さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年10月19日

サプリ信仰は要注意!健康被害の恐れも?!米研究結果



秋の中♪


一本のワラでも
限度を越えるとラクダの背骨を砕く


欧米の諺



過ぎたるは
なお及ばざるが如し


孔子







子供は痛いところがあると、ばんそうこうを貼ってもらったら、治ると思っているところがあって、たいした怪我でもないのに、求めて来ますので、我が家では安いお徳用のばんそうこうを常備しています。末の子はまだしっかり「ばんそうこう信仰」の熱心な信者です。

サプリメント関連のニュース記事を見て、私が感じたのは、「過ぎたるは及ばざるが如し」だな、ということです。

「薬害」「薬毒」ということもあるようで、薬は緊急の時、症状が重い時には絶対必要なものではありますが、好んで飲むものではないという認識があると思います。医者の処方に従うのですが、薬をむやみに出す医師だからよい医師だとはいえないようです。
サプリメントに関しても、予防としてならそこまで飲む必要はあるのかなぁと思っていたのですが、やはりあまり必要ないし、逆に健康を害するという研究結果が発表されたということです。

ビタミンEで前立腺がんのリスクが高まったというデータが出ていますし、「『多ければ多いほど良い』というパラダイムは間違いだ」
「『サプリは無害。多ければ多いほど良い』と人々が信じている」ことが問題であり、
「一部のビタミンをそれだけで大量に摂取すると予想もしていなかったような悪影響が出るかもしれない。そのことが徐々に明らかになってきている」
「米国ではたくさんの人々がビタミンをまるで宗教のように信仰している」というように、上の記事の中では述べられています。

自然の中から、摂取するのがやはり一番いいようです。ビタミン不足をサプリで補うというのは、本当に必要な人以外はするべきではないようですね。
漢方薬は自然のものから作った薬で、健康食品との区分が曖昧ですが、そういうものであっても、体質や病状によっては危険になるものもあるようですから、その人に合ったものを合った量だけ飲むのが好ましいようです。


過ぎたるはなお及ばざるが如し
上の孔子の言葉は論語の中に探すことができます。

あるとき、弟子の子貢が、孔子に聞きました。
「師(弟子の1人、子張のこと)と商(同じく子夏)のどちらが賢なのでしょうか。」
孔子が、
「師は過ぎるし、商は及ばない。」
と答えたので、子貢が、
「では、師の方がまさりますか。」
と尋ねると、
「過ぎたるは、なお、及ばざるがごとし。」
と答えました。
〜論語より〜

孔子と弟子(子貢)の会話は上の通りですが、この質問をした子貢というのが、人物評が好きな知りたがりだったので、もしかしたら、孔子は子貢を持て余し、彼にあてこすって言ったのかもしれません。お前も過ぎたるは猶及ばざるが如しだ、と。
孔子はこんな弟子たちを見ながら、更に「中庸」を強く説いたのかも。

英語で似たようなことわざを探したのが、上にあげたものです。他にもこんなものがあります

羽根1つでも馬の背骨を砕く

最後の1滴がカップを溢れさせる

どれも我慢の限界、つまり「堪忍袋の緒が切れる」に通じる表現でした。つまり、「過ぎたるは及ばざるが如し」は、もう少ししたら、堪忍袋の緒が切れる、限界前の状態だということでしょうか。
「サプリメントその一粒がガンになる」ということもありえますね。
大変なことになるまえにストップして、「中庸」を心掛けましょうか。

今日もいい一日を

よろしかったらくりっくを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:by (C)ヨマさん
秋の中♪
ナツハゼの実が色付きました^^
黒い真珠のようです♪〜
↓9月はまだこの位でした♪
 http://photozou.jp/photo/show/483495/100249894

画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



ラベル:孔子

2011年10月18日

「幸せの国」ブータン国王の結婚式2消える文化、伝統。一夫多妻制の終わり?! 

「幸せの国」ブータンシリーズ
(一覧は下記)
秋薔薇 〜陽だまり


美しさは、それを見る者の目に宿る。

(ハンガーフォード)









「幸せの国」ブータンは、今まであまり知られていなかった神秘的な国ですが、国王の結婚を機に関心が集まっています。

ブータンは伝統的に一夫多妻あるいは一妻多夫の国だということです。財産が他の一族に分散しないように、姉妹あるいは、兄弟でなされてきたようです。
姉妹たちとの複婚は同国中部と東部で多く、兄弟との複婚は主に北部でみられるということですから、それぞれの地方では、ほかの兄弟、あるいは姉妹はあぶれてしまっていたのでしょうか。
前国王時代に、さまざまな民主化政策を行い、世界一幸せな国と言われるようにもなりました。若くて長男に移譲したのは、国王としての経験を積ませるためだとか。その前国王も1979年に4人姉妹と同時に結婚式を挙げています。
ブータン王国ワンチュク家
前国王の4人の王妃と王子・王女の一覧


ブータンの場合は姉妹あるいは兄弟での複婚ですから、財産だとかをめぐっての争いは確かに避けれるのかもしれませんが、それが当たり前の社会であったとしても、複数の妻に異母兄弟というのは、複雑な人間関係ですね。中東などのイスラム圏で多い一夫多妻が、こんな小国にもあったのは驚きです。小国だからこそだったのかもしれません。

ブータンでは、観光客も制限されていますし、1999年まで、テレビも禁止されていました。閉鎖された社会だったのですが、現在はテレビやインターネット、また留学を通して、他文化の影響が強くなっているといいます。

三つ目の記事ではブータンの近代化の中で、急速に西洋化の波が来ているということです。
「人はたいてい、何かを失うまでそれに気づかない。失ってから始めて気づくのだ。仏教の価値観の影響下にあるブータン文化は、保存されるべき価値の非常に高いものだ」というブータン研究センターの研究員の言葉は切実です。
変化の波の中にいる人たちというのは、伝統を失っていくことに、危機感を感じたりはしないでしょうが、後で取り戻すことはとても困難です。

欧米化することで、欧米の抱える課題、犯罪や、決してうまくいっているとはいえない家庭の問題等も受け継ぐことにもなります。閉鎖された社会と違って、自由というのはなかなか大変なものです。そういう面倒も自分で責任を持つことですから。

ワンチュク王が王妃との一夫一妻を宣言するのは、とても健全なことだとは思いますが、よい結婚にするには、ロマンティックな恋愛ムードの延長だけでは難しいでしょうから、それまでの複婚をしてきた先代たちよりも、更に努力していかなければならないこともあるかもしれませんね。
自由恋愛というのは、芽生えて実る時までは美しいのですが、ずっと後までも生涯を通じて美しくあることがむしろ意味があると思います。
今の思いを忘れず、新旧入り混じるブータンの価値観の中で、よい見本となってほしいです。
幸せの国が、国王夫妻の幸せによって、更に幸せになりますように。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:秋薔薇 〜陽だまり
by (C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

ブータンの参考記事
 3つのロイヤル・ウェディングその後?! 幸せの国、ブータン国王の来日のメッセージ出版etc.
 「幸せの国」ブータン国王夫妻、ふれあいと祈りを日本に?!《国会演説文後半》
 「幸せの国」ブータン国王、国会でお祈り?!国会演説文前半
 「幸せの国」ブータン国王の結婚式2消える文化、伝統。一夫多妻制の終わり?!
 『幸せの国?!』ブータン国王の結婚式1「永遠に一緒に」



ラベル:ブータン
posted by kuri-ma at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 「幸福の国」ブータン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

羊の背に鶏?!ドイツの絵物語、今昔


ヤブラン


笑って暮らすも一生、

泣いて暮らすも一生。


ドイツの諺





ほのぼのする絵になっています。
なんとなく、ブレーメンの音楽隊を思い浮かべてしまいました。
ロバ、犬、猫、オンドリですから、羊とメンドリでは違うのですが。

「ブレーメンの音楽隊」のブレーメンは、ドイツに実際にある町の名前です。私も行きましたが、そこそこ大きい都市です。
年を取ってお払い箱になった4匹が、背に乗って泥棒を驚かせて追い出して、その家で楽しく暮らしたというグリム童話のお話ですね。

b41660cec464e927aa42e20f38130ea4.jpg


こういう風に、物語で知った町の名が実在しているのは、ある種、それだけで興奮材料だったりします。
フランクフルトというよく知られた都市も、私が初めて知ったのは「アルプスの少女ハイジ」のクララの住む町としてでした。
「ハーメルンの笛吹き男」というグリム童話にもあるお話がありますが、これはハーメルンという町も実在するだけでなく、ハーメルンの笛吹き男に130人の少年少女が連れ去られ、それが1284年6月26日だったという伝承が残っています。
この伝承については、その後、様々な憶測、諸説が述べられてきましたが、具体的にどんな経緯だったのかは、雲のようにつかめませんね。

ドイツの街々には、お伽話から抜け出たような家並みが多く残されています。

この前述のメンドリと羊は、サイトでも多数フレンド登録される人気ぶりだとのこと。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ヤブラン
by (C)緋佳さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



posted by kuri-ma at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の国々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする