さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年08月28日

私たちに命をくれた人って?!「いのちのまつり」


蕎麦の花&ミツバチ


この本は2008年から、小学校の道徳の副読本となっているのだそうです。本の背表紙にもうたわれていましたが、17万部を越えたようです。
これを読んだ時、即座に相田みつをさんのことばを思い出してしまいました。

 自分の番 いのちのバトン

父と母で二人
父と母の両親で四人
そのまた両親で八人
こうしてかぞえてゆくと
十代前で 千二十四人
二十代前では……?
なんと百万人を超すんです

過去無量の
いのちのバトンを受けついで

今 ここに
自分の番を生きている
それが
あなたのいのちです
それが わたしの
いのちです


みつを



似ているのは、真実から出たものだからでしょう。たとえパクリだったとしても、沖縄のオバアの言葉として、とても活き活きしているので、これはこれでいいかなぁと思います。

子どもが主人公だということで、子どもたちにも親近感があって、ピンと来やすいでしょう。
また、絵本なので、それもイメージに訴えるものとして、とても有効です。最初は両親の二人から頭に思い浮かべるのですが、4人、8人…と増えていき、頭の中でどんどんふくらんで、最後には数えきれないご先祖様の数で、6つ折にしたページ一杯に広がります。


 いのちのまつり
「ヌチヌグスージ」


この島のお日さまは、もう真夏のような輝きです。
サンゴ礁の海を七色に変えながら、
虹色の魚たちが元気に泳ぎまわっています。
空に向かってほこらしげに枝をのばしているのはデイゴの木。
今年の春も真っ赤な花をつけました。

おもしろい形をした石のお家(うち)の前で、
大勢の人たちがお弁当を広げて、
楽しそうにおしゃべりをしています。

男の人がサンシンをひきはじめました。
それにあわせて歌いだす人がいます。

あれあれ、ひとり、ふたりと陽気に踊りだし、
石のお家の前は大にぎわいとなりました。

さっきから、
まんまるな目でその様子を見ているのは、
はじめてこの島にやってきたコウちゃんです。
近づいてきた島のオバアにたずねました。
「みんなで、なにしてるの?」
「あれまあ、わたしたちにいのちをくれた、
だいじなご先祖さまのお墓参りさぁ〜」
「お墓参り!?」
コウちゃんが、お家と思っていたのは、
島どくとくのお墓でした。
島では春になると親せき中が集まって、
ご先祖さまに「ありがとう」を伝えるのです。

びっくりしているコウちゃんに、
こんどは、オバアがたずねました。
「ぼうやにいのちをくれた人は誰ね〜?」
「それは……お父さんとお母さん?」
「そうだねえ。
いのちをくれた人をご先祖さまと言うんだよ」
「お父さん、お母さんって、
ぼくのご先祖さまなの?」

コウちゃんは、またまたびっくりです。

「だけどさぁ〜、お父さんとお母さんに
いのちをくれた人がいなければ、
ぼうやは生まれてないさぁ〜ね」
コウちゃんの頭の中に、
4人のおじいちゃんとおばあちゃんの顔が
うかんできました。

「おじいちゃん、おばあちゃんも、
ぼくのご先祖さまだね」
「そうだねえ。
だけど、おじいちゃん、おばあちゃんに、
いのちをくれた人もいるさぁ〜ね」

ときどきお野菜をおくってくれる、
ひいおばあちゃんのことを思い出しました。

小さな体で毎日、畑仕事に精をだしています。
コウちゃんは、ひいおばあちゃんが見せてくれた、
お嫁入りのときの古い写真を思い出しました。

コウちゃんが生まれたときにはもういなかった、
ひいおじいちゃん、ひいひいおじいちゃんや、
ひいひいおばあちゃんが、写っていました。
みんなコウちゃんにいのちをくれた、
ご先祖さまです。

「ねえ、おばあさん、
ぼくのご先祖さまって何人いるの?」
「そうだね〜……」

コウちゃんは、
指をおって数えてみることにしました。

「ぼくにいのちをくれた人、2人」
「お父さんとお母さんにいのちをくれた人、4人」
「おじいちゃんとおばあちゃんにいのちをくれた人、8人」
「ひいおじいちゃんとひいおばあちゃんに
いのちをくれた人、16人」
「そのまた上に、32人」
「そのまた上に……」

