さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年09月10日

10年前の9.11、あなたはどこにいましたか?!犠牲者の最期の肉声?!etc.


おはよう♪


禅の悟りとは、
いつでも、どこでも
死ぬる覚悟ができることだと思っていたが、
よく考えてみると、それは大変な誤りで、
いかなる場合でも、
平気で生きることであることがわかった。


正岡子規









10年前、同時多発テロが起こった時、米国はジョージ・ブッシュ大統領でした。シュワルツネッガー州知事も、今は女性問題で離婚もして大変ですが、そういうこともない頃でしたね。彼らのその日のコメントも載っています。

その日、私はたまたまテレビを見ていました。当時二男がまだ生まれて数ヶ月で、出産前に務めていた事務所に再び通い始めていた頃でした。なんで休んだかは忘れましたが…。見始めて、それから、目が離せなくなりました。

2機の飛行機が相次いで、貿易センタービルに突っ込み、ワシントンのペンタゴンにも突入し、貿易センタービルが崩壊し、隣のマリオットホテルも…。
(昨日の記事で、事件の経過が図解で載っていますしので、参考にしてください。また、上の4機のハイジャック機の飛行経路も参考に。)

今年の3.11の時は、やはり自宅にいて、地震も直に感じました。地震の後は津波、そして原発事故と…。
9.11では犠牲者約3000人、そして東日本大震災では約3万人でした。10年の時を隔てて起こった大規模な事件と災害。全然関係ないようで、やはり私には何らかの関係はあると思うのです。11日という忘れられない日を作ったもの同志でもありますし。

9.11の犠牲者の多くは最期の言葉を肉親などに伝えられませんでしたが、一部の人の肉声が残っていて公開されているようです。
これは、妻に残した留守電の言葉です。

「いいかい。僕の乗ってる飛行機がハイジャックされたんだ」
「とにかく君を愛してる、それだけは覚えていて。良いことをして、楽しい人生を送って欲しい。両親やみんなも。本当に愛してるよ」


こうして亡くなる時に「愛している」と伝えられたら一番いいですね。
パニックの中で亡くなった方も多かったようですが…。
私たちは今を生きていますが、多くの人を見送ってきました。今、聞いている音楽の演奏者も、そういえば亡くなった人で…。すでに亡くなった方々の影響の中で私たちは生きているんですね。

今日もいい一日を
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:おはよう♪
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

正岡子規の言葉は:
『生きる財産となる 名言大語録』より



ラベル:正岡子規
posted by kuri-ma at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする