さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年10月31日

ハロウィンの季節は霊的感性が高まる?!


はろうぃん〜キャンドル〜


味わう
ということは
どんなささやかな
ことでも
宝石に変えてしまう
不思議な体験です。


五木 寛之







今日はハロウィンですね。
ハロウィンについては、私の昨年の記事を参考にしてください↓ 

今では、すっかり定着した感のあるハロウィンですが、カボチャ(ジャック・オー・ランタン )だけでなく、精霊の仮装をして楽しむ人たちも多いようですね。
精霊といえばようするに「お化け」です。日本では、長くお岩さんとお菊さんが名のある幽霊でしたが、今では「貞子」の方が知名度がありますね。フィクションではありますが。

お化けとは言えないのかもしれませんが、「妖怪人間ベム」の実写版ドラマの連載が始まり、うちの子どもたちははまっています。
鈴木福くんが出ていて、いい感じですし、ベムがイケメンだと評判だとか。
なかなかメジャーになれない感じのあった「妖怪人間ベム」。「ゲゲゲの鬼太郎」よりも古かったんですね。私はリアルタイムでは全然知らなくて、関西にいた高校生の頃再放送を少し見たことがあります。
「早く人間になりたい」という台詞はとてもインパクトがありますね。

ハロウィンはそれよりも楽しいイメージがあります。子どもたちが変装して、「お菓子をくれないと食べちゃうぞ」と言ってお菓子をもらう。
無邪気な子どもたちだから、いいのかもしれません。

もともとは、精霊のいる異界と、この世との境が曖昧になるのが、今日31日の晩だと言われています。この時期には幽霊や魔女などが表れやすいと信じられていました。そのために祭司が聖なる火をたいて儀式を行ったようです。
最もしっかり残っているのはアイルランドですが、ヨーロッパ各地の収穫祭や慣習から影響を受けているようですし、キリスト教(カトリック)の「諸聖人の日」の前夜祭と、11月2日の「死者の日」に村々を回って「聖なるケーキ」を求めたものが、ひとつになった感じですね。

異界が近くなるというこの時期、霊的なインスピレーションも高まるようです。霊的インスピレーションというと怖い感じも受けるかもしれませんが、何も霊が見えたりするということではなく、つまり、感性が敏感で豊かになるということでしょうか。
芸術の秋というのは、そういう雰囲気が満ちているからかもしれませんね。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:はろうぃん〜キャンドル〜
by (C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


今年のハロウィンのニュースの数々は
翌日の記事にも掲載しました
 大正時代のカッコいい日本人の話?!〜パリでのエピソード+ハロウィンニュース



2011年10月30日

「この濃度であれば、放射線安全管理の観点からの脅威は何もない」これが結論?!福島原発が海に流出したセシウム仏調査


コスモス


日本人は、古きより
美しくやさしき自然に育てられて、
美しくやさしき詩人たるべく養われたりき。


山路愛山





このニュース、「この濃度であれば、放射線安全管理の観点からの脅威は何もない」という結論を上に持ってきて頂きたいです。聞きなれない単位や数字を持ってくるのは、大きな被害が出たかのような印象になります。

福島では、放射線による被害者は出たのでしょうか。これから長期的に出るのだとしたら、と不安を煽るような報道も多いですね。

どうしてフランスの研究所がしゃしゃり出てくるのかわかりませんが、原発大国ですからね。AFPがフランスの新聞社だから、というだけかもしれませんが、自国の状況に対してだったら、もっと表現に注意するのではないでしょうか。
いかにも、放射線量が多いと煽るような記事ですが、結論は問題がないのです。表現次第でだいぶ受け取り方が違います。

前回触れたように、フランスでは今年9月死傷者の出た原発関連施設での爆発事故について、即日に放射能漏れは0だと発表し、風評被害は一切出ていません。しっかりうまく対処しています。

海の放射線について、何か具体的な被害があったということを、そういえば聞いたことがありません。
水爆落下のスペインの村では、45年の間、風評被害から癒えないそうです。

聞いたこともない2.71京ベクレルなんて単位を聞くと、恐ろしいことが起こっているという印象になります。
(他のニュースでは東電推計の20倍という表現もありました。また、政府発表の2倍というニュースが韓国などで報道されているとか。)

ニュース記事をしっかり読んでみると、結論は違います。
セシウムは強力な海流によって希釈され、1リットル当たり0.004ベクレルの濃度で落ち着くとみられるということで、「この濃度であれば、放射線安全管理の観点からの脅威は何もない」と報告書では言っているのです。
しかしなぜかそんな言葉にさえも安心できない気持ちにさせられますね。
海に流した放射線廃棄物が普段より高濃度だったとして、2倍、20倍というのは、もしかして測定の誤差の範囲なのかもしれないのに。

地上でも被害が出ないという範囲のことで、どこが高いと恐ろしがっていますが、今まで放射線値を測定していなくて問題なかったのに…???
福島での最高の測定値も、核爆発などの死傷者が出るレベルからは、1000万分の1、1万分の1のレベルだということです。数十倍のレベルでは、すでに自然放射線として存在している地域差の範囲に入ってしまうということなのですが。
つまりやはり、放射線は0にすべきという迷信が絡んでいるような気がします。

海についてみれば、1リットル当たり0.004ベクレルになるという報告書の通り、問題はもっと起こりにくいのではないでしょうか。
海の放射能汚染で、実際に人体に害が出たり、生物に異常が出たという報告があるのでしょうか。放射線値だけでは、恐ろしいものは出ていないということになりはしないでしょうか。





今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:コスモス
by (C)緋佳さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



2011年10月29日

「虹」が街を包む?!尾崎豊の求めていたもの12


100774300_v1319839968.jpg


心のドアを開けて

尾崎豊





♪今日は尾崎豊さんのひと月早い誕生日、この曲を取り上げてみましょう。

「虹」
タイトル以外には虹のかけらも出てきません。彼はずぶぬれ。
「街中を銀色に染めてゆくこの雨の
小さな雫が瞳の中に落ちてくる
閉じた傘からはこぼれた雨が流れてく
水たまりに映った 君の影が 僕の心を開く」

銀色の雨が降る街で、
彼女こそが
彼の心を唯一開く「虹」のような
存在なのでしょう

とても爽やかなラブバラードです。

私たちも、心のドアを開けてみましょうか。




 虹


だから今日も雨が上がるのを
ずぶ濡れで待つおいらさ
おまえ呆れた顔をしないで
心のドアを開けて

街中(まちじゅう)を銀色に染めてゆくこの雨の
小さな雫が瞳の中に落ちてくる
閉じた傘からはこぼれた雨が流れてく
水たまりに映った 君の影が 僕の心を開く

だから今日も雨が上がるのを
ずぶ濡れで待つおいらさ
おまえ呆れた顔をしないで
心のドアを開けて

優しさだけなら素直になれるのに
嘘の痛みが僕の心を冷たくする
灰色の空の様な冷たさに震えてる
人波に心許せず 君を思う心だけが暖かい

だから今日も雨が上がるのを
ずぶ濡れで待つおいらさ
おまえ呆れた顔をしないで
心のドアを開けて


尾崎豊





今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:水平線から虹が・・ (2)
by (C)akemiさん
タイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



ラベル:尾崎豊
posted by kuri-ma at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする