さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年07月01日

ブログパーツ置き場

まねきねこダック占い


フラリウム バッド(下向き矢印)ふたをクリックすると、餌をあげられます


動物が飛び出すブログパーツ!
    


国産小麦シリーズ「たこやきさん」  
 


  

国産小麦シリーズ「たいやきさん」






posted by kuri-ma at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寂しくなって徐々に下を向く「夕顔」?!金子みすゞ詩の世界22


9439662花が付いた かんぴょうの実 by マグナ.jpg


夕顔

お空の星が
夕顔に、
さびしかないの、と
ききました。

お乳のいろの
夕顔は、
さびしかないわ、と
いいました。

お空の星は
それっきり、
すましてキラキラ
ひかります。

さびしくなった
夕顔は、
だんだん下を
むきました。


最初は、上を向いて「さみしくない」と言い切っていた夕顔が、だんだん下をむくという表現が、かわいい詩です。「夕顔」というのは、みすゞの詩にも他に登場します。
「不思議」ではひとりでパラリと開きます。
花が開き、閉じるということに、花自体の意思があるかのように感じられるくらい、この自然の様は当たり前のことだけど、当たり前ではすまされない、本当に不思議なことです。

みすゞは夕顔をよく描きますが、一般に朝顔の方が華やかだし、普及しているようですよね。節電対策で、花の簾にしたら粋なんでしょうが、早くからの準備がいりますから、私はいつも出遅れてしまいます。

朝咲いて、午後にはしぼむのが朝顔で、夕顔というのは、本当に夕方咲くんですよ。浜辺に近い所にあるという印象があります。
私がそだった海辺でも、松林に近い砂浜の辺りに地に広がるように毎年咲いていました。朝顔に比べたら、改良があまりされていないからでしょうか、ごくごく地味な花なのです。

写真の夕顔は、かんぴょうの花、蕾です。みすゞの描いたのも「お乳の色」というところから、同じ花と思われます。
私の知っている夕顔は、その一種ではあるのでしょうが、かんぴょうではないと思います。


「夕顔」というと、源氏物語に、光源氏の恋人の一人として登場します。男性によって生きるしかなかったその頃の女性。この「夕顔」は、薄幸の女性として描かれています。光源氏の前の恋人、「六条の御息所」という地位のある未亡人の嫉妬によって、その生霊で死んでしまうのです。正室の「葵の上」の方だったかな、両方だったかな。
平安の頃の人々は、「生霊」というのを信じていたのでしょう。私は平安の人間ではないのですが、信じる方です。生きていても死んでも、魂はありますから。


夕方の陽射しを受けて咲く花、そして朝にはしぼんでいるそのキリリと巻いた蕾。寂しくなって、うなだれていくというのが、なんとなく女性らしいですね。

今日もいい一日を
よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村



posted by kuri-ma at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 金子みすゞの詩の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする