さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年05月25日

作家・辺見庸「瓦礫の中から言葉を?!」インタビュー全文


2009.06.27 日比谷公園 アカツメクサ.jpg


自分たちが、あるいは失われた命が、
世界のどういう位置にいるのかということを
分からせてくれる言葉を発することができれば、
もっと人の魂、今生きている魂、
そしてこの宙に浮かぶ亡くなった人たちの霊が
もっと休まるのではないかという風に思います。


辺見庸



これはNHKのETVこころの時代〜宗教・人生〜で放送されていた作家・辺見庸さんの言葉です。たまたま目にして、慌てて録画しておいたものを、ようやくしっかり見ました。
下にインタビューの全文を掲載します。

辺見氏は、「書く人」というのは、3.11以前に今の内容を予感して、もっと書くべきであった、と言っておられますが、私もしがない一ブロガーとして、それは感じていました。言ってはいたのですが、足りなかったと、思っています。
大切なものをこそ、訴えるべきです。震災前のすべてが悪いのではなく、でも悪い方向に行っていたもの、動機が間違っていたものが確かにあったので、よいものを探し出すようにし、選び抜いた言葉を発信していきたいです。

番組は1時間でしたが、最後の20分弱、インタビューの内容だけは、ほぼすべて録画できたので、全文書き起してみました。(最初の部分だけは、書き起こしされていたものを利用させていただいています。)それでは、どうぞ。

「瓦礫の中から言葉を」 作家 辺見庸

今流されているテレビのニュースの言葉。あそこに事態の本質に迫る、本質に近づこうとする言葉はあるだろうか。今、表現されている新聞の言葉の中にこの巨大な悲劇の深みに入っていこうとする言葉があるだろうか。

物(モノ)化された人間、つまり人が一体としての身体の形を留め置かないもの、部位としての人間しかないものが多数あったわけだけれども、それをないことのように映してしまう。それは人を救っているようで、ひょっとしたら違うのではないか。人はある日突然、全くゆかりもなくモノ化してしまうという哲理を、それをメディアは無視する。それは却って畏れ多いことではないかと、僕は思う。死者に対する敬意が逆にないのではないか、とさえ思うのです。

私も四半世紀以上メディアの世界にいたからよく知っています。オリンピック、戦争。メディアにいる人間は、個が個でたりえなくなる。誰も異を唱えなくなる。まるで一緒に戦っているような顔つきをする。

3月11日を境に少なくとも数日間、1週間か10日、テレビからコマーシャルが消えた。政府広告のようなもの、「人に優しくしよう」みたいなキャッチフレーズで、気が狂わんばかりに何度も何度も何度も繰り返されていく。今度は優しさを押し売りをして来る。あれは裏返して言えば3.11以前の、予感のない表現世界、それと変わるところがない。「皆でとにかく人を乗り越えてでも金儲けしようじゃないか」と言ってきたじゃないかと僕は言いたい。そのことに、あなた方の表現世界は奉仕してきたじゃないか、と僕は言いたい。「投資に乗り遅れるな」「ハイリスク・ハイリターンだ」と言ってきたじゃないか。そのための映像をあなた方は作ったじゃないか。そのための言葉を詩人たちは無警戒に作ってきたではないか。誰がそれに異を唱えたか、という風に私は言いたい。

人が買占めに走る、それを今頃になって醜いという。でもその姿は既にあった、大震災のはるか以前から。そのような世界に我々はずっと生きてきた。だから言っているだけです。そこには、もつべき予感というものをむしろ排除するものがあった。

破壊に至った時、それを予感しなかった責任は誰が問われなければいけないか。それは私であり、文を紡ぐ者たち――自称であれ、他称であれ、あるいは大家であれ、名もない者であれ――、詩人たち、作家たちは、全員がその責めを負わなければいけないという風に私は思っているのです。私たちはもっと予感すべきであった。書くべきであった。