「もう数えられないよ」
「ぼくのご先祖さまって、1000人くらい?」

「もっともっと、いるさぁ〜ね」

「じゃあ、100万人くらい?」
今度は思いきって言ってみました。
「どうだろうねぇ〜。
ずっとずっと宇宙のはじまりから、
いのちはつづいてきたからねぇ〜」
「オバアにわかるのは、
数えきれないご先祖さまのが誰ひとり欠けても、
ぼうやは生まれてこなかった、と言うことさぁ〜。
だから、ぼうやのいのちは、
ご先祖さまのいのちでもあるわけさぁ〜ね」

「なんだか、ぼく、不思議な気持ちがしてきたよ」

「ぼうやも、大きくなって結婚して、
子どもが生まれるさぁ〜ね。
また、その子どもが大きくなって、
結婚して子どもが生まれる。
いのちは目に見えないけれど、
ずっとずっと、つながって行くのさぁ〜」

「へえー、ぼくのいのちってすごいんだね」

「コウちゃん、さがしたぞ」
お父さんとお母さんがやってきました。
「あ、ぼくのご先祖さまだ」

いつのまにか、お日さまは
金色の海の中に沈もうとしています。

「コウちゃん、がんばれ!」
夕焼け雲の上から、たくさんのご先祖さまが
手をふっている気がしました。
コウちゃんも、
空に向かって高く高く、手をふりました。

そして、たくさんのご先祖さまに、
しっかり届くように大きな声で言いました。
「いのちをありがとう〜!」


生命(いのち)の旅は終わらない。
いや、終わらせてはいけないのである。 
「無限」という可能性を秘めて、
今、光り輝いている生命(いのち)の物語を
一人でも多くの人々に伝えてほしい。

作:草葉 一壽(くさば かずひさ) 
絵:平安座 資尚(へいあんざ もとなお)


沖縄では、先祖供養をとてもしっかりするらしいですね。本土では廃れ始めていることを、今も大切に家族ぐるみでしているようです。大切なことは、やはり家庭で自然に教えてもらうことなのかもしれません。

大切な命を守り抜いて、また誰かにバトンを渡していけるとしたら、しっかりと落とさないように渡していきたいですね。
この時代に命を与えられた者として、誰かの命にも関わって生きています。自分以外の誰かの命を輝かせていくために、私たちの命はあるのでしょう。私たちの魂は、誰かに真心をこめてあげる時に、最も輝いていくのですから。
今日出会う人に、笑顔と真心を伝えられますように。


よい一日を
よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:蕎麦の花&ミツバチ
(C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



いのちのまつり「ヌチヌグスージ」
作:草葉 一壽
↓ 中身も一部見れます



kuri-maの参考記事:
 両腕のないピアニストのもらった命のバトン?!

kuri-maの参考記事「いのちのまつり」シリーズ
 私たちの命の出発は?!絵本「つながってる!〜いのちのまつり」より
 「おかげさま」に支えられる感謝の毎日?!〜おかげさま「いのちのまつり」より



2011年08月27日

ガーナの少年(11)が義援金4000ドル集める?!「アフリカの角」飢饉【関連記事】


2011.08.26 和泉川 木の間の虹


100人に食べ物を与えることができなくても、
1人なら出来るでしょ?

この世界は食べ物に対する飢餓よりも、
愛や感謝に対する飢餓の方が大きいのです。


マザー・テレサ





この添付したニュースに添えられたもう一つの記事に、私は注目しました。ひとりの純真な少年が飢えに苦しむソマリアの人々を案じて始めた募金活動で、これだけの募金を集めたのです。円に換算すれば30万円に過ぎませんが、アフリカの街で集めたお金だということが価値があります。
アフリカ連合では、約270億円の拠出が決まったといいますが、アフリカでは、自国のことで精一杯の国もあるようで、首脳会談に出席したのは4名の国家元首だけだったということ。後は代理でしょうか。そして、小国レソト王国が表明した拠出額は、上の少年の義援金の半分だといいます。

アフリカがアフリカの問題を自分たちだけで解決するのは、まだまだ難しいですが、こんなふうに、アフリカ内部からも動きが起こるのはとても望ましいことだと思いますし、それにつけても、ガーナの少年の気持ちに心を打たれました。

AFPのこの記事では小見出しに「ギニアの少年」とあるのに、本文には「ガーナの少年」となっていて、どちらが正しいか判断しかねるのですが、とりあえずガーナとしました。間違っていたらすみません。

いずれにしても、この少年のきっと、真心に共感したから、義援金を集めることができたのでしょう。「愛」の思いはお金を呼び寄せます。心が動くからお金を出すのでしょう。
この愛を伴った義援金は、きっと単なる義援物資になるのではなく、活かされたものとなって、困った人の元に届くでしょう。
だから、寄付金には心をこめるのがいいのです。ただの物ではなく、温かい思いも、一緒に苦しんでいる人たちに届くに違いありません。真心と愛は目に見えませんが、目に見えないからこそ、必ずその人に届くのです。

愛や真心、祈りは空間を越えて、きっと彼らに届きます。物資より先に瞬時に届くでしょう。そして、その愛と祈りは、愛をこめ祈りをこめた「物」なり「お金」を覚えていますから、ソマリアの現地に引き寄せるのです。
いいものに使うお金はけちってはいけませんが、その時に真心もしっかりこめるのです。純粋に誰かを思う思いというのはとても貴重で、強いパワーを持ちますから、その現地の人を救うと共に、金は天下の回りもの、といいますが、実は知らないうちに、出した本人に戻ってくるのです。お金はすぐに戻ってこなかったとしても、「徳」となって戻ってきます。徳は福を呼びよせますから、簡単に元は取ることができます。
もちろん、見返りをもとめなかった場合に限りますが。

「愛」と「真心」、そして「祈り」がアフリカの角に注がれることを願います。

今日もいい一日を!
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:木の間の虹
(C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


ソマリア関連記事




posted by kuri-ma at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

中国はどこに行くのか?〜侵略へ?!


いつも群れ飛ぶカモメだが・・・。


最悪に備えれば、最善が自ずとやってくる

ユダヤの格言









これが、昨日あがってきた中国関連のニュースです。いよいよ不穏になってきた、かの国の動きです。

「自由」という言葉を中国は嫌うようです。ガガなどの100曲をウェブサイトに載せることを禁止したということ。検閲ということを聞くと、日本人にとっては、時代錯誤という感じで思考がついていかないのですが、中国当局としては大真面目でそれをやっているのです。

日本の戦時中も、戦争に向かっていく勢いを誰も止めることができなかったように、中国にいる一般民衆、ひとりひとりは同じ血の通う人間だったとしても、恐ろしい方向に迷わず進んでいる国の勢いを止めることはできないでいるのでしょう。
また共産主義という考え方は、ファシズムの上をいく人間性を無視する考え方ですから、同じ血の通う人間だから、中国人もいい人だから、とは安易に言えないのです。ちょっと触らない方がいい相手です。

中国の海軍が増強されているというのは、かなり信憑性のある内容です。私たちがニュースで聞いていても、特に海を巡るものが、対韓国についても多いようです。
ハイテク兵器を投入しているという中国。米国を脅かすような軍事力を持つとしたら、恐ろしい話です。

中国にとって、最も気に掛かるのが台湾でしょうが、韓国や日本のことを狙っているのも、まぎれもないことでしょう。自国に取り込んでいるチベットやウイグル自治区の惨状、東南アジアに延びている触手を見ると、これはのほほんとはしていられないと感じます。
かの国は今も着々と準備をしているのです。日本も備えているのなら、よいのですが、自衛隊はいるとはいっても、軍事費は削られる一方で維持するのがやっと状態、古いままの設備を使っているといいます。頼みは米国ですが、財政難の中、オバマさんは強気には見えません。

昨日もちょっと述べましたが、フジテレビ前のデモもなんか、ちょっとなぁと思うのです。私が韓国ドラマファンだから、というのではなく(笑)、韓国とは仲良くしていかなければならないのに、すぐ近くで大国が呑み込もうとしている時に、もめている場合ではないでしょう。
上手に煽られてるなぁと感じてしまいます。

またもや、全世界で地震やら台風やら、中東では相変わらずの息もつけない状況があったり、何かとてつもないことがあってもおかしくないような、霊的なざわつきを感じてしまったので、とりあえず今日は、最も不穏な中国の状況をお伝えして、意識していただきたいと思いました。
平和への祈りの束が必要です。私たちを守るのは、具体的な軍備も必要不可欠ですが、見えないバリヤーを作る祈りの力も大きいと思うのです。
それから、笑顔を絶やさないようにしましょう。悪いものを寄せつけませんから。
常に祈り、人に対しては笑顔で接する、これは大きな武器でしょう。

今日もいい一日を
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:いつも群れ飛ぶカモメだが・・・。
(C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います