さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年08月03日

「空」を見上げるゆとり?!〜柴田トヨの「だれにも朝はやってくる」6


夕陽と飛行機雲








さびしくなったら
私 空を見るの
家族のような雲
日本地図のような雲
追いかけっこを
している雲たちもいる
みんな 何処へ
流れていくのかしら

夕暮れには茜(あかね)
夜には満天の星

あなたにも
空を見上げるゆとりが
必要よ


出かける時には、必ず空に見とれてしまいます。
会うたびに色も違うし、雲の現われ方も違うし、私が見るかどうかもわからないのに、毎日演出してくれている。

大体は建物の中で過ごしているので、大スクリーンで終夜上演されているエンドレスの演目の大方は見逃していることになります。
何気なく見上げると、そこにいつもある大空。ビルとビルの合間を切り取ったような空であっても、私たちの心に訴えかけてくれるものはあるでしょう。
「空を見上げるゆとり」忘れていたかもしれませんね。

きれいな空に出逢うと、私は「心のカメラ」を出して記憶に収めることにしています。これは私にくれたプレゼントみたいに思ってしまうのです。
写真に収めようとしても、心のカメラでは空のきれいな部分だけが印象的なのに、実際には、建物や電柱や、いろんなものが入って、きれいな空の邪魔をするので、よい写真になりません。それはそれでいい絵ではあるのでしょうが…。最近はあきらめていて、カメラを持ち歩くこともありません。上手な写真を撮る方たちのことを、とても尊敬しています。敬意を表しながらありがたく、日々一枚か二枚、紹介させて頂ける、それを選ぶのも楽しみです。

そういえば、思い出したようにしか星空を見ていません。田舎にいる時はよく見たのですが、帰宅時間のせいもありますね。夏は夕空によく出会います。
さて、今日は空はどんな表情を見せてくれるでしょうか。

今日もいい一日を
よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:夕陽と飛行機雲
(C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

以下はakemiさんの写真のページからのコピーです
〜引用〜
☆夕陽をを浴びる☆
夕陽にもセロトニンを分泌させて交感神経を優位にする作用があります。
夕陽を浴びてセロトニンの分泌量が増えると、
その夜はメラトニンの分泌量が多くなり、
ぐっすり眠ることができます。
体の再生(自己治癒)や疲労回復は、
夜中の12時から2時頃の間に最も効率よく行われるといいます。
その時間帯には最も良い「熟睡」が得られるといいます。
そのためには11時前には眠りにつく必用があります。
ちなみに、この時間に眠ることをシンデレラ睡眠と言います。