さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年09月24日

ゲーム時代の明暗?!科学に貢献、ゲーマーたちの驚きの創意工夫能力!etc.


匠。


一日10回感動すること
それが長生きの秘訣です


加藤シズエ










以前から、ゲームのことは取り上げようと思っていたのですが、予想外のニュースが出ました。オンラインゲームを通して、科学者たちを10年もの間悩ませてきた酵素の構造を解析したのだということです。ゲーマーたちのお手柄ですね。ようするに、コンピューターでは解析できないようなことを、人間の頭脳とひらめきで解決できたということです。また、少数の科学者たちがチマチマするのではなく、大勢のゲーマーたちの手を借りることで実現したとも言えるでしょうか。
人間ってすごい。

たとえば、人は絵を描きますが、それを賢い犬や猿に見せても、なんの絵かは理解できません。コンピューターで絵はかけますが、微妙な特徴、人間だけにしかわからないイメージなどを個性を持って表現はできません。創意というのはないのです。インプットされたものしか、出てこないのです。
今回の事例も、コンピューターが出来ないことを、人間の驚異の創意工夫能力で実現してしまったのです。
これは、このゲームを編み出した人の力も大きいですね。同様のゲームをもっと作ったらよいかと思います。ただゲームをして時間を費やすのでなく科学に貢献できるなら。

ゲームというと、依存症の問題があります。中国ではネットショップで3日間ノンストップでゲームをしていた30代の男性が急死したことがありました。韓国でもゲームを禁止されて親を殺すという事件があり、シンデレラ法という16歳未満のオンラインゲームを時間制で禁止する法案が可決されています。

ゲームというのははまります。ゲームにはまると人格まで変わる、やめられなくなり睡眠時間も削る、人とのコミュニケーションも断つ…。こんなことがままあって、特に子どもや若者は要注意ですね。
パチンコで人生もすべて持ち崩す人の話をしましたが、パチンコはお金がとても掛かるので、それが激しいけれど、おもしろさではゲームは負けていません。DSにしても、オンラインゲームにしても…。多くの若者が依存症になっているかもしれません。

Wiiのような複数でやれる、体感型のゲームもあって、家族や仲間ともできるというので、これまた人気ですよね。米の高齢者施設でも熱狂するおばあちゃんたちの姿が!

ゲームが人間を虜にして久しいですが、依存症にならず、よいストレス発散の道具として、節度を持って付き合えればいいかなぁと思うのです。ちょっと近くなりすぎると、付け上がる相手だということを、知った上で。

今日もいい一日を
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:匠。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



posted by kuri-ma at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする