さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年09月18日

78歳が小学校入学?!ローマ時代の大規模遺跡が来年には見られる?!など《ブルガリアのニュース》


7385439ブルガリア by サップ.jpg


今が楽しい。
今がありがたい。
今が喜びである。
それが慣習となり、
天性となるような生き方こそ最高です。


平沢興







住めば都といいますが、その如くの国でした。(難ありの部分をあげたらキリがないけれど、愛すべき国になりました。)
私の思い出の中のブルガリアと、変わったとは聞いていますが、基本的にはきっとあまり変わっていないと思っていました。

…しかし、2番目のローマの遺跡は驚きです。
その昔ブルガリアはローマ帝国の支配下にありました。地方にはローマのコロッセオ風の小劇場も残っています。
首都ソフィアで大規模な遺跡が見つかり、それが博物館になり、さらに「欧州で最も美しい最新の地下鉄駅」ができるということ!…行ってみたくなってしまいますね。

最初にあげた78歳のおじいちゃんが小学校へ入学というニュースは、以前にアフリカのおばあちゃんの記事をあげましたが、とても微笑ましいものですね。
ブルガリアは長寿国でもありますし、お年寄りが元気なんですね。ヨーグルトのお陰かもしれませんが、野菜も果物も豊富で、とっても安いですから。
そろそろぶどうの季節。毎日ふんだんに食べられますよ。

もうひとつは伝統的なお祭りのニュース。
この記事はちょうど一年前のものですが、民族衣装姿っていいですね。音楽も踊りも。他の写真も見てください。

住めば都というけれど、一度生活して自分の街になった場所というのは、何年たっても、故郷のように懐かしいものですね。
人を愛するのと同じで、自分の生まれ育った以外の地というのは、違いをあげたらキリがありません。
私は現地の人たちと同じような生活をしていたので、よけいに感じるのかもしれませんが、いいところもありますが、実は欠点もたくさんあるのです。日本のように豊かで便利な所に住んでいた者からの視線で見れば、暮らしにくい点はたくさんありましたが、それはそれです。
ただの旅行だと、ちょっと感じにくい部分もあるかもしれません。
いずれにしても、おんなじ人間ですから、同じ空気に触れ、同じ水と食物を食べ、ちょっと片言で挨拶ができれば、通じ合えるものもたくさんあるものです。


今日袖触れ合う人と、よい挨拶よい触れ合いができますように。。。
今日もいい一日を
よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ブルガリア by サップさん
「写真素材 フォトライブラリー」からダウンロードしました
無断転用はご容赦願います

平沢興:医学者、京都大学総長



ラベル:ブルガリア
posted by kuri-ma at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の国々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする