がんのことです。これは、チェルノブイリの被爆量が一度に大量、高濃度であったため、その時に細胞に異常が起きていたということで納得し、とても安心しました。ヨウ素の摂取もあるのでしょうが。

原発で働く人の理解もこれに近いものがあると思います。

今日の内容で、安心してくださる方がいれば幸いです。
(この稲氏がウソやはったりを言っているとか、なんかの利害のために、例えばご自身の提唱する説を守るために、作って言っているとまで思われる方がいれば仕方がないのですが、そうではないと私は思いますよ。)


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:akemiさん
「仙台空港近辺
ここは家が沢山密集していた場所ですが
なにもありませんでした・・・」
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います