さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年07月04日

節電の夏に?!やさしい風の「扇風機」柴田トヨの「だれにも朝はやってくる」5




扇風機


向きを変えて
叩かないと
まわり出さない扇風機
カタカタ
苦しそうな音

思いきって 明日
買いかえることにした
四十年間
やさしい風を ありがとう

ゆっくり休んでね




節電ブームの中、扇風機の売り上げは上々、生産が間に合わないそうですね。
昔の扇風機は、頑丈で、簡単には壊れませんでした。
40年ですから。40年。赤ちゃんが生まれて、一人前になって、その子どもがいっちょ前のことを言うようになるほどのとし月です。
今の扇風機は、数年でなんやかや支障が来ます。10年たつと、次々に家電が壊れていきます。また買い換えればいいわけですが…。最新型に。

我が家では、扇風機は一年中使っています。何かの番組でこのワザを知って、雨の日には部屋干しで、扇風機をかけておくようにしています。洗濯物の多い我が家にとっては、扇風機のお陰でとっても助かってきました。時々、マカロニなどを茹で上げて、冷ます時にも使えますし。
休むことなく、風を送ってくれる扇風機は、すごい存在です。

今年はウチワもよく売れているようですね。こちらはもっと自然な風が作れます。風のほしい顔だけに当てられるのは、嬉しいことです。
子どもの頃は、ウチワでずっと扇ぐことができませんでした。疲れてしまって、休み休みでしか扇げませんでした。大人になってからは、わけもなくできることですが。
我が家の団扇は、半分が運動会の応援歌が貼られた紅白のものです。なんか、邪道な使い方なんですが、そこからウチワに馴染んでいきます。

日本人としては、この節電の夏、やはりこういういいものが見直されるのもいいのかなと思っています。


今日もいい一日を
よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村