さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年07月15日

石原都知事「原発必要、核兵器保有すべき」?!/なでしこジャパン【写真特集】


2011.07.14 日本−スウェーデン 後半 勝ち越しゴール 沢 フランクフルト(共同)






なんでこの二つのニュースを並べて載せるか、といえばちょっとバランスを取りたかったからと、単に重なったからという理由があります。
なでしこジャパンについては、疲弊した日本に活力を与えてくれて、大和魂を見せてくれて、とても爽快な気持ちにさせてくれました。誰もが、賞賛するグッド・ニュースです。

石原都知事の話は、ごくごく、もっともなことを言っていると私は思うのです。
なのに、過激なことを言ってと、批判する意見がブログなどでは多いようです。この方は人気があるから、好き放題のことを言っているのではなく、正しいことだから、しっかりとした見解を言っていると思います。

原発問題については、ヒステリー的な現象が既に起きていると思うので、「原発が必要」と聞くだけで、「なぜよ?!」となるんでしょうね。石原氏は総選挙で更にこの「ヒステリー」は激しくなるだろうと言われています。

確かに東電の一連の行為には、批判する点が大いにあるのですが、私たちはこれからのことを考えなければなりません。
どうか、感情的にはならずに、じっくり記事を読んで頂きたいと思うのです。

バイオマスや太陽光で、電力は補えないというのは、明らかなことでしょう。
太陽光については、同時にオール電化を勧めるのですが、???と思ってしまいます。うちはまだ使えるガス機器や石油ストーブを廃棄する気はありません。
コストのことを考えても、また安全面を考慮した上で、原発はまだまだ必要ということで、納得する意見です。
 原発を全基停止すれば年間4兆円規模の発電コスト増が料金転嫁され、10年間の実質国内総生産(GDP)を平均2・5%押し下げるとの大和総研の試算もある。環境省の試算では代替火力が温室効果ガス排出量を16%増やす可能性があり、「脱原発」への道のりは険しい。


核兵器についてですが、私も丸腰の日本には不安を感じてきました。
スイスのような平和と中立のイメージのある国でも、軍備は最強です。平和を語るなら、最強の防御がなければならないはずです。

原発の放射能よりも、怖いのは、さらなる大震災がいつ起こるかわからないこと、そしてそれよりも怖いのは、ミサイルを始めとする、中国・北朝鮮・ロシアなどの軍事的脅威です。
中国で恐ろしいのは農薬野菜だけではありません。
尖閣諸島問題でも、完全な不起訴相当の船長を簡単に帰してしまいましたが、この時にすでに震災での不手際は予告されていたようなものでしたね。

菅首相は「脱原発依存」の方針を発表しましたが、(下に記事記載)
首相の考えの方がもっともなのでしょうか???当事者であり、最高責任者でありながら、東電に全てをかぶせ、責任転嫁している人のお話ですが…。まるで盲目の人に国を任せ、引かせているような今の状況が、怖い。私たち国民に罪をかぶせ、言い訳をしている状態でしょう。
今までになく、鼻息の荒い話をしてしまいました。チクリしか言って来なかったのですが、ちょっと噴出してしまいましたね。

石原都知事といえば、震災後まもなく「天災」発言をしたとして、責められていましたが、何も犠牲になった人たちがバチが当たったと言った訳ではないでしょうし…。私もこれは天災だと思い、当ブログでもそんな記事を書いていました。→ なぜ、天災が起こったのか?!そして、祈りと連携がパワーを呼ぶ!
私たちが、自分たちの姿勢を反省し、これからのあり方を考える上でも、間違った考えではないと思うし、多くの人の意見を代弁したと思っています。

今回も、「その通り!」ということをお話してくださいました。
石原都知事並の人がもっといてくれたら、日本は安心なんだけどな、と思います。おそらくそういう方々がいるはずなので、ちゃんと選んでいきたいですね。

原発にヒステリーになるのは、気持ちもわかるのですが、得になることではありません。そして、そんなあなたのヒステリーをヒートアップさせるべく、原発反対派や戦争反対の美名の下に、訳の分からない方向に持っていこうとする勢力もあるんです、実際。そういう人たちが、うまく煽ってるっていう気がしてなりません。ヒステリーはやめておきましょうよ。


今日もいい一日を
よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:
日本−スウェーデン 後半 勝ち越しゴール 沢 フランクフルト(共同)
(C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います





石原都知事と菅首相の記事を差し替えて掲載していたので、訂正しました。