僕は今もちろん怒っているけれども、怒ることは無意味だと思っている。書こうと思う。僕の誠実さはそれでもって証すしかできない。拙いけれども。これだけの出来事、それ以降の出来事に、僕の筆力表現は追いつかないだろう。到底追いつかないことばかりだ。けれども試みようと思う。それが亡くなった人たち、悼んでいる人たちに対する僕ができるおそらく唯一のことでないかというように思う。

我々はもともと、有るか無きかの言葉を持っていたけれども、それでもこの瓦礫の山、焼け爛れた、汚水に沈んだ、放射能の水たまりに浸けられた瓦礫の中に、我々が浪費した言葉たちのかけらが落ちている。それをひとつひとつ拾い集めて、水で洗って、もう一度丁寧に、抱きしめるように丁寧にその言葉たちを組み立てていく。それは可能ではないかという風に私は今思っているし、そう思いたいと思うし…。

焼け爛れて撓んで、水浸しになった言葉をひとつひとつ屈んで拾い集めて、それを大事に組み立てていって、何か新しい言葉、それは取りも直さず人に対する関心であります。言葉というのは単なる道具ではない。言葉というのは人に対する関心の表れだと思う。

自分たちが、あるいは失われた命が、世界のどういう位置にいるのかということを分からせてくれる言葉を発することができれば、もっと人の魂、今生きている魂、そしてこの宙に浮かぶ亡くなった人たちの霊がもっと休まるのではないかという風に思います。それを持ち合わせていないから、こんなにも不安で、切なくて、苦しくて、悲しくて、そして虚しい、空漠としているんだ、と私は思う。

その中には、もう戻りはしないであろう日常を、何日かすれば、何ヶ月かすれば、何年かすれば戻るに違いないという暗黙の了解のようなものがある。しかし、私はそうは思わない。私が、全く一個人の物書きの予感のようなものをここで誤解を恐れず言えば、そのような日常は戻りはしない。私は不安を煽るために言っているのではないわけです。そのような規模ではなかった。もし、かつての日常がかつてと同じように戻って、また文章家たちが商品を売るために文をひさげ、魂を売る、万物を商品化していく、そのような日常にまた舞い戻るとしたら――私は舞い戻らないと思うけれども――、舞い戻ることにはほとんど意味がないとさえ思う。

絶望ということを私は何度も考えました。絶望とうのは、できるというのは人のひとつの能力である。そして、今ある絶望をもっと深めていくというのも能力である。それが弁証法的に言えば、といえば難しくなりますが、新しい可能性への糸口になっていくのではないかと思っています。
絶望を浅い次元で、あるいは悲嘆というものを浅いままに終わらせて、自分のエネルギーを燃えつくしてしまうのは違うのではないかなぁと思っている。何とかそこを一歩踏み出して、深めていく。悲しみをもっと深めていく。絶望をもう一段深めていく。自分の魂、自分の悲しみの質に合った言葉を、言(げん)を探して、それを一連なりの表現にしていく、それが絶望から這い上がる糸口になるのではないかという風に私は思っているのです。だから、絶望と悲嘆はとめ置かない。それをそれとしてとめ置くのではなく、逆にむしろ深めつつ言語化していくという作業が、若くても必要だと思う。

我々はそれでも生き残ったわけです。あるいはこうも言えるかもしれない。生き残ってしまったと。あの震災の破局のただ中にいる人は――私の友人もそうだし、彼らからそう聞きもしましたけれども――、生きていることは偶然なんだ、あの光景にあっては死することが当然なんだ、生きていることがたまたまなのであって、死ぬることが普遍なんだ、という風な、3.11以前とは全く違うパラドクシカルなことを言う人もいる。でも、私はこの、ひっくり返ったような言い方、表現は、一面どころか半面の真理を語っているという風に思うんです。われわれはそれを、少なくとも思想の中に含みもってもいいのではないかという風に。

やはり私は、いつどこに向かって歩き出せばいいかという設問をする時に思うんです、言葉は必要であると。

私たちを見捨てた言葉を、われわれがもう一度回復するということが必要である。廃墟にされた外部に対する内部をこしらえなければならない。新しい内部を自分の手で掘り進まなければいけない。私の言葉で言えばこうです。著しく壊され破壊され、暴力の限りを振るわれた我々の外部に対して、私たちは、新しい内部を索(あなぐ)り、それを掘らなければいけない。何を言ってるのかといわれそうですが、分かって下さる方もいると思う。

我々は、廃墟に佇んで、立ち尽くして、あるいはよろよろと歩き出しながら、新しい内面をこしらえる必要がある。徒労のような作業かもしれないけれども、それは意味のないことではない。新しい内面を、新しい内部を我々はこしらえる。それは決して、いたずらに虚しい物理的な復興ということだけではない。あるいはどこか虚しい集団的な鼓舞を語るのではない。日本人の精神という風な言葉だけを振り回すのではない。もっと私(わたくし)として、私という個的な実存、そこに見合う、腑に落ちる内面というものを自分にこしらえる。ということは私はあまりよう言わないのですが、それが希望ではないかと僕は思っているわけであります。

少々、難しい表現もされていますね。共感する内容を、かみくだいて、明日解説したいと思います。


今日もいい一日を!
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は「アカツメクサ」ひでわくさん



2011年05月24日

「震災後」日本?!不可能を可能に変えるのは、人の気持ちから








アイスランドで火山が噴火し、いつもにない勢いを見せていて、米国ではまた竜巻が襲いました。
世界の中で起こっていることを、対岸の火のように見るだけで、経済的な支援だけしてきた日本だったのですが、震災後は、何かが変わっていなければならないですね。
あるブロガーさんが「震災後」という単語が「戦後」と同じ位の変化のある言葉となると話されていましたが、その通りだと思います。

震災直後、私はテレビを通じて津波に襲われる状況までも見てしまったわけですが、被害に襲われた地域は、防災無線などの他は、知らされることがなかったのです。「早く知らせてあげて」と心の中で祈り続けましたが、具体的な手は差し伸べられませんでした。

今、津波に呑まれようとする人が見えるのに、助けてあげることも、声を掛けてあげることもできない、祈るだけでした。
よく神様がいるならなぜこんなことが…というのですが、こんな時、神様というのは人間の悲しみや苦痛を感じたとしても、目の前に見えたとしても、声も掛けれず、手を差し出すこともできず、身悶えするようにもどかしく見ているしかできないのではないでしょうか。

私も地震中から、これは大変なことになったと、心がわさわさして仕方がなかったのですが、多くの人が見えないところでも犠牲になっていっている、それを第六感で感じたからでしょう。
私は心がワサワサするだけでしたが、もっと霊的に敏感な人は、多くのうめき声などが聞こえてきたといいます。

今も被災地では不自由で大変な状況でしょうが、アジアやアフリカの貧しい国では、それと似たような、それ以上に誰も助けにすら来ない状況が、日常的に続いています。
毎日、雨風をしのげる屋根と壁があり、三食食べれて、電話やインターネットができること、学校の勉強はいやいやした私たちでしたが、そもそも字が読めるということすら、世界の中から見たらすごいことなのです。

高校生の頃に、「世界中の人が笑って幸せでいられたらいいのに」と言ったことに対し、そういうことは不可能だという教師の言葉にショックを受けた話を以前しましたが、そこが私の原点になっています。

不可能だと思えることも、私たちの心が求める以上、可能なのではないでしょうか。

その昔アメリカでは、黒人は売買され奴隷として人間扱いされることもありませんでした。白人たちは、キリスト教の信者であって『愛と寛容』を尊ぶ人たちが大半だったはずなのに、そういう非道なことを当たり前のようにしていました。黒人たちにとっては、逃れようとしても逃れることのできない、災害の真っ只中に放り込まれているようなものだったでしょう。
しかし、皮膚の色が違うというだけで、人を人とも思わずに虐待することに、心を痛める人たちがいました。だからこそ、今のアメリカがあるのでしょう。下から黒人が革命を起こしたから、白人たちが降参したというのではありません。

人間として、正しいこと、人の不幸を悲しみ、自分のものとして感じるその感性があるから、自然の心の動きとして、奴隷制最盛時には考えることもできなかった、平等の世の中を作ることができたのでしょう。
マイケル・ジャクソンが世界中から愛され、黒人の大統領すら出るようになったのですから。
正しいことであれば、本当に心から願うことであれば、不可能に見えることも、可能になる、私はそのように信じています。

昨年から、私の心がワサワサくることは、頻繁に起こっていて、いちいちお知らせできないほどなのですが、災害以外でも例えば、尖閣諸島・中国漁船衝突事件とか、韓国の延坪島砲撃事件など、中国、北朝鮮がらみの事件などもありましたし、中東で今も起こっている民主化革命についてもそうです。
尋常ではない状況なのですが、私たちはつい自分のことでないと知らない振りをしてしまいます。

心ある人ならば、世界の中で、一人のかわいそうな子どもが死に瀕していることに、心を動かされるでしょう。
震災後の私たちは、そういう人の痛みに敏感な体質になっていけるのではないでしょうか。たった少しの「節電」も、そういう気持ちから起こっていることでしょうから。

私のできることとして、笑顔から、挨拶から…そんなことですが、続けていきたいですね。

今日もいい一日を!
よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村



posted by kuri-ma at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

関白宣言と関白失脚?!「がんばれ、みんな」さだまさし♪歌詞と動画


特等席。ただし、春・秋限定。


 ♪人は私を哀れだと言うけれど
俺には俺の幸せがある…
世の中思いどおりに 生きられないけれど
下手くそでも一所懸命 俺は生きている


♪幸福は二人で育てるもので 
どちらかが苦労して 
繕うものではないはず



「関白失脚」とは、もちろんさだまさし最大のヒット曲「関白宣言」があってこその曲です。
曲も単純な替え歌ではなく、単調でアレンジされ、一番は演歌調(クールファイブ風?)で歌ったりして、また歌詞は「関白宣言」をもじっただけでなく、それだけでも面白いギャグになっています。

三番からは、まったく別の曲で、上にあげた歌詞はそこからの抜粋です。
そして最後は、「がんばれ みんな」とリフレインする応援歌になっています。どこまでもサービス精神の旺盛な曲で、楽しませてくれ、元気までくれます。

悲哀に満ちた、情けなさが全面に出た曲なんですが、実はこのおじさん、幸せを知ってる人で、つまり何やかやいっても、奥さんや家族を大切にしている、そんなことが感じられるので、後味さわやかなんでしょう。


元歌の「関白宣言」は強気の言葉の背後に、やはり男の本音が混じっているところがいいんですね。女性の側から見れば女性団体が感情的になりそうな、要求の数々が続きます。
「俺より先に寝てはいけない」から始まって、「俺より先に死んではいけない」ですから。無茶というものです。

そしてどうも「俺の愛する女は 生涯お前ひとり」ということが言いたいのであって、もしかしてそれまでの強気の「関白宣言」はそのための照れ隠しなのかなぁと思えるんですね。

命令口調の中に、もっともだなぁという内容も多かったりします。幸せになるために、妻になる人を思って出た言葉なんでしょう。
「お前の親と俺の親とどちらも 同じだ大切にしろ
 姑小姑かしこくこなせ たやすいはずだ 愛すればいい
 人の陰口言うな聞くな
 それからつまらぬ シットはするな…」
浮気については同調できませんが…(冗談なんでしょうが、冗談にならない)

「幸福は二人で育てるもので どちらかが苦労して 繕うものではないはず」こういう名言が散りばめられていて、だからこそ売れたんでしょう。

「関白宣言」と「関白失脚」。成功と失敗の曲というのでなく、使用前、使用後というのではなく、この二つの曲は、それぞれ支えあっているなぁと思うのです。
すべての、おじさん、おばさんに捧げられた曲であって、人への愛情の眼差しに満ちています。「がんばれ みんな!」

☸ڿڰۣ−



関白失脚

作詩・作曲 : さだまさし


お前を嫁に もらったけれど
言うに言えないことだらけ
かなり淋しい話になるが 俺の本音も聞いとくれ
俺より先に寝てもいいから
夕飯ぐらい残しておいて
いつもポチと二人 昨日のカレー チンして食べる
それじゃあんまり わびしいのよ
忘れていいけど 仕事も出来ない俺だが
精一杯がんばってんだよ 俺なりに それなりに

父さんみたいに なっちゃ駄目よと
お前こっそり子供に言うが 知ってるぞ
飯を食らっちゃ寝 起きてワイドショー見ちゃ寝
井戸端会議しちゃ寝 よく夜寝られるなぁ
ムダなダイエット ムダな体重計
本気でヤセたきゃ あんなに食べなきゃいいのに
それからあれだぞ テレフォンショッピング
買い物ぐらい 体動かせ
それぞれご不満も おありのことと思うが
それでも家族になれて よかったと俺思ってるんだ

そして今日も君たちの笑顔 守る為に
仕事という名の戦場へ行く
右に定期券 左に生ゴミ
人は私を哀れだと言うけれど
俺には俺の幸せがある
君たちの幸せの為なら 死んでもいいと誓ったんだ
それだけは疑ってくれるな 心は本当なんだよ
世の中思いどおりに 生きられないけれど
下手くそでも一所懸命 俺は生きている
俺が死んだあと いつの日か
何かちょっと困った時にでも
そっと思い出してくれたなら
きっと俺はとても幸せだよ

がんばれ がんばれ がんばれ みんな
がんばれ がんばれ がんばれ みんな
がんばれ



☸ڿڰۣ−



関白宣言
作詩・作曲 : さだまさし


お前を嫁にもらう前に
言っておきたい事がある
かなりきびしい話もするが
俺の本音を聴いておけ
俺より先に寝てはいけない
俺より後に起きてもいけない
めしは上手く作れ いつもきれいでいろ
出来る範囲で構わないから
忘れてくれるな 仕事も出来ない男に
家庭を守れるはずなどないってことを
お前にはお前にしか できない事もあるから
それ以外は口出しせず
黙って俺についてこい

お前の親と俺の親とどちらも
同じだ大切にしろ
姑小姑かしこくこなせ たやすいはずだ
愛すればいい
人の陰口言うな聞くな それからつまらぬ
シットはするな
俺は浮気はしない たぶんしないと思う
しないんじゃないかな
ま、ちょっと覚悟はしておけ
幸福は二人で育てるもので
どちらかが苦労して
つくろうものではないはず
お前は俺の処へ 家を捨てて来るのだから
帰る場所は無いと思え
これから俺がお前の家

子供が育って年をとったら
俺より先に死んではいけない
例えばわずか一日でもいい
俺より早く逝ってはいけない
何もいらない 俺の手を握り
涙のしずく ふたつ以上こぼせ
お前のお陰で いい人生だったと
俺が言うから 必ず言うから
忘れてくれるな 俺の愛する女は
愛する女は生涯お前ひとり
忘れてくれるな 俺の愛する女は
愛する女は生涯お前 ただ一人




今日もいい一日を!
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村


今夜も生でさだまさしNHK
次回は6/5(4日深夜)「がんばらんば福島」

稲垣潤一ら、6月7日に支援ライブ日テレNEWS24
ここにも参加されるようです



posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ♪歌の心(音楽と歌詞) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする