さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年07月19日

日本代表、なでしこジャパンが世界一となった理由とは?!


2011.7.18 07 09 米国を破り初優勝を果たした日本イレブン=フランクフルト(共同)
 

写真40枚
国際ニュースAFPBB




これまでのなでしこジャパンの軌跡の写真集はこちらから
石原都知事…?!/なでしこジャパン【写真特集】


HAPPY BIRTHUDAY TO ME!!!
なでしこジャパン、優勝おめでとうございます。
専門的な優勝の原因なんて、並べたてるつもりはありませんし、その前にできません。
私は、「なでしこジャパン」の呼称が、十分に勝利を呼んだと思っています。日本を代表とする言葉として、これほどいい言葉はありません。

もともと「大和なでしこ」といえば、女性らしい、おしとやかな日本女性の典型を表した、女性の最上の褒め言葉でした。
いつ、「なでしこジャパン」の呼び方ができたのかは知りませんが、今では国内の女子サッカーリーグも「なでしこリーグ」と呼ぶように、女子サッカー自体に「なでしこ」と付けられているようですね。
もともとの語源となった「大和なでしこ」の意味から見るなら、活動的な女子の軍団である「女子サッカーチーム」の名前にはそぐわないのかもしれません。
しかし「大和魂」という側面から見た時に、日本の持つ最大の美徳である「サムライ魂」のようなものをもった女性、という風に考えれば、現代の日本を代表する女性のチームの呼称として、これほどふさわしいものはないと思うのです。

日本人というのは、特に日本女性というのは、海外で人気を取れるんですね。日本女性はかわいいし、チームに献身的なんですね。その順応力というのか、チームのカラーなどにすぐ馴染む、そして一生懸命に尽くそうとする、まじめにコツコツ頑張る、いつの間にか、海外のチームに入っても大切な役どころを、特に精神的な面ではつかんでしまうということがあると思います。
ですから、代表チームにしても、結束できるんでしょう。

また今回は、震災があって、被災地も含め日本全体に力を与えてくれましたが、日本を背負って立つことに変な気負いがなく、追い風にして、メンタルな上での「大儀」としても掲げながら戦えたのではないでしょうか。

私たちに出来ることをしよう、震災で日本人が心に刻んだことのひとつでしょう。きっと、そんな思いは、選手一人一人の胸にもあったはずです。
誰もが予測しなかった、W杯優勝という快挙を、やってくれましたね。

撫子(なでしこ)というのは、可憐な花の名ですが、ドイツでも、なでしこを訳していうのではなく「Nadeshiko(なでしこ)」で固有名詞として通用するようになったということですね。
なでしこジャパンの偉業ゆえに、日本、日本女性の評価が上がり、一つの日本を表す言葉がまた一つ、世界に知られるようになりました。

今日もいい一日を!
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

写真は:
米国を破り初優勝を果たした日本イレブン=フランクフルト(共同)
(C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



posted by kuri-ma at 06:32| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする