さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年05月19日

原発25kmで闘う医師たちの強い意志?!/キム・ヨナ賞金を震災に寄付!など


指きりギンラン。
 

もしわたしが羅針盤をもっていたら、
この嵐だってなにほどのこともありませんし、
もしわたしに良心というものがあれば、
いくら大事件が起こっても、
びくともするものではありませんよ。


ヴィクトル・ユゴー





このニュースには、正直感動しました。こういう人がいるんですよ。
福島原発から25km離れゴーストタウン化した南相馬市で、現在も治療を続けている医師がいるとのこと。
どんな患者も受け入れる。4人の看護師とともに、1日最大120人程度の患者を診察する。大半が高齢者で震災後、政府の避難・屋内退避指示に従い、電気、水、食料のない状態で厳しい寒さを耐えた結果、肺炎を患ってしまった人が多い。

 医者としてここを退くべきではないと思ったと高橋医師は語る。自分がやらなければ誰がやるんだと、自分に言い聞かせた。放射能への恐怖はあるが、南相馬で診療を続けることが使命だと覚悟を決めた。もしかしたら、これが自分の医師としての人生の最終章にあたるかもしれないと思っている。
上記記事より

また、海外医療チームも複数活動してくれています。そのうち、ヨルダンの医師の話をどうぞ。

ヨルダンチームのある医師(34)は「日本の政府と国民は、これまでにさまざまな場面で、ヨルダンを助けてくれました。われわれはその恩返しをすべきなのです」と語った。

 この医師は、福島第1原発から漏れ続けている放射能についても心配していないと話した。「25キロしか離れていない南相馬でも放射能レベルは極めて低い。心配は無用。過剰反応すべきではありません」

 合同チームを率いる福島医大の高瀬信弥医師は、高い志を持ってやって来た海外の医療チームによる支援は、避難民の健康を改善させると共に、放射能への恐怖で精神的ショックを受けている人々を元気づけ、大きな力になっていると語った。
上記記事より


もう、言うことがないです。
こういう心の姿勢の人は、悪いものを吸収しにくいので、放射線の影響もでにくいんでしょう。何よりもその精神が素晴らしいから、なんでもはねのけそうです。


また、海外からいろんな形で支援をしてくださる人たちがいます。体を張ってくれている上の医療チームや医師たちには比較にはなりませんが、とても尊いことですね。





キム・ヨナ選手は、昨年はハイチ地震のために1億ウォンを寄付していますが、今回2位だった世界選手権の賞金全額(約220万円)を東日本大震災の被災者義援金に寄付したとのこと。

以前取り上げた石川遼選手の今年の賞金全額寄付の決意も潔いと思いましたが、→石川遼、賞金全額寄付予告★☆★パンダ、パンダ!日本に希望を?!
こういう姿勢がいいんですね。それぞれの選手の事情は違いますから、あの人はなぜしないのとか、何もいえません。

しかし、こういう潔く善い事にお金を捧げられる人は、残ったお金は浄化されてしまうので、お金に呑まれたり、そういう悪い影響は受けません。逆に運勢がアップすること間違いナシですから、成績にもよい影響があるでしょう。ただし動機が純粋である場合なのですが、もちろん純粋に違いないと思います。

今日もいい一日を!
よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村