さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年07月28日

「SFは科学に否定されるのか」タイムトラベルは不可能?!UFO写真は発泡スチロールの偽物?!


二重蓮。


「私は先のことなど考えたことがありません。
すぐに来てしまうから」


アルバート・アインシュタイン







SFの世界から、タイムトラベルと宇宙人を排除したら、どれだけ面白くないでしょうか。そもそも、科学的根拠があるなしに関わらず、タイムトラベル物は創作されてきましたし、熱狂的にUFOを信じる人たちも存在します。

上の記事によると、タイムトラベルが不可能だと証明された、とのことですが、これは10年ほど前に科学的に可能かもしれないという説があがっていた、これが覆された結果です。研究者たちは、単にアインシュタインの説を証明したにすぎません。(それ自体は、とても素晴らしいことであると思いますが。)
「光子1個は光速を超えることはできなかった。アインシュタインの因果律、すなわち結果は原因なくして起こりえないとする主張が正しかったことが確認された」とのことなのです。
アインシュタインがタイムトラベルを意識して研究したわけでないようです。

また、このUFOですが、90年代に信憑性のあるものとして信じられていて、当時ベルギー空軍機を調査に出動させてしまうくらい、物議を起したものだったとのことです。今回、本人たちがテレビに出演して自ら発泡スチロールの偽物だったと明かしたということです。
UFOというのは、マユツバの写真が多いんですね。
中には本物を見た人がいるかもしれませんが。

タイムトラベルにしても、UFOにしても、頭ごなしに否定するものではないと、私は思っています。これらは、枠にとらわれずに他の観点から見ると、理解できるものです。

タイムトラベルについては、「時間」というものを前提に考えているから、「過去」や「未来」に飛び越えることは物理的に不可能、とここで終了してしまうのですが、時間を越える存在があるという観点からみれば、すべてが可能です。
誰か頭のいい方がいずれ証明してくれるでしょうが、神のような存在があるとすれば、可能なことなのです。

「時空」という言葉があります。「空間」というものを時間もからめて計算して、瞬時に移動することは科学界でよくよく研究され、様々な乗り物に応用されているのではないでしょうか。
「テレポーテーション」というものがSFにありますが、これは霊であったら、簡単にできることです。私たちのご先祖もやっていることかもしれません。
それをこの現実に応用するということが、科学の世界であって、それが可能という前提で作られているのがSFの世界です。SFは証明されていないだけで、科学を先行したものなのではないでしょうか。

また宇宙人についてですが、私は何らかの霊的な存在が、見え方によって宇宙人と判断されてしまったのだろうと推測しています。
昔、欧米では、妖精とか精霊、幽霊が信じられていてそういうものを見たという証言も多かったのですが、UFOや宇宙人というものが言われるようになってから、そのまま証言はUFO、宇宙人目撃に入れ替わったようです。(つまり、不思議なものの目撃情報の数は変わらないが、時代により妖精からUFOに変わったということ)

現実の目に見える世界だけしか存在しないとすると、ありえないものですが、「あの世」の世界の存在を信じた時点で、すべてが可能になります。

昔は、飛行機やロケット、ロボットも夢のような存在で、SFの世界にのみあるものしたが、今は現実に当たり前のように存在しています。電話や携帯電話、インターネットなども同様です。もっといえば、電気にしても、大昔の人間から見たら、信じられないものでしょう。電化製品の一つ一つが夢の産物です。
私たちは、すでにSFの世界に生きているのです。
電気、電波、ないとしか思えないものが実際には存在しています。目に見えないもので大切なものは実にたくさんあります。空気もそうです。

神様と、霊界を知ることで、実は一歩先の近未来を先取りすることになる、私はそういう風に考えています。そして、いずれ科学的にも証明されていくでしょう。証明されるのは後になるのは仕方がありませんが、まだ証明されていないからといって、事実無根というわけではないのです。




今日もいい一日を
よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
トップ写真は:二重蓮。
(C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
いずれも撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います