さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年05月31日

本物は残る?!「震災後日本」の伝統工芸、物つくりの方向性とは


一葉。
 



手間をかけたものは、当然質があがる。
見えるところだけを取り繕っていても、
そのうちメッキははげる。
みえないところからつみあげている手間は、
どんな負荷やショックをあたえられても、
本質がこわれないので、
体力をもっているのです。




昨日は音楽のお話をしましたが、今日は日本の伝統工芸、職人技についてです。「匠」という言葉がテレビ等で安易に使われるようになりましたが、隠れた「匠」は日本中におられることでしょう。
匠は「巧み」に通じます。そういう技術人から人へと伝わって来たもの、今若い世代へと受け継がれようとしている、そのことだけでも感動的です。

日本の匠とは、美しくシンプル、
そしてプリミティブであること。
美しい驚きは
人生の喜びであると
僕は日々考えていますが、
良い驚きは
ひとを幸せな気持ちにしてくれる。


上の記事は「能作」という伝統工芸を極めた会社の紹介です。会社と展示会のPR記事なのですが、内容がよいので、ほぼ全文を下に掲載することにします。

■美しい驚きは人生の喜び

 能作は、物作りに対する姿勢はもちろんのこと、次の世代に対して伝統工芸の匠の技を継承する姿勢がすばらしい。
伝統は革新であり、革新こそが伝統。この言葉をよく職人さんたちと話しますが、能作のやっていることはまさに伝統を活かしつつもモダンなデザインを発信するそれです。
 たとえば、彼等が作り出す風鈴。見た目からおしゃれなのはわかってもらえるかとおもいますが、実は音色までデザインされている。その企画力と発想力、さらには具現化する力、つまりブランド力に秘密がある。そこには日本人特有の極めるという概念が垣間見られるのです。

 そもそも日本の匠とは、美しくシンプル、そしてプリミティブであること。美しい驚きは人生の喜びであると僕は日々考えていますが、良い驚きはひとを幸せな気持ちにしてくれる。能作が生み出すものや人は、まさにそれ。人から人へ渡ることで人の喜びを生み、連鎖を生む。そこには楽しい会話があり人とのコミュニケーションがある。ものに留まるだけではなく、そこから無限の力を発揮してくれる。

■なぜ今能作なのか?

 もちろん震災が起こったことによって多くの人々がいろいろなことを考えさせられたと思います。しかし、それ以前から我々日本人は、日本の風土や国土、文化についてあらためて考える節目なのかもしれません。本来日本は、資源の少ない国。一方で、技や人が生み出せるもので立国してきた国ともいえます。デザイン力、企画力、知恵をブランド化することにおいて優れている。そのなかで職人はペルソナになれる存在です。そんな素晴らしい職人たちを多くかかえ、育てている能作はある意味、日本の物作りの方向性を指し示している。自動車や家電などはその延長上にあるといってもいいのではないでしょうか?最先端の技術は、匠の世界の集成体そのものなのです。主張するばかりではなく、受け入れて協調することに長けている民族なのですから、異なるものを調和させながら生きていく技術、これこそが日本がこれから先、強めるべき点ではないでしょうか?単に工業品にとどまらない工芸品を生み出す、美意識を伴ったものづくりこそが今、立ち戻る原点かもしれませんね。

■能作展を通じて伝えたい本物とは?

 今回の展覧会では、物作りをしている日本人について知ってほしい、そして職人の美意識を観て感じてほしい。さらに、良いものはなぜ高いのか、その裏付けとなるものかもしれません。本物ってなんなの?ということをわかりやすく GYREを訪れた人に感じてもらえればうれしいですね。

 そもそも、手間をかけたものは、当然質があがる。見えるところだけを取り繕っていても、そのうちメッキははげる。みえないところからつみあげている手間は、どんな負荷やショックをあたえられても、本質がこわれないので、体力をもっているのです。手間をかけることの重要性をわかりやすくしたのが、能作展だと思っています。だれがみても、それがたとえ子供であろうと外国人であろうと、観てわかりやすいってことが大事。つまり、誰からみてもわかりやすいということは、若い世代からの視点とおなじだと思うんです。日本人としての明確な答えが今ないなかで、我々日本人はこれから何を大切にすべきか、その点において多少なりとも感じてもらえるモノがあればいいかな。

■空間は記憶に残る

 人間は常に、今自分がどこにいるのか現状確認をする生き物です。今回、展覧会のスタートと同じくしてGYRE館内の中央吹き抜け部分のモビールインスタレーションも能作の製品をつかって8月中旬まで行います。能作と出会い、音と出会い、空間に包み込まれる。この空間がこうやってうまれたというレシピを、体感してほしい。この風鈴をつくってくれたひとはこういうひとなんですということを伝えることによって、より多くのことを来た人がそれぞれに想いを馳せてくれるといいですね。自分が出会った情報を体験することでその感覚は、期待から印象へ、そして記憶へと還元されていきます。今回の展覧会では記憶に残すための方法として、普段と違う風を感じ、音を観てほしい。
谷川じゅんじ氏


風鈴などの作品が見れます
能作NOUSAKU


今日もいい一日を
よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村