さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年07月22日

可能性は無限?!義足で世界選手権資格獲得/障害者は世界人口の15%/盲学校生徒の「心の目」写真展


ハートみっけ♪
 

肉体は鍛えれば鍛えられる。
そして、心も、つかみどころがないけれど、
鍛えれば鍛えることができるんです。


鍵山秀三郎
(イエローハット創業者)








「ブレードランナー」として知られているオスカー・ピストリウスは、北京オリンピック出場は逃しましたが、8月に行われる世界選手権出場資格を獲得したということです。義足でのハンディを越えての快挙、韓国に注目したいですね。
↓ こちらの記事も参考に
大邱世界陸上、義足のピストリウスも出場か
中央日報


6月に世界銀行とWHOが発表した2010年の統計によると、心身に障害を抱える人は、世界人口の15%に当たる約10億人で、障害者のうち5人に1人、約2億人が、重度の障害を抱えていたといいます。
心身の障害の内訳は分かりませんが、心的障害者が増えている気がします。
いずれにしても、1970年代の報告では10%だったことを見ても、全体の障害者率は上昇しているし、今後も増加しそうです。

もう一つのニュースはニュースとしては古いですが、盲学校の生徒が撮った写真展の内容です。音を頼りに、シャッターを切り、見事というような写真を撮っているようです。「勘が働く」のだそうです。2008年にはNHKで取り上げられたり、これは2009年のものですが、それ以降の情報が検索できないのですが、続いているといいなと思います。

私も、以前東欧のブルガリアに行っていた時、盲学校を何回か訪問しました。
一番反響がよかったのは、折り紙を教えた時です。ほとんど目の見えない子たちが、手の感覚などで、一生懸命作ってくれました。出来上がった時の嬉しそうな顔は忘れられません。折り紙は特に鶴や風せんなど最後に立体的になるものが特に皆感動するんですが、目の不自由な子たちには尚更のようでした。
その当時の写真はデジタル化されていないし、ネガも手元にないのですが、いずれまたお見せしたいですね。

体に障害をもつ子供たちは、障害のある分、その他の感性が研ぎ澄まされるようです。
また知的障害をもつ子供たちは、心が純粋な気がします。

障害者が身近にいるこの時代、五体満足に見えても、心に傷をもっていたり、全てを具えているように見える人ででも、何かしら足りないものがあるのではないでしょうか。
一番大切なものは何なのか、考えていきたいと思います。


今日もいい一日を!
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ハートみっけ♪
(C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


kuri-maの参考記事:
「彼は私たち家族のお守り」世界一背の低い男性、ギネス認定?!





2007年の写真展に参加した方のブログ
写真集の画像も → こちら



posted by kuri-ma at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする